石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」

刺す少年、消えた少女、潰し合うギャング団。今夜も転がり込むトラブルを退屈しのぎに池袋を駆け抜けろ! 躍動する青春ミステリー。

先に解説を読んだところ、ちょっと引いた(^^;)。というのは、解説の池上冬樹という人が、「海外作品を思わせるところがいい。これこれこういう点が海外作品のなになにを彷彿とさせる。云々云々」と書いていて、なんだか、そんなにこの作品は海外のパクリみたいなもので、オリジナリティーとかはないのかい?とか思ってしまったことよ。
 別に海外物が良いとか悪いとかはあれだけど、この解説はちょっとどうかと思った。。。

 ちなみに、カバー裏のあらすじ及び内容紹介は次の如し。→ミステリーの「今」を読みたければ、池袋を読め。刺す少年、消える少女、潰しあうギャング団……命懸けのストリートを軽やかに疾走する若者たちの現在を、クールに鮮烈に描く大人気シリーズ第一作。青春小説の爽快さとクライムノヴェルの危険さをハイブリッドした連続ドラマ化原作にして、日本ミステリー連作の傑作。

 どうもこの文庫の解説と、そしてこの、カバー裏のあらすじは私の機嫌を悪くさせる(笑)。
 青春小説が爽快なわけはない。。。コカコーラのシーエムじゃあるまいし、青春がスカッとさわやかだなんてことはあり得ない。劣等感と焦燥と苛立ちと。。。そういったものが青春というものだろう。
 だからこそ、この小説の主人公たちもこんなふうに生きている。
 優等生はひきこもりとなり、ダチは裏切り、恋人は裏の貌を持つ。自分だって、嘘つきだ。そして、それを汚らしく思いながら、やめられずにいる。どうしてそんなでない青春など思い浮かべることができるだろう。それとも、あのコカコーラのシーエムの方が真実だというのか。悩みはなく、有ってもスパイス程度でしかなく、友達は心底裏表なく付き合い、恋人は優しく永遠の愛を語る。けれど、もしそれが青春であり、人生だというなら、あまり生き甲斐など無いような気もしないではない。
 舞夜さんの小説を読んで、「こんな中学生いないよ」という感想が出るそうなのだけど、どうもそれが納得できない私の方が普通でないのかもしれないが、中学生高校生はおろか、小学生だって、大人と変わらず思いきり困惑し考え込み、疲れ果てていたりもするものだ。
 でも、やはり違うのだろうか?

 この小説が「純文学」でないのはいいことだ。あくまでミステリーというエンターテイメントの枠を保っているために、あるいはミステリーではなくてもいいのだが、とにかく文学文学せず、娯楽小説の体裁に拘っているおかげで、この小説は、そしてこの主人公たちは、とりあえず読んでいるこちらに「まだまだ負けないよ」という希望の一片くらいは残してくれる。主人公の真島が総まとめのエピソードで語る言葉たちがそれだ。
 「おれたちはみんな弱い。だから嘘をつくことがある。おれたちはみんな臆病だ。だから武器をもつこともある。おれたちはみんなバカだ。だから傷つけあうこともある。でも、おれたちは許すことができる。誰がついたどんな嘘だって、きっと許せるんだ」。
 そう言った後、嘘つきの磯谷を袋叩きにするわけなのだが、別にそれは矛盾しない。磯谷は嘘をつき続けるだけだった。過去を許せることと、現在を肯定しないことは矛盾するものではない。
 この主人公たちが汚くないのは(そうだ、彼らは「正義」などという胡散臭いものではないが、そしてあるいは不良で悪かもしれないが、汚くはない)現在の状況に流されているようで、実際は怠惰な傍観者ではないからだ。真島が常に自分に思うのは、「リカのためにできること」だったし、「ヒカルのためにできること」だったし、そんなふうに、誰かの、あるいは何かのためにできること、だった。自分1番ではなかった。そう、それが大切なことだ。

 これはどうでもいいことだが、私は不良とかチンピラとかヤクザとかは嫌いだ。理由は簡単で、怖いからだ。私は貧弱で、勇気などあんまり無く(時々絞り出して、おかげでひどい目にあう)、腕っ節というものは存在せず、危機を切りぬける機転も働かない。
 子供の頃はいじめられっ子だったし、大人になってからもカツアゲは食らうわ路地で袋叩きにされるわ、不良だチンピラだに関わってろくなことはない。ヤクザやチンピラが男気があってカッコイイのは映画だけの話で、実際は自分1番の塊になっているのが実状だろう。
 だから、そういう存在たちを美化したり、擁護したりを、なんの考えも無しに実施している創作物その他は過小評価することにしている。いいヤクザは死んだヤクザだけ、という格言もこの世には存在するらしい。いいヤクザという言葉は語義的に二律背反なのだ。いい不良なんて言葉もその通りである。

 けれど、大きな声で言ってしまうが、私は本岡家なのであって、実はとても汚いやつなのだ。だった、と過去形で言えればうれしいのだが、なかなか過去形にはなってくれない。だから実は、ヤクザはともかく、「不良」の範疇で括り込まれる存在たちの中には、私よりよっぽど上等な人間もいるかと思う。
 決して全員ではない。

 というわけで、この小説は「正義の味方」でも「優等生」でもないが、そして、外見やら範疇から言えばどうやら「不良」と括り込まれるだろうけれども、決して汚くはない、ちゃんと一生懸命生きている、上等な人間たちが主人公になっている物語なんだろうと思う。

 これも勝手な言いぐさだが、私は読んでいて、「あっ、これは仕置人だよ」なんて思ったりした(笑)。たいていの人は知るまいが、世の中には必殺シリーズというものがかつて存在していて(今は、もう無い。)、それも人口に膾炙していたときは「必殺仕事人」といって三田村邦彦や中条きよしや村上弘明や京本政樹が正義の味方・仕事人として、古ぼけた「ムコドノ」中村主水を狂言回しに正義の戦いを繰り広げていた頃だから、知っている人も、あまりピンとは来ないかもしれない。
 けれど、最初スタートしたとき、必殺シリーズは「仕事人」ではなくて、「仕置人」というものであって、その行動規範は、「正義」なんてものじゃなくて、不良たちの物語だったのだ。。。
 決して「善」とか「正義」じゃないが、汚くはない「不良」が、汚い「悪」をぶちのめす。それが仕置人というものだった。
 何も無理矢理重ね合わせる必要もないが、つまりは人間、好きなものは好きなものの範疇に入れたくなるということだ。

 そう考えれば、この文庫の解説の池上冬樹という人が、なんだか知らないがやたら海外作品を持ち上げて、何もそんな文明開化のザンギリ頭のみたいに言うことないじゃないかと思うような文章を書いているのも実はわかっちゃうような気もしないではない。昔、SFファンは、何か面白い作品があると、どんなものでも「これはSFだ」と言ったりしていたものだ(笑)。今だって、ミステリファンは、何か面白い作品があると、「うん、これはミステリだ」とか言っている。そういう時代だ。

 この手の連作シリーズは、回を重ねるごとにパターン化していって、下手をすると、何冊か後には自己パロディとなってしまう恐れというものがあったりする。必殺シリーズなんてその最たるもので、仕事人末期の作品など、ほとんど初期の作品たちをプロットだけそのままに学生映画がなぞっているみたいな感じさえしたものだ。
 解説やカバー裏をみると、どうやらシリーズとして続いてはいるものの、同じ語り口は避けて通っているらしいので、まだまだ読んでいくのが楽しみみたいだ。

 まだまだミステリは豊饒のようで、こういう時代に生まれあわせて非常に幸せなのだよね、と思ったりする。

スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター