スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕業人最終話「あんたこの結果をどう思う」

仕業人の結末は、他の最終編のどれと比べても最も陰惨だ。

剣之介が死ぬ。お歌も死ぬ。しかし、彼らの死は、全く何の意味もない犬死にでしかない。仕業を遂行中の「殉死」でもなければ、誰かを助けるための「自己犠牲」でもない。
又右衛門の失策から仕業人に目がつけられ、本来は又右衛門を捕縛に来た捕り方達に、又右衛門の家に来ていた剣之介が捕らえられ、拷問され、お歌と共に逃げ出したものの追いつかれ、そして、どぶ川の中で共にずたずたに切り裂かれ死んでいったのだ。

それは物語の途上のことであり、彼らの死は主水に衝撃を与えはしたがストーリーに結末や結論を与えるものでもない。
いわば、剣之介とお歌は普段の物語中での「被害者」役を果たしただけなのだ。中村主水が行動するための「頼み人」役になったにすぎない。

この「頼み人」に仕業料を払うことはできない。だから、又右衛門は動くつもりはない。
「江戸もそろそろやばくなってきたし」と、特に仇討ちなども考えることもなく、上方に逃げだそうとしているだけだ。
又右衛門は、自分の失策から火の手が上がったのだとは気づいていない。だからなおのことクールなのだが、もともと仕業人グループは、これまでのチームと比べても特別に仲間同士の関係はドライだったのだ。仕置屋稼業にしても、市松こそ一歩離れた感じだったが、主水・捨三・印玄の関係は仕留人・仕置人時代に準じたものだったし、最終編でのおこう・市松も含めた交情の拡大は明確だった。

だが、仕業人においては、初回から最終編までの中で、ほとんどこうした交情が育つことはなかったのだ。
主水は剣之介に対しては、同じ武士としての何らかの感情はあったに違いない。一度は酒を共に飲もうと誘ったりもしていた(ちなみに、甘党で酒は一滴もダメだった主水が、この仕業人時代から飲酒癖を持ち始めている)。
剣之介達の死を知り、主水は呆然と内心でつぶやく。
(死んだか……死んだのか……剣之介も、お歌も……)

だが、仕置人という楽しい日々を過ごし、仲間との交情をつい求めがちな主水にとっても、やいとや又右衛門という男は剣之介より先に仲間になっていても、最後まで踏みこんだ部分がないままだったようだ。
それは、やいとやに対する呼びかけ方が示している。

可哀想なやいとや(泣)
主水は、たとえば鉄のことは「念仏」と呼んだり「鉄」と呼んだり。
秀のことは「かんざし屋」とか呼ばない。一貫して「秀」。
では「屋号」でしか呼ばない奴はいたっけ、というと、勇次のことは「三味線屋」とは呼んでも「勇次」と呼んだことがあったかどうか、記憶は定かではない。
山田朝右衛門のことも、「朝右衛門」とか呼んだことはないんじゃないか。
まあ、総じて仕事人以降はつきあいがかなりドライだから。。。と思ってもいいのだけれど(勝手にいいことにするのだ)、それ以前、仕業人の時、やいとやだけはとうとう最後まで「やいとや」1本で、「又右衛門」とか親しく呼んでもらえたことってないのよね。
結局、そういうことだったのかー。。。とか思う。。。。

そして、主水は剣之介達の死が又右衛門の失策から来たものであることを知り、彼と決別する。
主水が剣之介の仇を討つために対峙する相手は、仕業人達が仕置きした男の娘婿だ。彼は決して悪人などではない。仕置きされた男の娘が、父の死によって彼の悪行を知ってしまい、絶望のうちに死んでいった。そのことを憾みに思って仕業人達を挑んできたのだ。
糸井貢がかつて主水に言っていたことだ。「俺たちに殺された奴にだって、家族や好きな奴がいたかもしれん!」。それが、はっきりと目の前に立ち現れてきたのだ。

だから、この剣之介の仇討ちは、仕置や仕業などではない。ただの恨み晴らし合戦でしかない。

主水は、仕業人としてではなく、中村主水個人として相手に対峙する。「中村主水だ……」。

そして、一刀のもとに切り捨てる。

仕置でも、仕業でもない、ただの恨み晴らし合戦……。

「恐ろしい男だ……」と、ただ傍観するのみの又右衛門が慄然と口にする。
その又右衛門と捨三を一顧だにせず、言葉を交わすこともなく、主水は歩き去っていく。
又右衛門も、捨三も、そんな主水にかける言葉はない。追うこともできない。

二度と再び、又右衛門は、そして捨三さえも、主水の前に姿を現すことはなかった。

これが、仕業人の「結果」だった。

仕置人チームの楽しい日々、それを取り戻そうとした仕留人時代と壊れていく夢想、ただ義務感からのように再開した仕置屋とそこから生まれた交情、それをやり続けようとして惨めに終わっていくしかなかった仕業人グループ。

中村主水は……

何を思いながら歩き去っていったのか……

スポンサーサイト

必殺仕業人第1話「あんたこの世をどう思う」

おこうを失い、印玄を失い、市松と別れ、自らは牢屋見回りという最底辺の位置に落魄れた中村主水。
だが、おこうの最後の言葉のためになのか、彼はまだ仕置屋稼業を続けていた。ただ独り残った仲間の捨三と、そして、いつ何処でどういう経緯でそうなったのか、新しい仲間のやいとや又右衛門と。
しかし、時に捨三は言う。手が足りない……。「これが1年前ならなあ。印玄もいた、市松もいた……」。仕置屋稼業の開始当初、あれほど市松に対する疑念と反発を露わにしていた捨三も、今では市松をかけがえのない仲間だったと思い返すようになっていた……。

そんな時現れたのが、赤井剣之介だった。
主水の前に現れた剣之介は、いきなり主水に金の無心をする。それはまるで、初めて糸井貢と出会ったときのように……。

「おめえ、俺のことを誰から聞いた」
「竹細工の、市松という男だ」
「市松か……」
剣之介は、元武士だったが、芸人のお歌という女に惚れ、それがきっかけで藩を追われ、お歌と2人で逃亡の身となっていた。その途上、市松と組んで破落戸を殺して金を奪った。そして、市松から、江戸に行くなら中村主水を訪ねろと勧められさえしたというのだ。
あの市松が、安易に主水のことを人に話すとは思えない。

「俺に仕事を世話してくれってのか。それでおめえ、何ができるんだ」
「……殺しだ。おれにできるのは、それくらいしかない」
かつての仕置人たちは、曲がりなりにも表稼業を持っていた。しかし、剣之介には何もない。お歌と共に大道芸人紛いのことをしているが、小器用でない剣之介には芸1つ満足にできはしない。しかも、逃亡者としていつも芸人の装いの白塗りで顔を隠しているくらいなのだ。

主水は、剣之介を仕置屋にスカウトすることにする。だが、どういう因果か、最初のこの仕置の相手は、剣之介の許嫁だった女であったのだ。
剣之介は二の足を踏み、やいとや又右衛門から侮蔑される。
しかし、お歌がこの許嫁に幽閉され、怨みを込めていたぶられるに及んで、ついに剣之介は決意した……

仕置が終わり、集まった仲間達の前で、やいとやが言う。
「主水さん、俺はこいつを信用できねえ。一緒に組んでやっていけねえぜ」
すると、主水は嘲笑するように言うのだ。
「やいとや、俺だっておめえなんか端から信じちゃいねえや」
まさかそんなことを言われようとは思っていなかった、そんな表情を見せる又右衛門。
主水は続けて言う。
「おめえだけじゃねえぞ。あの捨三もあののっぽ(剣之介)も、俺はだぁれも信じちゃいねえ」
まるで、仕置屋稼業時代を通じて手に入れたはずの仲間との繋がり、信頼、そういったものを全く否定するかのような言葉だった。
「俺たちは……人様の命頂戴して、金稼いでいる悪党だ……だから仲間が欲しいんじゃねえか。地獄の道連れがよ……その道連れを裏切ってみろ、地獄へだって行けやしねえぞ」
信頼、信用、そういうことなどではない。1人だけで地獄に堕ちるのはやりきれない。一緒に引きずり込める道連れがほしい。ただそれだけの……と主水は規定しようとしているのだ。

そんな、昔から変わらない主水の衒いを、剣之介は平気でぶちこわす。「それにしても、もっと金がほしいな」「……馬鹿野郎」主水はずっこける。

剣之介にとっては、「仕置」などという体裁すら持っていたいほどの余裕もないのだ。市松と組んだ仕置も、剣之介にとっては「破落戸を殺して金を奪った」だけにすぎない。
怨恨の殺しでも、体裁の仕置でもない。ただの……人間の、仕業なのだ。

仕業人という言葉は、仕留人と同じく、いつしか現れてくる呼び名である。やいとや又右衛門の出自から来ているものではないかと思われる節もあるが定かではない。

だが、主水も、やいとやも、剣之介も、決して仕置という言葉などは口にしない。そこにあるのは、主水の定めた「一件五両、1人一両で請け負ってきた奴が2両取る」という、ただ金だけで繋がった「殺して金を手にする」それだけのことなのだ。

こうして、仕業人たちの物語は始まったのだ。

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。