森博嗣「どきどきフェノメノン」

大学院生・佳那の「どきどき」かつ「ミステリィ」な日常。
窪居佳那は大学院のドクターコースに在籍中。指導教官である相澤助教授に密かに憧れを抱いていると思っているのは本人だけで、助教授の前で佳那が挙動不審になることは講座の全員が気付いているのだが……?


 なんなんだ、この主人公は……という一言に尽きる(笑)。
 「奥様はネットワーカ」のスージーもナニだったが(笑)、この「どきどきフェノメノン」のヒロインの壊れっぷりというか暴走ぶりというか、でもひょっとして人のリアルな感性ってこんなだっけみたいな突き抜け方は、とてつもなく印象に残った。
 他のキャラクターはまるで覚えてない(笑)。ストーリーもそのうち忘れるだろう。けれど、このヒロインについては、この本のタイトルを目にする度、「あ、とんでもなかった……」と思い出すに違いない――。
 「S&M」シリーズ等の萌絵ちゃんなんて、まともなもんです。

どきどきフェノメノン
スポンサーサイト

森博嗣「奥様はネットワーカ」

スージィこと内野智佳は、某国立大学工学部化学工学科の秘書。彼女の勤める大学周辺で暴行傷害事件が多発する。智佳の周辺でも不気味な出来事が続き、友人のルナも被害に遭ってしまうが…。大学の工学部を舞台に、それぞれに秘密を抱えた6人の視点で連続殺人事件を追う、ちょっとフーガな新感覚ミステリィ。

 気軽な気持ちで読み始めて(だって何しろ殆どイラスト小説みたいに見えたので)、突然あっ、これはトリックがあるんじゃないのか、とドキリとしたのは89ページめ(講談社ノベルズ版ね)。固有名詞抜きで「妻」と書いてある、その書き方が、あれっという感触を持ち上がらせたのだ。

 だとすると――もし「」が「スージー」じゃないとしたら……と考え始めると、パタパタと筋道は通っていく。倉知淳の「星降り山荘の殺人」のときと同じ。

 なあるほど、だからスージーのところだけ一人称なんだ……アンフェアにならないように。三人称では、サエグサを「夫」と書くわけにはいかないから。

 あとは読み進めながら、この感触に合致する書き方か、それとも……を読んでいくことになる。。。

 と、いうわけで、森博嗣の作品では珍しく、作者のたくらみを先に感知できた。「今はもうない」以来、次々仕掛けられる大技小技の叙述トリックには、殆どことごとく出し抜かれてきたのだけど。

 この可愛らしいイラストがなければ、もっと早く感づけていたかも――ということは、森博嗣としてもやはりこれは「小品」だったかもしれない。
 でも、面白かったけど(笑)


森博嗣「奥様はネットワーカ」


プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター