必殺からくり人血風編

「必殺からくり人」と「新必殺仕置人」に挟まれた、文字通り「繋ぎシリーズ」として生まれたはずのものだった。

本来なら、「必殺からくり人」の次は、即座に「新仕置人」になるはずが、中村せん役の菅井きんの事情により、若干遅れが出た。そこで、すでに念仏の鉄としてスケジュールを抑えてあった山崎努に先行シリーズが作られた経緯らしい。

これほど急場凌ぎのシリーズはあまりなかったはずだ。……のちの「仕事人V風雲竜虎編」がそうだったかもしれないが。

個人的には、初見が「必殺最終回シリーズ」のビデオだったため、なんとも取っつきの悪い作品になっている。(実は「必殺必中仕事屋稼業」「必殺からくり人」「新必殺からくり人」「新必殺仕舞人」……も、最終回シリーズビデオが初見なのだ。功罪あるよね、あのビデオは……)
それでも、再放送等で何度も第1話から見ることができるようになり、次第に脳内で一貫性を持ち始めたとき、この「個人的には」は無印からくり人よりも惹かれる感じがする――に変わってきたようだ。

1つには、やはり山崎努の威力には違いない。
全く念仏の鉄を感じさせない、連想すらさせない、完璧な「土左衛門」という別キャラクターの出現は、沖雅也の棺桶の錠から市松への転生と同じで、ただただ感服するのみだ。鉄の楽しげな仕置振りとは対照的に、悲しげな、陰鬱な、虚無的なまなざしを向けながら冷酷非情に殺していく土左衛門の姿。これが血風編という作品の背骨であり、肉であり、血なのだ。

そして。

初見が最終回シリーズのビデオと書いたが、たぶん実は、リアルタイムで訳もわからず見たことがあるはずなのだ。
必殺とは、口に咥えた爪楊枝を相手の首に刺して殺すもの……と、記憶のどこかにあったのだ。小さい頃に夜中のテレビで何か見かけていたのだ。

そしてそれはたぶん……

スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター