必殺仕置人最終話「お江戸華町未練なし」

「必殺仕置人」第26話。必殺仕置人・最終話。

いよいよ最終話。
この回にいたって、ついに仕置人グループが崩壊する。とは言っても、続く「仕置屋」「仕業人」「新仕置人」。。。の崩壊劇のように暗く重いかたちではない。単に、仕置人稼業が露見し、人相書きがまわったので、解散しよう、ということになった。単純に言ってしまえばそれだけのことだ。後々の仕事人シリーズの最終回と、そこだけ見るとよく似てさえもいる。

 仕事人シリーズの最終話と何が一番違うかと言えば、この露見・解散にいたる道筋が、前回「無関心もいけねえな」などと、中心人物であり、情を排せることで要だったはずの念仏の鉄までが思ってしまった、、、そこからのストレートな続きとして、今回では情に絆されるかたちで事態が進行し、そしてついに、
「銭勘定しねえで危ない綱渡りをするのはばかばかしいよな。何となくマシな人間になった気がするじゃねえか」
 と笑う念仏の鉄、という画が現出するのだ。

 捕縛され、処刑される直前まで行く半次を救出するため、仕置人たちは力を合わせる。主水はもとより、おきんも仕置に立ち上がり、強酸をぶちまけて標的を仕留める荒業を見せる。
 そして豪雨の中、棺桶の錠と共に処刑場に乗り込んで壮絶な乱闘をやらかし、「闇の仕置人だ!」と名乗りを上げていく念仏の鉄。

 次作「助け人走る」以降の最終回等を見知ってしまった眼からすれば、犠牲者が出ることもなく、仲間の救出にも成功し、1人も欠けることなく解散して旅に出られてしまう展開は、もしかしたら拍子抜けとも見えるかもしれない。
 けれど、その別れの場面にも、逆にそれらを知っているが故の驚きが待っている。
 江戸を捨て、旅立とうとする鉄、錠、おきん、半次らの前に、旅支度の主水が現れるのだ。

 「あんたは何もばれてないし、かみさんやおしゅうとめさんもいるじゃないか」と半次らが諭すのに対し、
 「おめえたちと別れるのはなぁ。。。」
 と淋しそうに言う主水の姿がある。中村主水の続投となる「暗闇仕留人」以降、仕置屋、仕業人、新仕置人、商売人、そして仕事人シリーズと、主水は次々と新たな仲間と組み、そして別れていくのだが、その別れの段に於いて、自らも共に旅立とうとするのはこの最初の「仕置人」が唯一のことだ。
 「おめえだけじゃねえ、俺たちはみんなここで別れるんだ」と鉄が言い出し、驚く他のメンバー。江戸を離れても、みんな一緒にいるものと思っていたようだ。
 その方が足も洗いやすいだろう、と鉄は言う。
 「念仏、足を洗うつもりか?」と聞く錠に対し、
 「洗うかもしれねえ。洗わねえかもしれねえ。だがよ、いつまでも続けたいほどありがたい商売でもねえだろう」
 と、鉄は答える。
 そして、いつまでもグズグズ言う仲間達に対して、鉄の最後の仕置が下される。
 「裏が出たら別れる。表が出たらみんな一緒だ」
 投げたコインが土間でころころと回り、見せた面は、裏。
 「裏だ……別れようぜ」
 そしてさっさと飛び出す鉄。
 そして、それに引きずられるように、みな次々と。。。
 1人になった鉄は、コインを取り出し、二枚張り合わされ、表が存在しなくなっていたそれを引きはがして空に投げる。
 そして、独りごちる。
 「世の中……裏目ばっかりよ……」
 これが念仏の鉄の、「必殺仕置人」での最後の仕置であり、仕掛だった。
 やがて、「暗闇仕留人」で主水はおきん、半次と再会し、さらには長い年月を経て、「新必殺仕置人」で鉄と再会するのだが、、、
 とまれ、こうして1つの物語は終わったのだ。
 タイトルは「未練なし」と言うが、、、それぞれみな、未練の残る別れだったのだろうけれども。。。

スポンサーサイト

必殺仕置人第25話「能なしカラス爪をトグ」

「必殺仕置人」第25話。
弟が学問で身を立ててくれる事だけを願い、ささやかに暮らしてきた姉弟。
だが、無暴な権力の前に姉弟の命は儚く散っていった……


のちのちの必殺仕事人III「アルバイトをしたのは同級生」に同工の話があるのだが、唯一珍しくというか、この仕置人の「能なしカラス爪をトグ」より、「アルバイトをしたのは同級生」のほうが面白いのだ(笑)。
 「能なしカラス爪をトグ」では、半次がメインとなり、殺されていく姉弟のために泣くのだが、結局情に流されて復讐の刃を振るうことができない。事件の元凶たる母子は生き存えてしまうのだ。正義の味方ではなく、悪の上を行く極悪として生まれた仕置人、しかし、その中心である念仏の鉄すら前回情に絆されてしまい、どこか基盤に緩みが出てしまった。。。そんな感じすらある。
 そしていよいよ、次回でこの仕置人ストーリーに終幕が訪れることになるのだ。。。

必殺仕置人第24話「疑う愛に迫る魔手」

観音長屋に立ち退き騒動が持ち上がった。
その上、大家の秘密を握る黒い手が娘にまでも及んだ時 ― 住民である仕置人の怒りが燃えた!


 いよいよ仕置人も終盤。この話は、寧ろ後期仕事人でありそうな、父親と娘の情愛話であり、仕置人らしいエグさやインパクトは減じている。

 ここで印象深いのは、錠の正義感や激昂はいつものことなのだが、これまたいつものように飄々と無関心でいようとしていた鉄の述懐の場面だ。
 観音長屋の立ち退きの件で、わいわい無責任に騒ぎ立てた半次やおきんを始めとする長屋の住人達、そして結果として大家は悪党に弱みを握られた上で殺されていく。
 「てめえたちが! 無責任に騒ぎ立てるから!」
 怒りをぶつける錠。そして、それに続けて鉄がしみじみと言うのだ。
 「無責任もいけねえが、おれみてえな無関心もあんまり褒められたことじゃねえな……」
 そして、徹底的に暴いてやる、と決意するのだ。
 仕置人という業を始めたその時から、鉄のスタンスは一定して「情を廃す」ということに終始していた。「おれたちも頼まれなきゃあ見逃したかもしれねえが、頼まれちまった以上、こっちも商売なんでね」(「牢屋でのこす血の願い」)。憐憫や同情や怒りで動くわけではない。だから、兄弟のようにも思っていた芋安を裁くときも、頑として冷徹な仕置を自ら仕切っていた(「仏の首にナワかけろ」)。
 惚れた女が殺されたときも、「女郎が一人死んだんだ。それだけだ」と主水に向かって言った(「利用する奴される奴」)。
 錠が激怒し、涙を流すとき、鉄は寧ろ無表情を貫き、あるいは薄笑いを浮かべて骨を外し砕いてきた。
 その鉄が、無関心はいけねえな、、、などと言ってしまうのは、いわば仕置人という業を背負おうとする者たちにとって何かしら変質し、終わろうとしている……そんな部分があった。
 そして実際、鉄たちの仕置人グループは、あと2つのエピソードを持って崩壊してしまうことになるのだ。。。

必殺仕置人(7)【0610w_大特価】

必殺仕置人第23話「無理を通して殺された」

それは巧みに仕組まれた罠であった。
己の出世の為には、利用できるものは全て利用する― そう公言してはばからぬ男の野望の前に、女の夢は空しく消えて行った……


小六が出ているせいか(笑)、どうもやはり印象が薄い。まあ、毎回毎回傑作佳作というのはむずかしいだろうが。。。
 せっかく、主水と双生児のような、しかし卑劣に堕ちてしまった村野という同心が出てきているのだが、主水との思想信条対決にまで昇華させられず、ただ安易に堕落し、安易に消えていった。これは、のちに「新必殺仕置人」で主水と儚い交流を持った同じような同心が出てきてリベンジされるのだが。。。
 それにしても、「必殺仕置屋稼業」の印象が強いから、村野と聞くとどうしてもまず村野様が浮かんできてしまうなあ(笑)。

必殺仕置人(7)

必殺仕置人第22話「楽あれば苦あり親はなし」

「必殺仕置人」第22話。
この子の父親は貴方です― と次から次へ男を訪ねる女。
 果たして本当の父親は誰なのか?
 だが、その陰には母親としての一途な願いが込められていた…


 突然、主水のところに、「あなたの子供です」と子連れの女が現れる。身に覚えはあるので慌てふためく主水。
 こういう出だしで、コミカルな感覚で進んでいくのだが、野分の藤造という伊藤雄之助演じる偏執的で不気味な怪人物が登場した辺りから、一気に物語は濃密な情念の戦いに変容する。
 なんといっても、この伊藤雄之助が素晴らしい。他にも、「必殺仕掛人」等で登場したときも、主役達を喰ってしまう濃厚な演技で魅了してくれたが、今回も主水や鉄を霞ませんばかりの勢いであり、役者の力がどんなに圧倒的に物語を変えられるか、まざまざと見せつけられる。
 脚本的にそれほど優れているという感じでもないのだが、存在感のある役者がどれほど貴重かわかろうという一品なのだ。

必殺仕置人 VOL.6【KIBF-8006】=>24%OFF!必殺仕置人 VOL.6

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター