スタートレック・ヴォイジャー「道は星雲の彼方へ」

 最終回は、TNG同様に前後編で。
 しかし、第一話の「法廷」での決着だったTNGと比べても、ヴォイジャーでは旅そのものへの終焉を描かなければならない。そして、前編冒頭で映し出されたものは……

 このヴォイジャーのシリーズで、必ずしも艦長のキャスリン・ジェインウェイは判断や行動が『正しい』と言い切れない場合も多かった。咄嗟の直感や感情論での言動もあり、その点で例えばピカードなどとは信頼度等で及ぶものではなかった。
 だが、ジェインウェイ以外のどの指揮官が、セブン・オブ・ナインという存在を産み出せただろう。おそらく、カークもピカードもシスコも、仮にボーグの集合体からセブン・オブ・ナインを切り離すところまでやったとしても、そのあとクルーとして迎え入れ、堅い絆を作り出すなど……
 そして確かにセブンも、ジェインウェイに「なつく」感じの感情をすら持っていたのだ。

 いくつもの「可能性の未来」が、すでに旅の途上で幾例も出現していた。この「最終回」も、いわばそのうちの最新バージョンの一つに過ぎないとも言える。ケスが見た未来、キムやチャコティが過ごした未来、それら全ての選択肢を、しかし、ジェインウェイは自らの独断で一つに絞り込みにかかった。いつものような、独断で……

 ケスや、ドクターや、セブン・オブ・ナインや――彼ら魅力的なキャラクターの中で、ジェインウェイは独り主人公らしく存在してはいなかった。セブンに人間の尊厳を持てと説きながらドクターをレプリケーターと同じに扱い、偽善や矛盾や一方的な独善を山のように持っていた。
 この最終回は、しかし、ジェインウェイのための最終回だった。独り主人公ジェインウェイのためだけの……

 ヴォイジャーは地球に戻り、ジェインウェイは提督となった。もう冒険の日々は戻らない。
 しかし、もし、彼女のクルー達に何かが……そのときはきっとジェインウェイはまた勝手に動き出すのだろう。その意味では、ジェインウェイはずいぶんとカークに近かったんだろうなと思いもするのだ。


スポンサーサイト

スタートレック・ヴォイジャー「夢見るホログラム」

ホログラム・ドクター(名前はまだない)の創っているホロノベルを読む(というか実体感する)クルーたち。ドクターとしては、自分の経験を多少カリカチュアライズして、テーマ性を持ったエンタテイメントにしたくらいに思っていたが、モデルであるクルーたちには不快と困惑が大きい。艦長をはじめとする人間のクルーたちに侮蔑され、虐げられるのが、主人公のホログラム・ドクターなのだ。これが出版されれば、宇宙規模でヴォイジャーへの誤解を招きかねないノベルが読まれることになる。

 パリスは言う。「俺の悪名が宇宙域全体に広まろうと、そんなことは気にしやしない。ただ、あんたの目に俺があんなふうに映っていたのかと思うと、残念だよ!」

 そして、パリスの改変したホロノベルを自ら体験することで、ドクターは考えを改める。改訂版に書き改めよう……

 そのあとの紛糾自体は、かつてピカード率いるエンタープライズでデータを巡って繰り広げられた「彼(或いは、この「物」)に人権などあるのか?」の繰り返しだ。

 だが、一つ違うところがあった。データは、ほとんど唯一無二の存在だったが、ドクターは違う。彼は、「緊急用医療ホログラム マーク・ワン」のうちの一体でしかなく、逆に言えば、ドクターの同種の仲間は大勢いる。とても大勢いる。そして、医者として産まれた彼らは、今や佐渡の流人さながら、ただ来る日も来る日も穴掘りを、穴掘りのみをやらされているのだ。
 ドクターの夢は、仲間たちに自分と同じような自由と権利が与えられるようにと、そのためにこそ、このホロノベルも書いたのだったから……

 ラストシーンの、マーク・ワン達の姿は心に焼きつく。ホログラムに魂はある。それがどんなものなのか、どうして産まれたのか、わからないが――。

スタートレック・ヴォイジャー「ジマーマン博士の屈辱」

この話自体は、せっかくバークレイやトロイがゲストとして出ていても、まずはやはりバークレイの吹替えがどうしてもしっくり来ないのと、あとあまりにジマーマン博士がヒステリックなキャラクターであまりのめり込めない。
 が、ホログラム・ドクター(名前はまだない)の同型である〈マーク・ワン〉が欠陥品扱いされて佐渡に流されていた念仏の鉄さながらに穴掘り作業にのみ従事させられているなど、あとの「夢みるホログラム」につながる部分などがあり、その点で見逃したくないエピソードだ。ジマーマン博士の哀しみと屈辱も「夢みるホログラム」を見たあとではいや増しに感じられる。

スタートレック・ヴォイジャー「帰ってきたケス」

第143話「帰ってきたケス」は、第70話「ザ・ギフト ケスとの別れ」で超生命体に進化してヴォイジャーから去っていったヒロインの1人、ケスが戻ってきたというエピソード。。。


 一体どんなふうにケスが「帰ってくる」のかと思っていたけれど。。。 これはなかなかに、つらくもあった。。。
 最初は、これはもう「偽者」であろうと思ったのだけれど。
 だって、知っているケスならば、こんなことをするはずはないし。。。それに、「ケスとの別れ」でボイジャーに「ギフト」さえくれた進化を遂げたケスだった。。。
 けれど、それは本当にケスで、それも、あの「ザ・ギフト」を通過したあとのケス、あの歓びと希望に満ちて進化し、飛翔していったはずのケスだった。。。
 それ以前の、発展途上のケスの行動であったのなら、これほどつらくもなかったかもしれない。進化したはず、飛翔したはずのケスが、けれどあれからどう傷つき、どう疲れて、こんなに。。。やつれて。。。
 人は、疲れれば歪む。淋しければ歪む。何かに耐えられなくなると、、、歪んでしまう。
 けれど、それは人だから。。。「進化」に憧れたのは。。。ニュータイプと言い、超能力者と言い、ミュータントと言い。。。人が、その虚構の中で、思想の中で、憧れの中で、進化を、飛翔を夢見てしまうのは、歪まない己を手に入れたいからかもしれないとも。。。思うのだが。。。
 その進化を遂げ、飛翔を遂げたはずの存在が、やはりそれでも人として歪んでしまったということを、それも、あのケスが、という思いが、つらい。。。と思わせたのには違いない。。。

 艦長が言った。道に迷ったから。。。尋きに来たんだ、、、、と。。。

 迷うんだ。どうしても。どんなに成長したとしても。進化したとしても。

 そして、尋きに行きたいと。。。

 ケスは、ちゃんと道を聞けただろうか。。。

 久々に、寝転がってみていたのが、ムクリと起きあがって、姿勢を正して、見入ってしまったことよ。。。


スタートレック・ヴォイジャー「遥か彼方からの声」

このエピソードも凝ったつくりになっている。メインキャラクターはレジナルド・バークレイとディアナ・トロイ。まるで「新スタートレック」のようだ。残念なことに、バークレイの吹替えはやはり田中秀幸ではなくなってしまい、以降ずっとそのまま固定されてしまったのだが。
 例によって吹替えの翻訳も不統一で、トロイとバークレイがジョーディのことを「ラフォージ」だのなんだの呼んでいると違和感が強い。スタートレック吹替えの哀しい点の一つだ。

 しかし、そもそもの物語そのものは見所が多く、最後の最後に出てきた『本物のヴォイジャー』の歓びは第三者でしかないこちらにもじんわりと伝わってくる。
 ヴォイジャーの帰還のために地球側で用意をするのがバークレイたちだというのは気のきいたアイデアだっただろう。
 旅の終わりが近付いてくる……

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター