我孫子武丸「弥勒の掌」

ある日突然、妻を殺され、汚職の疑いまでかけられたベテラン刑事、蛯原。
失踪した妻を捜し求めて、ある新興宗教団体に接触する高校教師、辻。
錯綜する事件、やがて驚愕の真相が…。


↑という紹介文があり、しかも目次を見ると、「刑事」側と、新興宗教に接触する「教師」側が章ごとに交互に書かれているらしい。。。
 どう見ても貫井徳郎「慟哭」か?、という感じでしょう(笑)。で、そこまで似た印象を先に与えさせてしまう作品をどう書いているのか、どういう作品になっているのか、、、という興味を持ちながら読みました。

 構造的には、「慟哭」のように最終最後で2つの章が融合して云々までには至らず、中途でしっかりこの刑事と教師は遭遇し、そして、、、と進んでいくのですが、ある一点に於いては、「慟哭」と近いネタも投入されています。
 そして少なくとも、2つの事件の犯人像については、驚き自体は存在しました。片方の被害者像についてもか。

 しかし、これは、かつての「殺戮にいたる病」での驚愕を知ってしまったからには、強いて言えばセンスのいい折原一、というレベルになってしまうでしょう。
 なんといっても、このエンディングに「うーん」と思ってしまいましたから(笑)。この終わり方、この書き方は、これは長編として考えていいものか。。。短編なら可でしょうが、このサプライズネタ自体は長編でこそ生きてくるものでしょうし。
 これが鯨統一郎作品だというのなら、見事だ、よくやった!というところでしょうが。。。

 「微妙。。。」というのが一番読後感として明快かもしれません。


我孫子武丸「弥勒の掌」



スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター