スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北村薫「リセット」

『スキップ』 『ターン』に続く、「時と人」シリーズの第3弾。
太平洋戦争末期、神戸に住む女学生の水原真澄は、時局の厳しさを横目で見ながら、友人たちと青春を謳歌していた。真澄には、結城修一というほのかな恋心を抱いている少年がいる。幼い記憶にある、30数年に1度しか見られないという獅子座流星群をいつかふたりで眺めてみたいと真澄は心に期していたが、度重なる戦火がふたりを引き裂いてしまう。やがて終戦を迎え、東京オリンピック開催が近づく昭和30年代前半。小学5年生の村上和彦は、自前で小学生に絵本や児童書を貸し与える女性と知り合う。彼女こそは水原真澄だった。折りしも獅子座流星群の到来まで、あと4年と迫っていた…。


「スキップ」が面白く、そして「ターン」が更によかったので、次の「リセット」にもかなりの期待を寄せていたのだけれど、実は私には今ひとつの出来という感じに終わってしまった。それは、今回再読してみても、変わらない。
 1つには、この「リセット」が、前2作と違って、おおむね「回想の語り」に終始してしまった。。。こともあるだろう。「スキップ」「ターン」は、常に現在進行形で、主人公が直面している、立ち向かっている「時間」が、『今』そのままで、読者であるこちらにも迫っていた。
 「リセット」は、それに対して「結果報告」に似た薄幕を感じさせてしまった気がする。

 そして、それと非常に関連するものなのだが、「スキップ」「ターン」は、主人公が「今」直面した困難に立ち向かい、乗り越えようとする物語だったのに対し、「リセット」はそうした困難はなく、むしろ「障害」「困難」のない「幸せな奇蹟」の物語だった。。。これが、私のようなタイプの読者には今ひとつになってしまった理由だろうと思う。。。

本来、私は「再会」の物語には弱い。だから、この「リセット」も再会ストーリーであるというだけで、私の多大な支持を得る物語だったはずなのだけど、、、

でも、「流星群」と再会、というモチーフが、映画「星空のむこうの国」とダブってしまったせいなのかもしれない。

 
スポンサーサイト

北村薫「ターン」

真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。いつかは帰れるの?それともこのまま…だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。

 「スキップ」よりこちらの方が胸に迫ってくるのはどうしてか解らないけれど。。。
 〈真希、しっかり〉の言葉を、お母さんに伝言ゲームで伝え、お母さんが涙をこぼしたシーンで泣けてきたのは、やはり「つながっているのだ」ということへの感情移入のせいなんだろう。。。とは思う。。。

 「不毛なのは〈毎日〉ではなく〈わたし〉だった。そういう人間が、どうして生きている世界に戻れよう。」

………………

 「ターン」は、とにかく「余分」な登場人物がいないので(「スキップ」の登場人物たちが「余分」という意味ではもちろん無いのだが)、主人公に完璧に感情移入できる。そして、二人称が一気にその正体を現す瞬間、「ああ。。。!」と。。。

 もう2、3度読んだつもりだったのだけど、違ったのだろうか。今回読んでいても、驚いてばかり。。。
 まず、なんだか、一人称のような気がしていた。「スキップ」は確かに一人称。けれど、「ターン」は二人称で始まっていた。「リセット」は三人称だったのかな? 「時」の三部作は、人称も三部作だったのかもしれない。(「リセット」を読み返してみたら、違いました(笑))
 そして、「彼女へ」の二人称から、「彼」の一人称へ、そして、「彼女へ」の二人称がそのまま移り変わって「彼女」の一人称へ。そんな変遷があることも、全く記憶には残っていなかった。。。

 だから、「スキップ」よりも重層で、そして、きついところもあった。
 ただ、「ああ」と思ったのは、闖入者たる若者を、主人公はとうとうとうとう「君」付けで言うことをやめなかった。

 映画版を観たのだけれど、ヒロインの造形は案外原作とそうは違っていなかった気もした。ただ、相手役のほうが、映画だとかなり弱かった。愛する。。。そうなる理由に欠けていたと。

 「ターン」物語の『核』は、きっとそこにもあったはずだ。

ターン

北村薫「秋の花」

「私」連作の「空飛ぶ馬」「夜の蝉」に続く第3冊目。
絵に描いたような幼なじみの真理子と利恵を苛酷な運命が待ち受けていた。ひとりが召され、ひとりは抜け殻と化したように憔悴の度を加えていく。文化祭準備中の事故と処理された女子高生の墜落死―親友を喪った傷心の利恵を案じ、ふたりの先輩である『私』は事件の核心に迫ろうとするが、疑心暗鬼を生ずるばかり。考えあぐねて円紫さんに打ち明けた日、利恵がいなくなった…。


 この本は、名前のわからない「私」というヒロインが連作で出てくるシリーズの1つなので。。。
 この「秋の花」という長編の前に、「空飛ぶ馬」「夜の蝉」という2冊の短編連作集があって。。。
 独立・・・していると言えば言えるのだけど、できたら、最初から順を追って読んだ方が、いいのかもしれない。。。

 ただ、ミステリ仕立てになっているので、(といっても、殺人事件とかが起きるわけではない。。。)ミステリなんてという人にとっては、取っつきにくいかもしれない。。。

 けれど、生きていく助けにはなるかもしれないので。。。この、「秋の花」も。。 、もう一度「スキップ」も読んでみないといけない。。。

 最近は、以前ならふーん。。。ですませていたのに、泣いてしまう。。。 それはやはり自分のせいなのだと思う。。。

 「こういった現実の問題を考える時も、行き着くのが本のことになるのは私の弱さだろうか。そう思えば後ろめたい気もする。しかし、私は水を飲むように本を読む。水のない生は考えられないのだから仕方がない。」

 これは「秋の花」の1節だけれど。。。

 「夜の蝉」の「胡桃の中の鳥」のラスト、幼女の手が正ちゃんをひっかくところ、そして正ちゃんがごめんねごめんねと泣くところでまた泣いてしまう
。。。以前は、なんでもなかったことなのに、。。。

 「秋の花」。利恵が、真理子のそのままにしてあった部屋で立ちすくんでいた。。。という科白の中の言葉で泣けてきてしまう。。。 外では読めない。。。

 佐々木丸美さんの本は絶対に外では読めない。。。必ずぼろぼろと泣いてしまうので。。。 北村薫でも泣けてきてしまうなんて、これでは本当に外で本が読めなくなる。。。

 「意志の子真理子」に「スキップ」で会えていたというのなら、もう一度「スキップ」も読んでみないといけない。。。

 シリーズ順に読んでいって…

 今読み返して、つらくて仕方がないのは、残された少女の感じる「拷問のようなつらさ」を知っているから。。。
 やはり、人は、自分を通してしか相手を感じることはできない。だから、諍い、憎みあい、怨んでしまうときもある。。。
 時には思い出したいと思う。「彼は、私ではないのだから」と。そして、、、、

秋の花 ( 著者: 北村薫 | 出版社: 東京創元社 )

北村薫「空飛ぶ馬」

北村薫のデビュー作。「私」の連作シリーズ第1冊。
爽快な論理展開の妙と心暖まる物語。


 このシリーズは決して嫌いではない。
 嫌いではないのだけど、特にこの1冊めは、再読するのに少し気力が要った。。。のは、どうしても、最初の1篇め、「織部の霊」が読んでいて面白くないからなのだ。

 続く連作はいずれも面白い。苦いものが残ってしまう「砂糖合戦」「胡桃の中の鳥」果ては「赤頭巾」でも、苦いけれども、作品として面白い。のに、よりにもよって、『私』と円紫さん初登場の第1篇めだけが、何故か自分にとっては面白くないのだ。

 でだしが他の作品だったらどんなにいいか、と思う。人に勧める場合でも、何しろ第1篇目が自身にとって面白くないものだから、躊躇してしまうのだ。全く連続性のない連作というわけではないが、かといって、やはり収録順に読んで欲しい作品だから、最初が「織部の霊」というのが、なんとしてもまずいのだ。

 まずいもなにも、あくまで個人的な問題で、読んだ人がどう感じるかなど判らないのだが、それでもやはり。。。なのは、やはり実はこのシリーズが好きで、人にも好きになってほしいからに違いない。

 しかしなぜ、「織部の霊」だけ。。。

 正ちゃんが出ていないからだろうとか(笑)、まだ『私』の魅力が中途半端なのだろうとか、登場しているのが大学の教授くらいで華が無いからだろうとか(^^;)、いろいろ理由は考えられる。「謎」のレベルとか解法のプロットとかは、別に後発の作品群とどう違うということもないのだから、たぶん意味のない好悪なのだろう。。。

 それでもたぶん、どれか、と言ったとき、やはり誰もが選ぶのは、この「織部の霊」以外ではないだろうか。。。?

 アンケートでもとってみたいのだが。。。別に分析の必要もないのだけれど。。。

空飛ぶ馬( 著者: 北村薫 | 出版社: 東京創元社 )

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。