井上夢人「おかしな二人―岡嶋二人盛衰記」

人と人の出会い。人と人の別れ。二人が出会ったとき、著者21歳。徳さん28歳。そして18年後、二人は別れた。
ミステリー合作コンビ誕生と消滅の記録。


 もう何度も何度も何度も読み返しているけれど、読むたびにいつも面白い。面白いって言い方には、語弊っていうものがあるかもしれないけれど。
 ちゃんとした1つの「小説」になっているのは、なるほど流石だよね、って思う。『僕』はそのまま井上夢人とは被さらないのかもしれないけれど、講談社文庫版の解説で大沢在昌が言っているように、本当にまるで恋愛小説のようにも読める。ただ、私はやはり、『僕』のほうが「男」だと思う。このなんともいえない切ない想い方は、「男」のものだ。。。
 「語る万華鏡」でのジャンル分けは、さすがに「恋愛小説」にするわけにはいかないけれど、「エッセイ」とかではなくて、「青春小説」に入れてみた。それが一番近いと、思ったから、、、、だ。


井上夢人「おかしな二人―岡嶋二人盛衰記」

スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター