赤川次郎「マリオネットの罠」

「私はガラスの人形と呼ばれていた」森の館に幽閉された薄倖の美少女、都会の空白に起こる連続殺人の現場に残される謎のナイフ。人間の輻輳する欲望を鮮かに描いた異色の長篇推理。

 あちこちで評判を聞いたので、試しに読んでみることにした。凄い凄いと聞いたのだけど、赤川次郎のミステリだからそんなに凄くはないんじゃないかという偏見がどうしてもあって、なかなか手がでなかったというのが正直なところであって。
 読み始めてすぐ、なんだか文体が重くて、というか地の文がずいぶん細かくて、という感じを受けた。でも、こういう場合、えてして先入観やら何やらでの感覚の誤差だったりするので、あまり当てにはならない(笑)。とりあえず読み進める。
 凄いというんだから、意外な犯人だとか叙述トリックとかだろうと見当をつけながら読んでいくと、「犯人」の
【ここからネタバレ!】

続きを読む

スポンサーサイト

赤川次郎「暗黒のスタートライン」

杉原爽香,二十三歳の秋。大学を卒業して古美術店に勤めている爽香に,元BFの明男から突然の電話。在学中から付き合っていた中丸教授夫人・真理子が,ホテルで密会中に殺されたという。無実だと言う明男を信じてかくまう爽香だったが,隠れ家から明男が姿を消した直後,第二の殺人が!

 赤川次郎の文章というのは、どうしても軽い。その軽さは、文章・文体での「語り」をわざと避けているのかと思うほどで。。。
 それが即ち、よく言われる「読みやすさ」や「ユーモア」につながっているのだろうけれど、反面、軽侮の対象にもなりやすいのだろうとは思う。「コクがない」と言えばそれはその通りではないかと思ってしまう。

 が、その「おかげ」というものもあるのであって。。。

 この小説でこれにふさわしい文章・文体で読まされたら、それはかなわんよ、と実は思う。重すぎるのだ。ヘビーだ。

 それにしても。。。最初の、「若草色のポシェット」でも十二分にヘビーすぎたと思うのだが。。。
 よくもここまで来たものだ。。。
 どうして、こんなふうになってしまったのだろう。。。あの、中学生の、あの、頃から。
 振り返ると、茫然とした気分にすら、ならずにはいられない。
 そしてそれは。。。

暗黒のスタートライン

赤川次郎「若草色のポシェット」

杉原爽香シリーズ
主人公の少女が,毎年読者とともに成長する画期的シリーズ。

 赤川次郎は、「三毛猫ホームズ」の最初の頃はわりと好きで、せっせと読んでいたような。。
 たいていのシリーズにも手をつけていたし、長・短編もちゃんと。

 それが、三毛猫ホームズが長寿シリーズになって、主人公たちがどんどんサザエさん化して。。。つまり、何をどう経験しても体験しても、次の本になるとそれらの記憶がまるでなくなったかのように(笑)「くるりん」(北村薫の「ターン」じゃないが)してしまう。。。ようになっていった頃から、だんだん読まなくなってしまった。
 どうも、私の場合、特にシリーズものだと、主人公たちが次の本、また次の本で次第に変化していってくれた方が好みらしい。

 さて。。。
 で、ずーっと読まずじまいになっていた赤川作品なのだけど、何やら1冊ごとに主人公が一歳ずつ年をとって、最初は中学生だったのが、最近作ではもう20代後半、というシリーズがあるのを知って、興味を持った。
「杉原爽香」というヒロインの成長記録になっているわけらしい。
 ちょっと試しに、読んでみることにする。

 1冊目は、中学生のヒロインらしい、いかにもコバルト系といった感じのタイトル。
 「若草色のポシェット」というのだから、いかにも爽やかな青春少女ミステリ、という感じの予想だったのだけど。。。

 冗談ではない、このハードさは。。。
 全然タイトルにそぐわない話の内容。
 といって、暗く重苦しい書き方ではないから、なおのこと。。。
 赤川作品はユーモア小説扱いされることも多いようだけど、どう考えたってやはりそれは違うよね(^^;)
 日本の小説の文体がユーモア感覚を失い過ぎていただけなのだ。

 田中雅美の初期コバルト作品も相当なものだったけれど、タイトルと裏腹なこの小説は、そのまま中学生の少女が読んで、一体、どんなふうに感じるものなんだろう?

若草色のポシェット

赤川次郎「招かれた女」

売春をしていたらしい女子中学生の死体が発見された。捜査一課のベテラン刑事宮本と若手刑事谷内は、有力容疑者三島を逮捕しようとするが、谷内は三島に射殺され、三島も車に轢かれて死亡した。その責任を問われ宮本は退職し、事件は解決したかにみえた。だが、第二、第三の殺人が・・。有力画商・中路とその愛人で美貌の画家昭子、谷内の婚約者爽子と友人淳子。中年男性宮本を取り巻く華やかな女性達。果たして真犯人は誰か?昭子が描いた一枚の肖像画が事件解明の鍵に!

 赤川次郎の作品というのは、初期の頃はしばらく読んでいたのだけれど、もう15年くらいちゃんとは読まなくなっている。三毛猫ホームズの最初の5、6冊くらいまでは割りと面白く読んでいたのだが。。。
 それが、今回これを読んでみたのは、どんでん返しがすばらしいという評判を伝え聞いたからで、初期の作品となれば、三毛猫ホームズ第一作の密室についても私は面白いと思ったクチなので、とりあえず読んでみようかと、ブックオフで50円で買ってきた(笑)。

 まず、カバーにある「あらすじ」を読んだとき、思ったのは、『ははあ、さてはこのベテラン刑事が犯人という意外性のどんでん返しだろう』ということ。先にどんでん返しだの意外な犯人だのと聞いてしまうと、最初からこういうことを思いながら読むからいけない(笑)。

 が、読み始めてみると、あれっと思ったのは、さながら叙述トリックというか折原一というか、場面場面の時間軸が登場人物の視点も含めて少しずつ錯綜しているのに気付いたとき。今まで読んだ赤川次郎作品では、基本的に時間軸に沿って話が進んでいたような。。。というのは、やっぱり赤川次郎は小説書きというより映画的シナリオ的な作家だろうと思うし、となると、時間が錯綜するタイプの筋の展開はあまりないように思っていたからなのだが。
 これは叙述物クサイから、いよいよ眉につばを付けよう。。。と読み続け、と、こちらとしてはジェフリー・ディーヴァー以来、あらゆる登場人物を疑う癖がついている(笑)ので、コイツも(;?_?) ぁ ゃι ぃ、そいつも(;?_?) ぁ ゃι ぃ、とか思いながら読んでいくと、なんだかそいつらが次々死んでいく(笑)。
 結果、「犯人」自体は、今さら「おおっ!」と驚くような人物でもなくなったのだけど。。。
 この結末、これはなるほど、確かに意外というかどんでん返しというか、意表をつかれるものだった。こう来たか、という。。。

 赤川次郎作品はユーモアミステリだ、というのはあまり信じていないのだけど、このブラックさは、やはりついうっかり忘れていたこのライターの特質だった。
 でも、やっぱり文体のせいで、どうしても重々しくはならないんだけど(^^;)。またそれもブラックさを深めていると言えば言えなくもない。

 もう一つ。前にも一、二度感じたことがあるのだけれど、案外赤川次郎作品はエロチックだ。特別ポルノ小説としての描写が為されているわけでもないのだけれど、不思議と性的に感じられる。なぜだろう?

招かれた女

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター