米澤穂信「犬はどこだ」

何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかった。そこで調査事務所を開いた。この事務所“紺屋S&R”が想定している業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。それなのに、開業した途端舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして―いったいこの事件の全体像は?犬捜し専門(希望)、二十五歳の私立探偵・紺屋、最初の事件。『さよなら妖精』で賞賛を浴びた著者が新境地に挑んだ青春私立探偵小説。

中盤以降、やけに主人公の思い通りにピースがはまり込んでいくなあ、ちと安易な感じかな、などと感じはしていた。しかし、なるほどね。シンプルな逆転だが、ハードボイルド・スタイルにはふさわしいかな。
 そして、ダークな締めくくり。構成面からの必要で出てきたものかもしれないけれど、この主人公2人のキャラクターはこれきりではまだ足りない。次にハンペー主軸でひとつは作っておいて欲しい。


スポンサーサイト

米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」

ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的にこだわった連作集。古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ。

身内に不幸がありまして/北の館の罪人/山荘秘聞/玉野五十鈴の誉れ/儚い羊たちの晩餐


いや、つまんない作品集では決してなかった。特に「玉野五十鈴の誉れ」は懐かしい幾つかの作品や登場人物を想わせる魅力的なものだった。

だが、「誇大広告」はいかがなものか。「誇大広告」というのは、上に太字で記載した惹句のことで、これらの作品を「ラスト1行の衝撃」型作品というのは、それはちょっとというか凄くというか、とにかく全然違うだろう(TT)

「玉野五十鈴の誉れ」の最後の1行は、はっと気づくと本当に怖いものだ。しかし、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技・更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」というのとは違う。

最後の1行で世界が変転する、そんな作品を期待しきって読んでしまったので、すごくフラストレーションを感じながら各編を読み進んでしまった。層でなければ、充分楽しめたものを……それがとても残念。


米澤穂信「遠まわりする雛」

古典部シリーズ4。
神山高校で噂される怪談話、放課後の教室に流れてきた奇妙な校内放送、摩耶花が里志のために作ったチョコの消失事件―“省エネ少年”折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の謎。入部直後から春休みまで、古典部を過ぎゆく一年間を描いた短編集、待望の刊行。
【目次】
やるべきことなら手短に/大罪を犯す/正体見たり/心あたりのある者は/あきましておめでとう/手作りチョコレート事件/遠まわりする雛



 前作「クドリャフカの順番」が今ひとつ楽しめなかったのだが、今回は短編集、そして時系列は「氷菓」進行中から「クドリャフカ」後まで跨ぎ渡った1年間、かなり興味深く読み進められた。

 普通は、この手の連作は極力時系列順に読みたいと思っている。アダルト・ウルフガイしかり、涼宮ハルヒしかり。けれど、この短編集について言えば、これはこの位置――「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」に次ぐ4冊目にあって、よかったように個人的には思う。

 そして、心地よく読めていった、その最後に、「手作りチョコレート事件」で、ああ、この古典部シリーズは、もともと苦いものだったな、と思い出させ、表題作のラストで心をほぐす・・・
 やっぱり、このシリーズは好きだ。いつの間にかに。そう思っている。

 いや、うしさん、千反田えるは萌えキャラなんてレベルじゃないと思うよ?


米澤穂信「クドリャフカの順番」

古典部シリーズ3。
さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作登場!
待望の文化祭。だが、折木奉太郎が所属する古典部では大問題が。手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。古典部の知名度を上げて文集の完売を目指すため、奉太郎たちは学内で起きた連続盗難事件の謎に挑むことに!



『古典部』ものの3作目。
ミステリとしてのネタ自体は短編クラスなので、キャラクターやお話の面白さで引っ張っている。これまでの2作品は、基本的に探偵役の折木奉太郎の視点に絞られていたのが、今回は「四人四様文化祭」ということで、残り3人の一人称も体験できる、その構成そのものは興味深い。
 先に読んでいたうぃすぱぁさんが、「千反田は狙いすぎた感じで嫌いだ」と言うので、「私はそうは思わない」と表明したのだが、今作では多少『天然ぶり』要素を過剰に書き過ぎてしまっているきらいはあるかもしれない。うぃすぱぁさんの思う部分とはズレるだろうが。
 個性を先に立てたキャラクターは、シリーズとして続くうちにそのハレーションが強くなり、いつか感情でなく個性だけが動いてしまい始めかねない。

 どうか、自己模倣、はては自己パロディに行かないように。私が千反田えるという登場人物を好んだのは、その面白げな個性のゆえではなく、『愚者のエンドロール』の最後にほの見えた、ただこれだけの些細な「感情」のためだったのだから。

米澤穂信「愚者のエンドロール」

「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか? その方法は? だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。

古典部シリーズ2。


アントニイ・バークリー「毒入りチョコレート事件」だということだけど、読み終えてみるとやっぱりアイザック・アシモフ「黒後家蜘蛛の会」のような気もする。

1作目、「氷菓」同様、やはり千反田が好きだ。ありきたりのキャラクターといえば全くその通りで、別に反論する気もないのだが、1作目という今回といい、そのキャラが作品の成り立ちに貢献しているのだ。今回は、伏線伏線がパチパチ嵌っていっていたけれど(パシパシというほどには鮮やかではない)、読み終えて思い出すのは、やはり千反田の最後の科白なのだから。そして、だから千反田はミステリーを読まなくなったのだなと自然に思える。主人公本人は、都筑道夫「物部太郎・片岡直次郎」シリーズの物部太郎の末裔の域をまだ出てはないけれど。

と、あちこちわざと本歌取りならぬリンク張りにして書いてみたりもしてみたのでした。

   

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター