スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

「一緒に本屋を襲わないか」 引っ越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から強盗計画を持ち掛けられた僕。標的は…たった一冊の広辞苑!? 清冽なミステリ。

引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の美少年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち掛けてきた。彼の標的は――たった一冊の広辞苑。僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、書店強盗は訪問販売とは訳が違う。しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ! 四散した断片が描き出す物語の全体像は?


伊坂幸太郎の作品は、最初の案山子の話のときはそれほど感じたわけではないのだが、次第にその文体や会話が面白く、基本的に追いかけて読むようになっている。

 この「アヒルと鴨のコインロッカー」、時間軸が明確に記されているので、折原一ふうの叙述トリックではないと思いながら読んでいった。そして、それは正しい。
 眼目がそこではなかったからだ。

 読んでいきながら、「琴美」の運命が心配でならなかった。私は暴力は嫌いだ。それも理不尽な、弱いものいじめの暴力は嫌いだ。被害者になるのは嫌いだ。自分が加害者だと気づくのも嫌いだ。
 この物語は、自分が主人公でない、明白な物語だ。どうしても、自分が主人公になってしまうしかないはずの物語、そこに、決してそうではありえない構造を持ち込めた、稀有な物語だ。
 そして、せつない。。。
 琴美は、どう生まれ変わったというのだろう。。。

スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。