筒井康隆「ポルノ惑星のサルモネラ人間」

地球から学術調査隊が訪れた「ポルノ惑星」で、美人隊員の島崎博士が妊娠した!原因は妖草ゴケハラミ。その処置を年中丸裸の原住民に聞きだしに向ったおれが見た、密林を跋扈する奇怪な動植物の数々。常識に凝り固まった悩みそを爆砕するモンスター・オンパレード。

「根暗」とか「根あか」なんて言葉が流行ったときにはかなり抵抗がありました。一所懸命考えることが「暗い」んだったら、じゃあ、人間には脳味噌いらんじゃないかよ……なんて。
 筒井康隆さんの短編に、「ポルノ惑星のサルモネラ人間」とかいう奇怪な題名の作品があり、その中に、すごく性格の悪い科学者が出てきたんですよ。で、読んでてとっても「こいつ、嫌な奴だな~」とか思ってたんですが、ラスト近くでこの科学者、異星生命体にとりつかれるんです。そして、半分意識をのっとられたような状態になって、すごく「ネアカ」でな~んも悩みのないへらへら喋り散らす奴に変貌する。「わしにはもう何も悩むことはなくなった。わはははははは」なんて。

 こう要約しても、なんだかよくわからないと思いますが、私、読んでてこの場面がなぜかすごく「こわかった」んです。すごく恐怖感を覚えた。
 で、以前の、すごく性格が悪くて、むっつりしてて、「嫌な奴」だった頃の科学者の方がずっと「愛すべき奴」だったと思った。このへらへら笑って「悩みなんかないもんね~」と言ってる奴は不気味で、たまらなくいやだった。

 それで、「ああ、暗かろうが、陰鬱だろうが、やっぱり、人間、悩むってことのできるのが一番だ」と思ったのでした。「悩めなくなったら、人間にはそれはこの上ない不幸なんじゃないだろうか」と。
 つまり、「悩みがあるから、人間なんだ」(笑)。と。

 単に私がウンウン悩むことに特殊な愛好癖を持ってるだけなのかもしれないんですが(笑)。

ポルノ惑星のサルモネラ人間
スポンサーサイト

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター