平井和正「その日の午後、砲台山で」

「幻魔大戦」、「ボヘミアンガラス・ストリート」、「地球樹の女神」、「アブダクション」がクロスする……。

これは驚いてしまった。

初読ではない。再読だ。初読の時には、いったいどうして特段の感銘も高揚も感じたおぼえがなかったのだろう。

「女神変生」のように、「ウルフランド」系列なまま終始したように思い込んでいた。タイトルの印象のせいもあるかもしれない。PC上でのみ、読みづらさのために斜め読みっぽく読んでしまっていたのかもしれない。

今回はモバイルで、スマートフォンを活用して読んでいた。仕様なのか、そのつもりもないのに段組になっていたのだが、それももしかしたら奏効していたのかもしれない。活字がぎっしり詰まっている方が、平井和正の小説を読んでいる気にさせてくれる。

最初のうちは、記憶のイメージ通りだった。作家・平井和正のモノローグとして始まり、「幻魔大戦」のキャラクター、「地球樹の女神」のキャラクターと遭遇する。この辺りは、「あとがき小説 ビューティフル・ドリーマー」で通過済みだ。

波紋疾走感覚が走り出したのは、スーパー化して、四騎忍として一人称「おれ」で動き始めてからだ。

もちろん、あの少女、木村市枝の威力もあったかもしれない。市枝はいつも不動の存在だ。「幻魔大戦deep」においてもそうだった。市枝がそうであり続けてくれることは希望や安心を与えてくれる。

「ボヘミアンガラス・ストリート」は一人称「僕」が相応しかった。「アブダクション」の三人称「少年」は疾走感覚に没入することを妨げていた気がした。今回、スーパー平井和正の四騎忍が初めて一人称「おれ」で登場した――この「四騎忍の冒険」を読んで、ああ、なんだ、ちゃんと走れる……と感じた。平井和正には本当に「おれ」小説がよく似合う……

これなら、つい数週間ばかり前、たぶんもうアダルト・ウルフガイが再起動しても、それはやはりちがうものだろう……と悲観していたのだが、そうと決めつけるわけにもいかないのかもしれない。

そう、読み終わるのが凄く勿体なくて仕方がなかったのだ。久しぶりだ。再読した「ボヘミアンガラス・ストリート」でも「アブダクション」でも、ついにそれを感じることがなかった。「地球樹の女神」だけは少し異なっていたが、それは単に後藤由紀子にまだまだ未練があったからだろう。

読み終わるのが惜しくて仕方がない……こんな面白い小説を、と、まさかこの「その日の午後、砲台山で」の再読で感じることになるとは、思いもしなかった。

やっぱり、平井和正は端倪すべからざる、なんだよ、と思った。まだまだ、きっと。
スポンサーサイト

平井和正「ABDUCTION(アブダクション) 拉致」

タマネギの皮宇宙の各次元でさまざまな女性と出逢い、結ばれる主人公・野々村直哉。 UFO宇宙人に拉致されて、彼に課せられた世界救済の役割とは?!
「幻魔大戦」のストイックな世界観と対比される、もうひとつの“ホームドラマ版幻魔大戦ワールド”誕生!!
1.WAYWARD BUS -気まぐれバス-(大改訂版)〈全2巻〉
2.STRAY SHEEP -迷い子-〈全4巻〉
3.ABDUCTION -拉致-〈全5巻〉
4.SILENCE -沈黙-〈全4巻〉
5.SHADE -翳-〈全3巻〉
6.CAPRICIOUS -移り気-〈全2巻〉


長い。
のは、特に問題ではないわけなのだ、実に。全20巻なら、平井和正の長編としては手頃なくらいではないか、という意識もある。

にも関わらず、こと「アブダクション」シリーズについては、これが各編1冊に収められていたら、もっと人口に膾炙できたのではないかという憾みもないではない。設定としてはかなり面白い気がする。未読だが、側聞による「ひぐらしの鳴く頃に」に先行しているわけだ。(違うかも)

「ひぐらしの鳴く頃に」が仮に想像したようなプロットだとして、異なるのはやはり「上書き」、そして謂わば輪廻転生の螺旋構造を同じ宇宙の回転で培っていく呪術師集団という図だろう。主人公・直哉の恋の数が全て女呪術師集団の結成のためにあり、そして直哉自身は小さな、そして大事な、ラムダのための行動に全てを集結させる。これが平井和正の独特さだろう。

キャラクターたちの面白さは変わるところはない。が、他の作品群と比べてベクトル感覚が欠如しているのは、視点が基本的に直哉ひとりであるのに主格が「少年は」と語られているところが大きいような気がする。同じように「少年は」が多用される「狼の紋章」では、青鹿晶子の視点が中心で、これに少年犬神明をハードボイルド的に外面から描く形で「少年は」と語られていた。そしてこれが同時に、突如として犬神明の懊悩する内面を描写する際のインパクトを産んでいたのだ。

もし「アブダクション」が、「直哉は」或いは「おれは」という通常の三人称もしくは一人称であれば、全く異なった印象の作品だったのではないだろうか。

「直哉は」と語れないのは、直哉が元猫ならぬ元武志だからだが、「少年は」とハードボイルドにどこか一枚別視点を通しての主格が殆どを占める全20巻は、平井和正の抜群のはずの感情移入の魔法を煙らせてしまったような観がある。フィルター越しになっているのだ。いつもの、主人公と思わず同化していくドライブが掛かっていかないもどかしさがある。

一人称「おれ」で語られていたなら、果たして「アブダクション」がどうなっていたか、興味がある。しかし、ここにはフィルター越しで感情移入を阻害せざるを得ない意味もあったのかもしれない。
トルテック呪術の特質は、「非情」――少年犬神明が希求して得られず、ゾンビー・ハンター田村俊夫が疑似体験して脱出した冷徹さが呪術師に不可欠な物であるなら、それは平井和正最大の武器を封印した作品のようになるのが当然だったのだ。

結果、アンリ・ベルトランとの対決は高揚する死闘になることもなく、そればかりか、せっかく生成した女呪術集団と青い宇宙の侵攻者との攻防もエンタテイメントであればそこにこそ筆を費やされるところが看過されている。これはこれで実に平井和正らしいところではあるだろう。

続く「その日の午後、砲台山で」の中で、一人称「おれ」として四騎忍が塚原組のヤクザ矢頭を叩き伏せるシーンなど、ウルフガイや幻魔大戦往時と変わらぬベクトルが走っている。だから、平井和正がベクトル疾走を喪失したわけではない。「アブダクション」では「非情」が描かれなければならなかったのだ。

そして、しかし、それは文字通りの情愛の喪失を尊ぶ物ではない。
だから、ラムダは無事に探し出されていたのだから。

平井和正「地球樹の女神」

IQ400を超える14歳の超天才少女・後藤由紀子は、底知れぬ闇を蔵した少年・四騎忍と出会う。二人のなにげない出会いは、しかし、世界の終焉と再生の幕開けだったのだ!

「幻魔大戦」を中断し、ウルフガイ・ストーリーを再開し、そしてそこに続いて降臨したのが、「消えたX」の再話になろうとは。
もともとの平井和正中学生時代の習作「消えたX」については、その目次部分しか目にする機会はなかった。その少年の冒険物語が、新しく「ラスト・ハルマゲドン・ストーリー」として転生したのだ。

この長編は、そして、平井和正が次のステージ、「呪術」に進行するものともなった。
復活ウルフガイ「黄金の少女」は、犬神明を欠きながら、確かに「幻魔大戦」とは違う、ウルフガイの文体と物語を備えていたと思う。
「地球樹の女神」は、「ハルマゲドン」のキーワードを伴うが故に、「幻魔大戦」コンセプトの継承かと思われたのだが、フィロデンドロンの“教授”や超絶ヒロインとなるはずだった後藤由紀子をいつしか後衛以降に捨象し、呪術ステージに入り込んでいったのだ。

故に、この「地球樹の女神」は、そのまま「世界を“移す”」物語となる。「ボヘミアンガラス・ストリート」のように1つの物語の中で“神様”円くんが移すのでもなく、「アブダクション」のように、世界ごとの物語を紡ぎ直しながら、全体を大きく覆うのでもなく、「地球樹の女神」は「クリスタル・チャイルド」「コア・ストーリー」と別々の世界をこれでもかと語り続ける。

「幻魔大戦」「新幻魔大戦」「新幻魔大戦」「ハルマゲドンの少女」らのつながりと似ながら違うのは、相互補完では全く無いという点なのだ。「幻魔」各編は明らかに相互補完であり、特に「幻魔大戦」と「真幻魔大戦」は同時進行であり、時系列的には「新幻魔」→「幻魔」→「真幻魔」と思わせながらも、どこか「幻魔」「真幻魔」の両世界が同時に重なりあって進行している夢幻感覚を感じさせていた。

今となっては、その方が正しいのではないかという気もする。

だが、「地球樹の女神」各編はそうではない。各編は独立しており、相互補完でも鑑賞でもなく存在する。
そこが「ボヘミアンガラス・ストリート」とも「アブダクション」とも異なるところだ

「地球樹の女神」は呪術小説の始まりとなり、「ウルフガイ」「幻魔大戦」の在りようも変容させた。「ウルフガイシリーズ・犬神明編」や「月光魔術團」、「幻魔大戦deep」は呪術小説となって再生された。

だから、往時の面白さは存在しない。――立ち位置が異なるのだ。これを今理性的に(或いは感情的に)評価しても意味はない。なぜなら、平井和正初期短編をこよなく愛する人にとっては「狼の紋章」や「人狼戦線」にしても失望するだけの期待はずれな作品だったのだろうから。

享受するだけの側に何を言えるだろう。

かつての作品群は焚書されたわけでも修正されたわけでもなく、何度でも読み返すことができる。だから、平井和正にはこれからもまた、いくらでも変容していってもらえばいいことなのだ。

平井和正は、現在のみを書く。平井和正にとっての現在をそのままぶつける。それは何一つ変わっていない。
だから、それでいいのだ。正否善悪等の評価をする必要も理由も資格も意義も、どこにある?

平井和正「ボヘミアンガラス・ストリート」

平井和正初の本格的ラヴストーリー。主人公の転校生・大上円(オオカミ・エン)は、29日周期で発熱する超虚弱体質で……。夭折の詩人・立原道造の美しく儚い詩の世界をモチーフに、ガラスの破片のように鋭く脆い恋の世界が描かれる。

「地球樹の女神」以降の平井和正作品群は、「人狼白書」以降どころではない途方もない小説的結構からの逸脱を現象化する。解りにくい言い方だ……だって、分かりにくいんだもの。紛れもなく。

「幻魔大戦」が小説的結構からの逸脱といわれながらも、十二分に「小説」として成り立っていたのに比べ、「地球樹の女神」中盤からはまさに夢幻的世界に入り込んだことを思わせる。現実と夢見との区別が意味をなさなくなり、事実とイリュージョンは等価となり、世界は“移される”。

その最も途方もないものはもちろん「アブダクション」シリーズに集約されるのだが、「ボヘミアンガラス・ストリート」はその先駆として「神様ファミリー」とその主軸たる大上円くんの存在をもって語られる。

円くんは「神様」として、自らの封印を剥がして「世界を移す」のだ。前作「地球樹の女神」で、フィロデンドロンの教授が「世界を移す」と告げるとき、その意味を知る者は誰もいなかったのではないか? しかし、円くんは世界を移した……

刊行時に順を追って読んでいったとき、各巻ごとに暗示される喪失の未来に戦きながら読んでいたのを思い出せる。平井和正の筆致は、本当にボヘミアンガラスの脆い崩壊を、その未来の映像を、感覚を、投射してきていたのだ。

しかし、最初のうち、「きまぐれオレンジロード」のイメージに困惑しながら読んでいかざるを得なかった。円くんはとりあえずいいとして、百合川螢と白山小雪の二人についてはどうしても鮎川まどかと檜山ひかるの二人としか思えなかったからだ。特に、鮎川と百合川という共通した名前の部分、また小雪とのコンタクト時に異動されてはいるが煙草のエピソードなど、「インスパイア」を表明しているにしても「きまオレ」をあまりにも思い出させすぎた。それ以外の登場人物たちや家族のシチュエーション等も、故意にはちがいないが、あまりにダブらせすぎていた感じがある。

それが、伊福部が登場した辺りから、風が変わった。たぶん、これは伊福部の力だったのだろうと思う。オマージュ、インスパイアの呪縛を捨象する、転換する。だから伊福部にはまさしく女神様の資格があったのだ。

そして、コスギ。
このボヘミアンガラス・ストリートの物語の中で、最も平井和正を感じたのは、ホタルより、そして伊福部よりも、この小杉杏子だったのだ。

「私はバカだ……」
コスギがこのセリフを口にした瞬間、「ボヘミアンガラス・ストリート」は全てのパワーを手にした。そう思っている。

ストームに巻きこまれるようにして終結を迎えた後、再読するまで、どうしてもエンディングが思い出せなかった。それは「地球樹の女神」もそうだったし、再読中の「アブダクション」もそうだ。トルテック小説は全てそうなのだろうか。
アニメ「超時空世紀オーガス」のラストのように漠然と思っていたのだが、そうではなかった。そして、しかし、このラストはやはり解釈や解決することを拒む。論理付けや正当化や折りたたんで理解してしまうことを否定する。

だから、また再読してみるときまで、これも棚に上げておこう。

ただ一つ、やはり黒衣の人、“ステラ”は気になるのだ。どうしても、たぶん、矢島の娘、絵理子を忘れないでいたいからかもしれない。

平井和正「アンドロイドお雪」

 幻想剤密売で捕まった老人が、独身の貧乏刑事野坂に贈った遺産。それは白い滑らかな肌を持ち、人間の娘と少しも変わらない、時価数百万ドルのアンドロイド“お雪”だった。
 かいがいしく身のまわりの世話をするお雪は、家政婦として申し分ない。だが彼女が来てから、野坂の身辺にはトラブルが多発し、なぜか彼自身も次第に精彩を失っていった……。
 発達しすぎた科学技術の落とし子、お雪が巻き起こす怪事件を描いた、平井和正のSF長編傑作!


これがたぶん初めて読んだ平井和正SF。小学生の時だったんじゃないかと思う。
アンドロイドやロボットが登場する未来SFなのだが、時代設定が未来なだけで、描かれ方は現代を舞台にしたハードボイルド小説と変わりはない。そう、文体や描写はほとんどハートボイルド・ミステリ小説に近い。主人公の野坂の周辺で起こる事件、人間関係、恋人のケイを巡る周囲との軋轢、そしてお雪の謎。お雪がアンドロイドでなく謎の(人間の)美女で、ロボットやサイボーグ等が登場してこなければ、まさしくハートボイルド・ミステリに他ならないのかもしれない。

しかし、この作品が舞台をアンドロイドやサイボーグの存在する未来に置いている理由は勿論あるのだ。「SFだから」「SFにしたかったから」などということでは全くない。

平井和正は「人間」を書くために、それを必要としたのだ。
そしてそれはまた、単に人間とロボット、アンドロイドの「対比」ということでは、ない。

この長編には原型となった同題の中編がある。プロットもストーリーの骨子も全く同じで、長編化に当たって登場人物が増え、エピソードが膨らまされ、あるいは追加され、長編となっているのだが、水増しとは言えず、寧ろ必要な量が漸く満たされた長編化なのだが、肝心なのは、原型中編では存在しなかった一言が、最後に追加されている点だ。

最初、長編版で読んでいたときには読み流していたサイボーグ猫・ダイの一言なのだが、その言葉が原型には存在していないことを知り、では何故このセリフの追加が必要だったのかを考えてみたとき、大仰なようだが、慄然とした。
テーマがまさしくその一言に集約されていたのだと、初めて気がついたからだ。

冒頭に書いたあらすじ紹介は角川文庫に拠るのだが、「発達しすぎた科学技術の落とし子、お雪が巻き起こす怪事件」というのは、とんでもなく表層的な見方である。
確かに、事件の中心にはお雪がいた……しかし、彼女は何も巻き起こしてなどはいないのだ。
そして……

そして、先程「主人公の野坂」と書き、それはそれで間違いとは言えないはずなのだが、エンディングを読むとき、これはやはり間違った表現なのかもしれないと思う。
野坂の姿など、どこにも、おそらく作者の中にも、存在をやめてしまっているからだ。
そこにいるのは1人のアンドロイドの娘と、サイボーグ猫だけだ。
そして、彼女と彼の小さな会話だけだ。

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター