石津嵐「宇宙戦艦ヤマト」

豊田有恒・原案、石津嵐・著
ある日突然、地球は侵略者の魔の手に襲われた。放射能におおわれ、死の星と化した地球を救うために、巨大な宇宙戦艦ヤマトは謎の星イスカンダルを求めて宇宙へと旅立った。倒しても倒しても襲いかかる謎の軍団、次々と死んでいく乗組員。長い戦いの旅路の果てに、傷だらけのヤマトが目的地で発見したものは? 壮大なスケールで描く必読の宇宙冒険ドラマ!!


 ソノラマ文庫です。石津嵐・著、豊田有恒・原案とクレジットされています。松本零士や西崎某の名前はどこにもない(笑)
 あまりにも有名な「宇宙戦艦ヤマト」は、原作コミックあり、テレビ版アニメあり、映画版あり、続編ありで、ノベライゼーションも多数存在していますが、このソノラマ文庫版は、その中でも異色作です。
 アニメ版のファンの人にとっては、かなりショッキングなストーリー展開とプロットだと思います。一度は読んでみるべき怪作かもしれません。
 私は中学の頃に読んだのかな? かなりショックでした(笑)。
スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター