綾辻行人「十角館の殺人」※ネタバレあり

半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の7人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生きて残るのは誰か?犯人は誰なのか?鮮烈なトリックとどんでん返しで推理ファンを唸らせた新鋭のデビュー作品。

これを読んだ時、やっと日本に「本格」が復活した……と思ったものだった。
中高~大学の頃、「本格」ミステリに飢えていて、なのに高木彬光と鮎川哲也くらいしかそれらしい作品を書いてくれる人がいなくて……それでだんだん、SFに浮気していったのだけど……
それが今や、「ミステリの浸透と拡散」~「ミステリの変質と解体」だもんなー(笑)。←大学の頃、SFがちょうどこう言われた時期になってた。

作中で犯人が仕掛けるトリックはトリックとして、叙述トリックの部分として大きいのは、「こうなん」と音読みできる江南がコナン・ドイルだから、同じように名前を音読みしたとき「もりす」となる守巣はモーリス・ルブランだろう。。。と読者が勝手に解釈してしまうところにあるのではないか?(私はモロにそうだった。。。)
 特に、コナン・ドイルとモーリス・ルブランは「ルパンとホームズ」ということで、日本のミステリ好き児童にとっては入口の作家たちだから、なおさら。
 で、私は、最後の方の守巣のセリフ、刑事の「君はなんてアダナなんだい、モーリス・ルブランあたり?」という『おや、この刑事もわかっているじゃないか』なセリフに対する、
    「いえ、ヴァン・ダインです」
 
に仰天したのだった。。。
 「迷路館」にも感心したし、「人形館」にも膝を打ったけれど、「あっ!」と声をあげたのは、この瞬間だった。。。
 ミステリを読んで「あっ!」となったのは、このとき何年ぶりだっただろう。

 
スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター