スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・D・ウィングフィールド「フロスト日和」

肌寒い秋の季節。 デントンの町では、連続婦女暴行魔が悪行の限りを尽くし、市内の公衆便所には浮浪者の死体が小便の海に浮かぶ。 いやいや、そんなのはまだ序の口で……。 役立たずのぼんくら親爺とそしられながら、名物警部フロストの不眠不休の奮戦と、推理の乱れ撃ちはつづく。 中間管理職に、春の日和は訪れるのだろうか? 笑いも緊張も堪能できる、まさに得難い個性の第二弾!

 あ、前回の子分役(で、いいのか?笑)はあれっきりだったのね(^^;)。なんとなく、モース警部のシリーズみたいに、ずっとコンビでやっていくような気がしてました。あるいは、前回の彼は、初見参のフロストの「人となり」を読者に一枚一枚知らしめていくための存在であって、2作目の今回からはそういう位置づけのキャラはいなくなるのかと。
 ところが、同じ位置づけのキャラが、全く違う人間で出てくるとは思いもしませんでした(笑)。
 もっとも、今回のウェブスター巡査の場合、前回とは違っていろいろ別の屈託を持っているわけですが、かといって彼の屈託自体は実は本書のテーマでも何でもなく(それは、前作でも実は一緒だったはず)、やはり彼は、一見「無能」であるフロストをまさにそのままに見るという位置にある存在であり、そして読者の案内役であることも前回のクラウド同様。
 でも、今作では、最後のシーンを見る限り、最後の最後、フロストに敬意を表するに至っているのかな。それもまた、読者の代弁者とは言える。

 フロストの、イングラム相手の述懐は、ワタクシ的には、「必殺仕置人」で初見参した当初の中村主水を連想させた。奉行所では「昼行灯」「いるんだかいないんだか昼間のオバケみたいな」と言われ、町を巡回しては袖の下をとってまわり、すっかりすり切れた感じの中村主水。

 「正しいことなんか無ェ、きれいなことなんかこの世の中には無ェ、そう思いながら、心のどこかでそれを信じて、十手を握ってきたんだ。。。」

 その、心のどこかのそれに裏切られ続けた中村主水は、結局「こいつはきたねえ仕事だ。だが、そいつを俺たちがやらなきゃならねえ。俺たちゃワルよ。」と開き直り、正義はあてにならないからと悪の上を行く悪を自認する「仕置人」となった。
 主水の場合、しかし仕置人当初、そして続く仕留人時代、心のどこかに自分のおこなっていることは、かたちは人殺しという悪だが、実は正義なんだ、、、という想いはあったにちがいない。それが、仕留人最終章で打ち砕かれ、復帰する仕置屋稼業では最初からただの殺しのプロに徹しようとし、そしてまたそんな自分に裏切られ、やがて仕事人以降のルーティンワークのサラリーマンとなっていくのだが、それはそれとして。

 フロストはさいわいにしてか、主水ほどの、あるいは主水のような、絶望には至ってはいない。希望を持っているかどうかはわからないが、少なくとも彼は、とりあえず自分を絶望させないですむだけの成果はあげられているようだ。
 他者が何と言おうとも、自分にだけは通じるこだわりを持っている。
 それを捨てていないから、フロストは部下たちにも、読者たちにも支持者が多いわけなんだろう。

フロスト日和
スポンサーサイト

R・D・ウィングフィールド「クリスマスのフロスト」

ロンドンから70マイル。ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小様々な難問が持ちあがる。日曜学校からの帰途、突然姿を消した八歳の少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物…。続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが繰り広げる一大奮闘。抜群の構成力と不敵な笑いのセンスが冴える、注目の第一弾。

 本来、あんまり「警察」小説というのは読まない。大学の頃、マルティン・ベックのシリーズは読破したし、一時期、87分署シリーズも読んではみたけれど、そして、決して面白くないとは思わなかったのだけど(特に、87分署のものでは、某嫌われ者役の刑事は何だか不思議と好きになっていった。人気があるらしいキャレラとかはあんまり。。。バート・クリングやコットン・ホースの方がキャラレより気に入っている(笑))、とうとうファンとかマニアとかにはなれずに来た。所謂「本格ミステリ」とは違っているからなんだろう。ルパン、ドルリー・レーン、ファイロ・ヴァンス、神津恭介、星影龍三、キリオン・スレイ、物部太郎、そして御手洗潔、神麻嗣子(笑)、と進んできてしまったタイプのミステリ読みには、刑事群像のようなタイプの小説は食指の湧く種類ではないとインプットされているのかもしれない。

 というわけで、この「クリスマスのフロスト」も、どうやら警察小説らしいので、いかに人気があるらしいと判ってもなかなか手を出さずにいたのだけれど、いろいろきっかけがあったのでとうとう読み始めた。

 どうやら主人公のフロストは「下品きわまる名物警部」とのことなので、これはたぶんドーヴァー警部なんだろうなどと予想する。赤川次郎のキャラクターの中にも似たようなのがいたと思うのだけど、その種類なんだろう。今さらありふれているじゃないか。。。などと思いながら、オープニングを読んでビックリした。
 なにしろ、当の主人公のフロスト警部、突然撃たれて死にかけているかどうかしているのである。これには度肝を抜かれた。いや、ホントにビックリした。おかげで、一気に読んでいきたいベクトルが生まれたのだから、上手いものである(笑)。
 で、読み進んでみると、このフロスト、実はぜんぜんドーヴァー警部でも大貫警部でも(思いだした。赤川次郎の持ちキャラはこういう名前だった)ない、読めば読むほど印象が変わる。。。というより、膨らんでいく。一体どの「顔」が本当のフロストの顔なのか、判らなくなっていく。
 もしかしたらドーヴァーの振りをしたコロンボかモースとも思ったが、そうでもない。名推理を働かせているのかと思ったら、そうでもなく、そうでもないと思ったら運が開けていきなりどんどん解決する。。。のかと思ったらまたそうでもなく(笑)、よくわからない(笑)。

 この辺り、サブキャラのクライヴ刑事もいささかパターン通りのキャラではなく、生真面目な若い刑事かと思えば、出世主義の俗物にもなり、スケベなナンパ野郎にもなり(これは私がそう思うだけで、実はごくごく普通であるのかもしれぬ。。。(ーー;))、と思うと熱血というか真摯な部分も見えるような気もし。。。

 「大小様々な事件」はそれぞれ特に凝ったものでもミステリアスなものでもなく、普通といえば普通、本格ミステリ好きの血を沸き立たせるわけではないのだけれど、このキャラクターが読み進める原動力となって、一気に500ページを飽きもせず読んでいくことになった。続編もちゃんとあるようなので、当然読んでいくつもりになっている。

 キャラ萌えなどいう言葉もあって、ストーリーやプロットがしっかりしていなくて、キャラクターの魅力に寄りかかった小説やらはだめだという言い方もあるし、それももっともだとも思うのだけれども、でも、キャラクターに魅力のない小説は最初から読みたいとも思わないし、読み終わって印象に残らないし、再読の意欲も湧かず、仮に湧いても再読しているうちに飽きてしまう。小説は論文ではないのだから、筋書きだけでは面白くもなんともないのである。

 どんな筋立てだったかは忘れてしまっても、キャラクターのことだけは覚えている。そんな小説たちの方が、実は何度も再読したくなるんだよね、などと今さら思ったり。。。

クリスマスのフロスト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。