辻真先「仮題・中学殺人事件」

推理小説史上、さまざまな意外な犯人が考え出されてきたが、かつて読者を犯人にした作品があっただろうか。そう、この本の犯人は「きみ」なんです。不可能状況で起こる事件、時刻表トリック、そしてマンガの世界……著者会心の傑作登場!

 たぶん、自分自身もまた中学生の時に読み始めた。。。
 「仮題・中学殺人事件」。「盗作・高校殺人事件」。「改訂・受験殺人事件」。たぶん、のちのち延々と続いたこのキリコと薩次のコンビの物語の、最初の3部作(だろう)の3冊目、「改訂。。。」を1番最初に読んでいたはず。
 ミステリの遊びの部分というモノにとても魅かれていて、「読者が犯人」「犯人と探偵と被害者が同じ」など、辻真先の「ネタ遊び」をとても楽しんでいた。

 この「仮題・中学殺人事件」のネタは、「読者が犯人」。この手のネタには初めて出会っていたはずで、とても興奮して読んだんじゃなかったろうか。
 なんだこりゃあ、という声もあとからあちこちで見かけたけれど、僕にはとても面白い仕掛けだった。。。

 ジュヴナイルのはずの割りに、「処女」とかいう言葉がひょいと出てきて、刺激的とも感じたはず。

 「頃で」と「頃に」の違いはピンとこなかった。今でも来ていない。

 ずっと頭に残っていたフレーズがある。最後の、(チトニヤ……チトニヤ・スペシオサ)。何かというと、このフレーズが浮かんできた。とてもせつなくなって。。。

 今回読み返して涙モノになってしまったのは、。。。「出前におくれて、ごめんよ……」。

 謝り続けなければ、生きていけない。そんな人がこの世の中にはいる。

【楽天ブックス】仮題・中学殺人事件
スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター