必殺商売人最終回「毒牙に噛まれた商売人」

 突然顕れる大元締。仕業人の最終回でもそうだったが、寅の会のように普段からあるならともかく、かなり唐突な感じではある。

 第1話から通して見直してきたが、やはり新次が目立たずじまいだった。主水シリーズの実働隊たるレギュラーの中でも、一二を争うのではないか?(でも最下位は夜鶴の銀平で決まりだろう(^^;)) この結果として、絵の美しさは仕置屋を彷彿させながら、渋いという評価は評価として、印象濃度は低めになってしまった。
 最終回では、あらためて新次とおせいの交情が描かれ、もしシリーズ全体を通してこれがもっと色濃かったならと憾んでしまう。また、関連科目になるわけだが、新次のキャラクターがどうもはっきりしていないため、なぜ最後にわざわざ仕掛けなくていい仕掛けに赴いてしまったのか、実はよく解らない。正八が正八らしくごねるのはよくわかるが、新次は主水同様オトナとしてやり過ごす道が選べたのではなかったか。おせいが傷つけられていたなら、その復讐として十分わかることなのだが……。

 商売人の弱みは、仕置人の鉄や錠、仕留人の貢、仕置屋の市松、仕業人の剣之介ややいとや、新仕置人の己代松……らと比べて、いや、今名前を挙げなかった石屋の大吉や印玄と比べても、仕事屋からスピンオフしたおせい、お馴染みの主水に対して、期待の新キャラのはずの新次が最も地味で目立たずじまいだったという部分だろう。必殺ファンに好きなキャラクターの聞き取り調査をしたとして、先に挙げた面々は間違いなく上位に在るはずで、逆に果たして新次にはどれほどの票が入るだろう。

 物語にのめり込むには、いかに主人公たちキャラクターに感情移入できるかどうかがポイントになる。「新仕置人」では新キャラクター己代松は第一話では実に目立たなかったが、早速第二話で主役話が用意され、以降も、己代松のキャラクターを活かせる好編が何本も作られた。その中で己代松のキャラクターもまたどんどん魅力を増して行き、鉄にも互する最高のキャラクターの1人にもなったのだ。
 己代松主演エピソードにも印象強い名作が多い。
 翻って、商売人では、新次主演で記憶に残る名エピソードもなく、「なぜ新さんがあんなにもてるのだろう?」(ピンクル・談)という発言まで出てくる不発ぶりだった。

 ――しかし、このように、残念な部分は全体を通して多々あるのだが、この最終回では、「終わり良ければ……」に気合いを入れ込んだように、エンディングに向けてボルテージが増していく。新次が死んでいった後の主水がおせいに告げる言葉、そして赤子の死、明けての再び主水とおせい……この最後の一連には見入るよりない。

 これまでのシリーズでは、第一話や最終回以外にも傑作・名作・感動作とファンから愛されるエピソードが多く在ったのだが、商売人においては「殺られた主水は夢ん中」という異色作を除いては、特に声高に言われ、愛される回を聞かない。
 それでも、この最終回の幕切れが在る限り、商売人というシリーズそのものの「値打ち」も低くされることはないだろう。
 ここにもやはり、「終わりよければ」は成り立つのだ。
 逆に言えば、「終わり」を単なる「次シリーズへ続く」にしてしまった仕事人以降が、各エピソードのおしまいさえ中村家コントに揃えてしまい、結果として記憶に残るエピソード・記憶に残るシリーズを自ら損なわせていった……これが実に勿体ない――それをあらためて思ってしまったのだ……。


スポンサーサイト

必殺商売人23・24・25話

第23話「他人の不幸で荒稼ぎ」

ひたすら活躍の正八に対して、新次はといえば出番がないではないのに、やはりインパクトが弱い――。
 いっそ、やいとや辺りでも配置しておいた方が商売人という作品の印象を濃くしてくれたのでは……と思ってしまう。
 要は、いよいよこの商売人から主水が主人公だよということで、これまでのような「主人公」を設定しなかったのかな、とも。
 今回を見ると、紛れもなく中村主水こそが主人公になっている。
 それでも、エンディングでは今回新次もポイント稼いだか。少なくとも夜鶴の銀平にはこのエンディングはできなかったからね(笑)。


第24話「罠にはまって泣く主水」

今回も、サブタイトル通り主水がメインであり、しっかり主人公として目立っている。その分やはり新次は存在感が足りない。正八は生き生きしている。この違いはなあ。。。
 それはともかく。
 考えてみれば、この「商売人」から初めてキャラクターの名前がタイトルに出てきたわけだろう。仕事人後期では「主水○○する」「○○したのは秀」のようなタイトルの乱立で、しかも後になればなるほど物語の内容とはなんの関係もなくなっていったのだが。。。
 今回のタイトルは、仕事人ふうに言えば「罠にはまって泣いたのは主水」に改訂されるが、現在形なだけで少し引き締まって感じられるのは、後期仕事人のタイトルに食傷しているだけかもしれない。
 少なくとも、物語になんの関係もなく、中村家コントの場面だけのネタをタイトルにするようになってからの仕事人サブタイトルは、ひたすら物語の質自体をも低下させる助けになっていただけのように思う。


第25話「毒を食わせて店食う女」

最終回目前にして、新次頑張っております(笑)。
けれどどうも、、、やはり、華がないというのか、いや別に市松ややいとやの真似を新次にしろと言うわけではないのだが、印玄や、石屋の大吉の持ち合わせていたコミカルな凄みというのが新次にはなかった。単に地味に終わってしまった憾みがある。
 或いは、鉄や大吉たちのようなレントゲン技でも使えば仕置シーンだけでも違ってきたのかなあ。。。
 新次には、おせいの「付き人」くらいの存在感しかなかった。第2の利助という感じ?(^^;


必殺商売人第21・22話

第21話「暴走を操る悪の大暴走」
 高峰圭二が溌剌と暴走族のヘッドを演じ、今回は悪役ではないのかなと思ったのだが……
 主水が過失致死の罠に掛かったシーンでは、「裏か表か」を思い出したり。
 けれど、この話もやはりそんなに記憶に残るものにはならなさそうだ。見終わってやはり、主水と正八ばかりが頭には在る。

第22話「殺した奴をまた殺す」
 ここのところ、話的に印象薄かった商売人だが、今回はオープニングからちょっと違う。清水紘治はやはり存在感があり、彼が出てくると悪事の場面もぐっと迫力が増す。
 鍼使いの京極という役柄だったが、この名前は今となっては新しい意味を持っていて楽しい(笑)。
 鍼で心臓を刺激して死人を生き返らせる、石屋の大吉みたいなことをしてくれるが、例によってレントゲンかと思いきや謎のアニメ(いや、絵芝居というか何というか(^^;)(^^;))で、お口あんぐりになってしまったが、清水紘治だからいいか(笑)。
 主水が京極のことを話す時、「俺たち同様の仕置人だ」と言うので、おおーと思った。まだちゃんと仕置人って言っててくれたんだ(TT)
 後半では京極の口から「奉行を殺れるのは、商売人の中で中村主水だけだ」みたいに商売人の呼称も出てくるから、ひとつのシリーズというか、ひとつの回の中で複数の呼称が出て来た稀有な例になる。
 のちの「仕事人大集合」で錠のことを仕事人呼ばわりしていたのが不満だったのだが、こういう前例もあるのだから、やはり仕置人としか名乗ったことのない者は仕置人で通してほしいなあ。
 ここ数回いまひとつの話が続いたけれど、今回はいろいろ見応えがあった\(^^)/。


必殺商売人20話「花嫁に迫る舅の横恋慕」

 陰湿な話だねえ……(^^;)
 息子の嫁に手を出すとはと思ったが、この息子も養子。とことん陰湿な悪人だ。こういう悪賢い悪党が仕事人後期では見られなくなった。
 しかし、商売人たちにあまり精彩がないので、一本の話としては印象には残らないようだ。この終盤に及んでも、新次というキャラクターがかつての仕置人たちのような魅力を沸き立たせてくれないのは残念。主役ではなくても、たとえば印玄にはかなりのファンも付いているはず。石屋の大吉も、印玄ほどではないが、強い印象を残すキャラクターではあった。己代松の魅力は言うに及ばない。
 からくり人のような群像劇でもないのに、せっかくの新キャラクター(考えてみれば、おせいも仕事屋のおせいだとすれば、紛れもなくこの商売人の布陣の中で唯一の完全な新キャラクターはこの新次ではないか)があまり印象強くないというのは、この商売人というドラマの最も残念なところだったかもしれない。


必殺商売人第19話「親にないしょの片道切符」

主水と正八の仲良しコンビ振りに磨きがかかり、秀英尼もどんどんヘンテコになり(面白い……(^^;))、その中でやっぱり新次が目立たず――。
 サブタイトルから、てっきり駆落ち話かと思ったが、暗闇仕留人最終回を思い出すような渡航話。この若旦那は、私には太陽学園でビギンの生徒だったなという懐かしさが強い。
 若旦那の憧憬を聞く主水は、当然貢のことを思い出したはずだが、貢と主水が出会ったのは時代的にはずっと下った黒船の頃になるのが困ったところだ(笑)。正八の存在、寅の会への言及から、この商売人が新仕置人のストレートな続きなのは当然だが、その新仕置人の中で妙心尼が出てきて、主水が彼女と石屋の大吉のことを回想しているのだから、新仕置人もまた暗闇仕留人の後の出来事なのも分かる。というわけで、必殺世界ではやはり教科書の歴史とは全然違う別歴史が回っているのが分かってしまうのであった。。。SFか?(笑)


プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター