R・D・ウィングフィールド「フロスト日和」

肌寒い秋の季節。 デントンの町では、連続婦女暴行魔が悪行の限りを尽くし、市内の公衆便所には浮浪者の死体が小便の海に浮かぶ。 いやいや、そんなのはまだ序の口で……。 役立たずのぼんくら親爺とそしられながら、名物警部フロストの不眠不休の奮戦と、推理の乱れ撃ちはつづく。 中間管理職に、春の日和は訪れるのだろうか? 笑いも緊張も堪能できる、まさに得難い個性の第二弾!

 あ、前回の子分役(で、いいのか?笑)はあれっきりだったのね(^^;)。なんとなく、モース警部のシリーズみたいに、ずっとコンビでやっていくような気がしてました。あるいは、前回の彼は、初見参のフロストの「人となり」を読者に一枚一枚知らしめていくための存在であって、2作目の今回からはそういう位置づけのキャラはいなくなるのかと。
 ところが、同じ位置づけのキャラが、全く違う人間で出てくるとは思いもしませんでした(笑)。
 もっとも、今回のウェブスター巡査の場合、前回とは違っていろいろ別の屈託を持っているわけですが、かといって彼の屈託自体は実は本書のテーマでも何でもなく(それは、前作でも実は一緒だったはず)、やはり彼は、一見「無能」であるフロストをまさにそのままに見るという位置にある存在であり、そして読者の案内役であることも前回のクラウド同様。
 でも、今作では、最後のシーンを見る限り、最後の最後、フロストに敬意を表するに至っているのかな。それもまた、読者の代弁者とは言える。

 フロストの、イングラム相手の述懐は、ワタクシ的には、「必殺仕置人」で初見参した当初の中村主水を連想させた。奉行所では「昼行灯」「いるんだかいないんだか昼間のオバケみたいな」と言われ、町を巡回しては袖の下をとってまわり、すっかりすり切れた感じの中村主水。

 「正しいことなんか無ェ、きれいなことなんかこの世の中には無ェ、そう思いながら、心のどこかでそれを信じて、十手を握ってきたんだ。。。」

 その、心のどこかのそれに裏切られ続けた中村主水は、結局「こいつはきたねえ仕事だ。だが、そいつを俺たちがやらなきゃならねえ。俺たちゃワルよ。」と開き直り、正義はあてにならないからと悪の上を行く悪を自認する「仕置人」となった。
 主水の場合、しかし仕置人当初、そして続く仕留人時代、心のどこかに自分のおこなっていることは、かたちは人殺しという悪だが、実は正義なんだ、、、という想いはあったにちがいない。それが、仕留人最終章で打ち砕かれ、復帰する仕置屋稼業では最初からただの殺しのプロに徹しようとし、そしてまたそんな自分に裏切られ、やがて仕事人以降のルーティンワークのサラリーマンとなっていくのだが、それはそれとして。

 フロストはさいわいにしてか、主水ほどの、あるいは主水のような、絶望には至ってはいない。希望を持っているかどうかはわからないが、少なくとも彼は、とりあえず自分を絶望させないですむだけの成果はあげられているようだ。
 他者が何と言おうとも、自分にだけは通じるこだわりを持っている。
 それを捨てていないから、フロストは部下たちにも、読者たちにも支持者が多いわけなんだろう。

フロスト日和
スポンサーサイト

はみだしっ子番外編 パーティー教室

この「パーティー教室」は、アンジーの昔話。まだアンジーがママを信じていた頃の。「だから旗ふるの」の中に挿入されていてもいいような、楽しかった頃のアンジーの……
 こうした幼い時期のアンジーには、それこそサーニン・マックスが束になっても敵わないような魅力がある。アンジーはラブ・チャイルドでも、四人の中で一番しあわせだった……ママを信じていた頃は。
 だから。アンジーには、グレアムが受け入れられない妥協がある。サーニンには認められないあきらめがある。マックスには解れない不信がある。
 アンジーには……
 だから。
 さあ、パーティーを始めよう。

宮部みゆき「クロスファイア」

四人の若者が廃工場に瀕死の男を運び込んできた。その男を“始末”するために。目撃した青木淳子は、力――念力放火能力(パイロキネシス)を放ち、三人の若者を炎上させる。しかし、残る一人の若者は逃走。淳子は、息絶えた男に誓う。「必ず、仇はとってあげるからね。」一方、現場を訪れた石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、ある事件を思い出していた!
 話題の超傑作、ついに登場!


 アクション系を予想しながら読んで行くけれど、確かに確かにの宮部みゆきの世界。。。
 結局、「無条件の正義」なんぞという鼻持ちならないことには我慢できないだろう。。。と思う。。。
 なにより。正義のヒロインこそが最初の加害者であるという構造は。。。
 筒井康隆「七瀬ふたたび」の火田七瀬以来の、正統派のヒロインに間違いないだろうと思う。。。 さて、後半どうなっていくのかは、と。。。
 それにしても、個人で戦う「正義の味方」ならばそれほどのこともないのが、「組織」ということになった途端、いきなり胡散臭さで満ち充ちてくるのはナゼだろう?(笑)

 そして、後半を読み進んで。。。
 ああ、まさか。。。まさかこんなふうに終わっていこうなんて。。。
 予想の範囲など逸脱しきって、物語は進んでいったから。。。
 そしてこれは。やはり紛れもない宮部みゆきの世界であって。。。
 こうであるだろうと思った人々をそういうモノではないのだと裏返してみせるのは、決してシニカルなのでも突き放しているのでもなく。
 「本所深川ふしぎ草紙」で描いたように。「そんなものではないのだ」と。ないのだ、、、、と。

 仕置人を肯定しないではいられないのだけれど、そこにはガーディアンのワクがある。
 それはみとめずにいることはできない。
 だから。けれど。ちゃんとそこにも衣笠の言葉は待っているのだ。
 どこまでも、、、用意周到に裏返していくのは。。。
 けれど最後には花が届く。
 感傷と思いつつも泣かされてしまう。。。
 だから。
 他ならばあまりと言えばあまりなはずのエンディング、締めくくりの言葉が。
 裏返し尽くしながら手を伸ばす言葉だと思うのだから。。。

クロスファイア(上)クロスファイア(下)

スタートレック・ディープスペースナイン「オブライエンの孤独」

 このトリックというか、ネタというか、SFならではの発想の転換とどんでん返しは秀逸。
 ただ、それだけではなく、オブライエンの真摯さと愛情強さが、最後の最後に胸を打つ。
 シスコの科白、「彼もそうしようとした……危機を伝えに来たんだ」だけでもせつないのだが、追い討ちをかける愛の伝言。
 「新スタートレック」の端役で登場しながら次第に存在感を強め、ついにはディープスペース・ナインに転属して重要なレギュラーとなったオブライエンの面目躍如なエピソードだ。

スター・トレック ディープスペースナイン コンプ・シーズン2(通常版) ◆20%OFF!

刑事コロンボ「闘牛士の栄光」

刑事コロンボシリーズ。闘牛士・モントーヤとその父親・エクトールとの行き違いから起こる悲しい事件を解決する。
 休暇中のコロンボは夫婦でメキシコ旅行を楽しんでいたが、愛車で追突事故を起こして車をとりあげられ困り果ててしまう。そこで昔なじみのサンチェス警部がなんとか車が早く戻るように手配してくれるという。その間、コロンボは伝説の闘牛士モントーヤの親友が殺害された事件につきあうことに…。

脚本:ブラッド・ラドニック
監督:テッド・ポスト 
ゲスト:リカルド・モンタルバン(「スター・トレック2/カーンの逆襲」)


 最初観たとき、今ひとつ事件の概要がピンと来なかった。動機がすんなりと心に入ってこなかったというのがある。
 この作品は、ホワイダニットで、つまりは「なぜ、そんなことを?」という、動機が一番の謎であるというタイプの作品だ。犯人が誰かというフーダニットほど意外性などのサプライズを造り出すのは難しいが、成功した傑作も知っている。この「闘牛士の栄光」の場合、あとからジワジワ動機の哀しさが伝わってきた。

 そういえば、ずっと昔のことだが、「だから殺した」とかいうタイトルの短編ミステリを書いたことがある。これがタイトル通りのホワイダニットで、こんな動機での殺人とはなかなか思えないだろう、それにこの動機ならこの犯人があり得る、逆に言えばこの動機が解らない限り、この人物が犯人であるとはとても思われない、そういうフーダニットとしても成立させられるはずだ、、、とか思っていた。確か「小説推理」に載っていた誰かの作品の一節が気になって、そこから思いついたネタだったので、高校生の頃考えたんじゃないだろうか?

 その「だから殺した」の動機ネタが、今思えばある種「闘牛士の栄光」タイプの動機だったのだ。風格は全然違うが(笑)、この動機は、ある種の人たちには理解できない動機なのかもしれない――とも思う。

刑事コロンボ 完全・ Vol.18 闘牛士の栄光/魔術師の幻想

本岡家から。

昔、三原順が死んでしまった時、それを知ったのも随分後になってからだったと思う。出勤中、バスの時間待ちで覗いた書店のレジ近くだったはずだけれど、『ビリーの森ジョディの樹』2分冊が平置きされていて、そして帯が、帯に書かれた文字があって、それでいきなり知らされたのだ。帯の文句は、『ああ、もう読めない!』。そのときの心が真っ白に、空っぽになったような感覚は、けして忘れられない。

 好きだった作家さんが、読者のこちらがまだ生きているのに、先に次々と逝ってしまう。鮎川哲也も高木彬光も都筑道夫も星新一も半村良も、もういない。作品だけが、ひっそりと残っている。

 そして、単に「好き」というだけでは済ませない作品の作家さんが失われてしまったとき、もうそのときには、「ああ……もう読めない!」と泣くしかできない。
 遺された作品だけでは、まだまだ足りない。もっともっと読んでいたかった! もっともっと、あの登場人物たちの行く末を知りたかった!
 ――まだ、終わってなどいないのに!



 佐々木丸美は実質筆を折った状態で、新作も続編も、恐らく望めるものでもなかったのだろう。
 けれど……

 聞き知る丸美さんの様子はまるで世捨て人のようで、かたくなで、孤独で、なんだか楊子さんみたいに感じられるときもあった。求めるものがついに得ることあたわず、独りぼっちで、泣き言は言えないで……そして寂しく年老いてしまったのなら――。

 けれど、送り続けていた手紙達を、箱に入れて大事にしてくれていた、それを聞いた時、決して丸美さんの心は凍てついてなどいなかったのだと、あの豊かな感性・感情・情動を干からびさせてしまってなどいなかったのだと、そう思えて……

 それだけで、もう、胸がいっぱいになってしまったのだった。なんだか、……よかった……と思えてしまったのだった……

必殺仕置人第15話「夜がキバむく一つ宿」

豪雨の中、足留めを食らって廃屋に閉じ込められた十一人の男女
昨日ひとり殺され、今日もまたひとり
一体誰が、何の目的で?


 前回の「賭けた命のかわら版」がオーソドックスすぎて特に印象に残らなかったのと反対に、今回はかなり濃厚な情念のドラマが展開する。

 まずは冒頭で早くも仕置が遂行される。鉄と錠は旅先で仕置を完遂し、さっさと逃げ出す。主水ら他の仕置人は随行しなかったようだ。
 大雨に見舞われ、飛び込んだ宿には、鉄・錠以外に、一癖二癖、或いは後ろ暗さを抱えていそうな連中が何人も集うことになった。そして、始まる連続殺人事件。はたして誰が殺人犯人なのか。
 と、別にアガサ・クリスティ張りの本格ミステリ犯人捜しなわけではなく、早々に殺害シーンその他が描出され、犯人一味は割れる。鉄、錠、そして仕置人たちを公儀の隠密か何かと誤解している追っ手の殺害犯人たち、実際の隠密たち、梅津栄(笑)、その他一つ宿に集った人々の思いが絡まり合う中、惨劇は頂点を迎える。無意味に失われる、小さな夢を抱いていた一つのいのち。仕置人の怒り。

 人々の死に様も鮮烈な映像で描かれるが、最後に情念を吐き出すのは棺桶の錠の慟哭と叫びだ。明瞭な「悪」どもが破滅した後、ただ無辜と思われていた者に露出される利己と、それがための哀しみ。「馬鹿野郎てめえ!!」錠の哀切の悲鳴、叫び。

 「悪いやつほどよく見える」から再度、「くだらない」侍の理念のために無意味に失われる命や想いのために、錠はまた慟哭することになった。

 この「馬鹿野郎てめえ!!」という錠の叫び、この姿は、「必殺仕置人」という物語の中で、とにかく1つ、覚えておきたい部分なのだ。仕置人という存在が、どのように「仕置」をしてきたのか、それは一体、どういう仕業だったのか。
 「商売」にも「仕事」にもなる前の、自分たちの本音と欲望と、やむにやまれない衝動から発していた、仕置というものを。

好評発売中!キングレコード 必殺仕置人(5)

R・D・ウィングフィールド「クリスマスのフロスト」

ロンドンから70マイル。ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小様々な難問が持ちあがる。日曜学校からの帰途、突然姿を消した八歳の少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物…。続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが繰り広げる一大奮闘。抜群の構成力と不敵な笑いのセンスが冴える、注目の第一弾。

 本来、あんまり「警察」小説というのは読まない。大学の頃、マルティン・ベックのシリーズは読破したし、一時期、87分署シリーズも読んではみたけれど、そして、決して面白くないとは思わなかったのだけど(特に、87分署のものでは、某嫌われ者役の刑事は何だか不思議と好きになっていった。人気があるらしいキャレラとかはあんまり。。。バート・クリングやコットン・ホースの方がキャラレより気に入っている(笑))、とうとうファンとかマニアとかにはなれずに来た。所謂「本格ミステリ」とは違っているからなんだろう。ルパン、ドルリー・レーン、ファイロ・ヴァンス、神津恭介、星影龍三、キリオン・スレイ、物部太郎、そして御手洗潔、神麻嗣子(笑)、と進んできてしまったタイプのミステリ読みには、刑事群像のようなタイプの小説は食指の湧く種類ではないとインプットされているのかもしれない。

 というわけで、この「クリスマスのフロスト」も、どうやら警察小説らしいので、いかに人気があるらしいと判ってもなかなか手を出さずにいたのだけれど、いろいろきっかけがあったのでとうとう読み始めた。

 どうやら主人公のフロストは「下品きわまる名物警部」とのことなので、これはたぶんドーヴァー警部なんだろうなどと予想する。赤川次郎のキャラクターの中にも似たようなのがいたと思うのだけど、その種類なんだろう。今さらありふれているじゃないか。。。などと思いながら、オープニングを読んでビックリした。
 なにしろ、当の主人公のフロスト警部、突然撃たれて死にかけているかどうかしているのである。これには度肝を抜かれた。いや、ホントにビックリした。おかげで、一気に読んでいきたいベクトルが生まれたのだから、上手いものである(笑)。
 で、読み進んでみると、このフロスト、実はぜんぜんドーヴァー警部でも大貫警部でも(思いだした。赤川次郎の持ちキャラはこういう名前だった)ない、読めば読むほど印象が変わる。。。というより、膨らんでいく。一体どの「顔」が本当のフロストの顔なのか、判らなくなっていく。
 もしかしたらドーヴァーの振りをしたコロンボかモースとも思ったが、そうでもない。名推理を働かせているのかと思ったら、そうでもなく、そうでもないと思ったら運が開けていきなりどんどん解決する。。。のかと思ったらまたそうでもなく(笑)、よくわからない(笑)。

 この辺り、サブキャラのクライヴ刑事もいささかパターン通りのキャラではなく、生真面目な若い刑事かと思えば、出世主義の俗物にもなり、スケベなナンパ野郎にもなり(これは私がそう思うだけで、実はごくごく普通であるのかもしれぬ。。。(ーー;))、と思うと熱血というか真摯な部分も見えるような気もし。。。

 「大小様々な事件」はそれぞれ特に凝ったものでもミステリアスなものでもなく、普通といえば普通、本格ミステリ好きの血を沸き立たせるわけではないのだけれど、このキャラクターが読み進める原動力となって、一気に500ページを飽きもせず読んでいくことになった。続編もちゃんとあるようなので、当然読んでいくつもりになっている。

 キャラ萌えなどいう言葉もあって、ストーリーやプロットがしっかりしていなくて、キャラクターの魅力に寄りかかった小説やらはだめだという言い方もあるし、それももっともだとも思うのだけれども、でも、キャラクターに魅力のない小説は最初から読みたいとも思わないし、読み終わって印象に残らないし、再読の意欲も湧かず、仮に湧いても再読しているうちに飽きてしまう。小説は論文ではないのだから、筋書きだけでは面白くもなんともないのである。

 どんな筋立てだったかは忘れてしまっても、キャラクターのことだけは覚えている。そんな小説たちの方が、実は何度も再読したくなるんだよね、などと今さら思ったり。。。

クリスマスのフロスト

はみだしっ子番外編 線路の夜

もしかしたなら、本編としてでも成立するのではないか……そう思える内容を、モノローグとも散文詩ともつくような文章を使った手法で短いページに抑え込んでいる――。

 あるいは、本編がもはや「窓のとおく」クラスのエピソードは容れられないストリームを造り始めてしまった、そういうことだったのかもしれない。
 こののち、「カッコーの鳴く森」をはさんで、本編はまっしぐらに「決算期」へと突き進んでいく。
 「バイバイ行進曲」でグレアムが父と決算時期を迎えたことが、やはりこの加速を呼び込んだのだろうか。
 もっとも、この「線路の夜」、どうやら時間軸は「山の上に吹く風は」以前であるようなのだが。。。

「はみだしっ子シリーズ 全13巻」+「ルーとソロモン 全3巻」+2冊 三原順/作

光瀬龍「夕ばえ作戦」

東京の中学生・砂塚茂が古道具屋で手に入れた奇妙な機械はなんとタイム・マシンだった!機械をいじっているうちに突如、江戸時代の寒村に降り立っていた茂が見たものは、村を襲う風魔忍者たちの姿だった。人々を救うべく茂は立ち上がるのだったが…。過去と現在を縦横無尽にかけめぐる奇想に満ちた戦いを描く。

 少年時代、何度となく繰り返し読んでいた覚えがあった。。。
 NHKの少年ドラマシリーズにもなっていたが、なぜか主演が山田隆夫さんで。。。でも、必殺仕事人第1シーズンでの半吉の疾走ぶりにも表れたように、山田さんは実は純情な泣きの演技もうまくて、風魔忍者を無情に切り捨てて「たかが風魔」みたいなことを言った幕府か誰かがいたときに、「たかが。。。風魔だって?!」と唇をかみしめて言っていた、そんなシーンがあったように思う。。。
 読み返して。。。突然胸にこみ上げたのは、茂が思いつくシーン。。。

 そうだ! 学校の友だちに応援してもらおう。

 そして、茂は何人かの友だちの顔を思い浮かべる。。。
 そのシーンで、いきなりこみ上げてしまったのだ。。。

 風祭陽子は。。。本当にちゃんと、生まれ変わったのではないだろうか? 茂の妹の陽子として。。。
 思い出して、なかよくするんだ、陽子。。。もし、そうなら。。。自分の、願いの通りに。。。

夕ばえ作戦

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター