高橋留美子「笑う標的」

高橋留美子短編集「るーみっく わーるど1」に収録されたシリアス短編の1つ。

同時収録の「忘れて眠れ」なんて手を叩いちゃうんだけど(というのは、ヒーローとヒロインがきっちり描かれているので)、この「笑う標的」は、敵方というべき梓のみが印象強く、というか、主役ははっきりと梓以外の何者でもない。それが傷かと言えばそんなわけでもないのだが、本来の主人公サイドたるべき男女のキャラクターの薄さは開き直りかと思うほどだ。

「忘れて眠れ」は紛れもなく主人公達の物語になっているのだが、「笑う標的」には梓の物語である。だから、譲と里美の内面は薄いという以前に何もない。梓と拮抗できる何物も持ち合わせてはおらず、最後の対決もこれはむしろ梓の自死に近いのではないか。

読み返すほどに、梓が胸に焼きついてくる。母を殺した夢を見て涙を流しながら跳ね起きた後の表情は忘れられないだろう……
スポンサーサイト

高橋留美子「忘れて眠れ」

高橋留美子短編集「るーみっく わーるど」収録のシリアス短編の1つ。

。。。。。。

 「習作」だと思うのだ、つまり、高橋留美子の「ヒーロー・シリーズ」としては。

 たとえばそれは「人魚」シリーズのプレリリースのような感じでもあるし、何だか様々な先行作の、模倣、と言っては言い過ぎで、たぶんはオマージュの部分も大きい。。。そんな、未完成で、けれど瑞々しい、そんな作品。。。

 「傷」と思える部分は読み直してみるといろいろとある。「なぜ?」という部分があまりにも多いのだ。
 けれど、そういう批評家めいた部分を全て無視してしまって、これは非常に「ヒーロー・ストーリー」としてなにより「面白い」のだ。
 もちろん、一回こっきりのものでしかなく、だからこそ、「シリーズ」とはなり得ないのだが。。。

 先行の永井豪「ガルラ」、水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」、そういったものの匂いを感じさせながら、クライマックスの「ヒロインの叫び「麻奈志漏ーっ!!」の盛り上がりはすばらしい。

 そして、タイトル「忘れて眠れ」への抒情。

 惜しむらく。。。と言うか、初めて読んだときアレと思ったのは、このラストシーンがあまりにも細野不二彦「さすがの猿飛」の一場面そのままに見えてしまったことだったけど(^^;)。

 「このほうがあったかいから。。。」というのは(笑)

 けれどもとにかく、読み返してやはりいい話だなーという感じでありました。


高橋留美子傑作短編集2


高橋留美子「めぞん一刻」

 「八神」が出てきたエピソードの辺り、リアルタイムで連載中に読んでいて、、、
 このとき、ちょうど私も五代くんと同じに大学生だったんだよね。。。そして、五代くんと同じに教育実習に行ったり、就職浪人したり、なんだかんだあったのだった。

 今読み返してやはり思うのは。。。五代も三鷹も、それは浮気性で他の女性のことを想ったり行動にも出たりもしてしまいはするけれども、けれども、こと響子さんの近くにいるときは常に純情に頭がかっかしていた。。のに、響子さんの方は、なんだかとっても淡泊な感じで、それが擬音というのかな、「スタスタ。。。」とかいう「音」の表現に出ている。。。でもだからって、五代や三鷹に興味・関心がないかというとそんなこともなく、焼き餅も焼くし、情熱的にもなるし。。だからこそ、あの「スタスタ。。。」表現は、なんだか男としては不思議だった。。。

 それとも、女性からすると、ごくごく当たり前のことなのかな? あの、不思議な淡泊さというのは。。。こちらが一途なほどに燃えてしまっているのに、なんだか「すかっ」という感じにかわされているふうに思うのは(笑) そして、それが別に嫌いだとか無関心だとかいうわけでもないというのは。。。

 この男と女の書き分けが巧まずにできるところが、高橋留美子の天才さのゆえんだと想うんだけどなー(笑)

 読み返していると、白眉はやっぱり「坂の途中」だなあ。。

 でも、うーむ、かつてはさほどでもなかった「桜迷路」が何だかジーンときてしまうのは。。。(笑)
 そして、ポジティブな感動の白眉は「坂の途中」としても、今読んでても胸が詰まるのはやっぱり「閉ざされた扉」なんだよね、こればっかりは。。。
 ここで五代が響子さんに向かって半分壊れながら言っていることは。。。あまりにも、よく、知っている感情だから。。。

 あと、「泣き虫」のエピソード。
 この回の、八神の響子さんへの「泣き虫!」は。。。
 前に読んでたときは「苛立ち」とか「怒り」だけしか感じられなかったんだけど、
 今は。。。
 これは、、、確実に、エールそのものだったように。。。

 今、本屋さんに行くと何だかやたら「人生で必要なことは全て○○から学んだ」みたいなタイトルの本があって、この「○○」の中味は、例えば「サンダーバード」だったり(^^;いろいろですけど、実際、本とかドラマとか、そういった「自分の生きているのとは別の、もう一つの人生」みたいなものからいろいろ覚える(学ぶ、というほど偉そうなことではなくても(^^;)ということはありますよね。

 標準的なものを覚えるのではなくて、変に歪む場合もあるかもしれませんが(爆)

 ううん。。。
 久しぶりに再読したけれど。。。
 やはり、これはかなり奇跡的なほど見事な作品なんじゃないかしら。。。


高橋留美子「めぞん一刻」



めぞん一刻 全15巻 高橋留美子作

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター