2008春・すき焼き食べ放題の巻

ゆきちゃん、くままっち、バニラちゃんとすき焼きの食べ放題に行ってきました。
すき焼きにも食べ放題ってあるんだ!とちょっと驚きましたが。

お肉は1回だけのお代わりでしたが、野菜は多分3~4回お代わりしたでしょう。
で、各自ご飯も1回ずつお代わりして、飲み物はドリンクバーで飲み放題。
もちろんタマゴもお代わり自由。

かーなーり、食べました。
若い人に混じっての食事だったので私が一番最初に箸を置き、「若いうちは食べても太らないとか思ってても、30過ぎるとくるからねー」なんてまだ食べてる人に脅したりしてました。
ま、事実ですがねw

今の私は体脂肪は標準になりましたよ。
BMIはもうちょっとな感じですが。
かつての骨ッ子ちゃんはもういません。
・・・が、まだ57を穿くことはできます。
何年も穿いてるから伸びたのかもw
ここ数年ボトムスを買ってないので、正確なところは不明です。
スポンサーサイト

必殺商売人第14話「忠義を売って得を取れ!」

このネタバレタイトルはなんとも……(^^;) まあ、これで最初から、どこで本性を顕すかなという見方に集中できたけど。
 「仕置人」の第5話「仏の首にナワかけろ」が印象的だったが、この手の話では、卑劣な偽善者役の演技力が肝心になる。その点はさすがにクリアできている。お嬢様の情念も比較的気合いが入っている。
 物語のパワーがそれでも足りないのを、相変わらず正八がなんとか補おうとしている。
 比べて、新次の平板さは変わらず。江戸プロフェッショナルの名にふさわしいゴルゴ的クールさと思えば思えるか(笑)。


必殺商売人第12話「裏口を憎む男にない明日」第13話「裏の稼業にまた裏稼業」

第12話「裏口を憎む男にない明日」

時々ある受験ネタ。ゲストは桜木健一。桜木は「新仕置人」の「代役無用」での印象が強いが、今回はそれよりは少し世を拗ねるキャラに造ったようだ。
 珍しくというか、やっとというか、新次が少し目立っているが、主役は桜木健一たち被害者側が担っている。そして、被害者側の感情が濃厚になれば、自ずと仕置にも力が入ってくる。おせいの仕置がやたら派手なのは、それか?(笑)


第13話「裏の稼業にまた裏稼業」

前回のゲストが桜木健一で、今回が吉沢京子。「柔道一直線」を見ていた人間としては、「惜しい!」という感じになってしまう(笑)。
 吉沢京子の相手方は一文字隼人こと佐々木剛だが、「柔道一直線」との絡みなら、一文字というよりもちろん風祭右京。うーん、やっぱり惜しい。前回でも今回でも、この3人で揃っての芝居が見たかったー。

 話のほうでは、突然のように登場する商売人のひと群れ。なるほど、寅の会無き後も、細々ではあっても仕置人は生き残っていた。「仕置料」という言い方がやはり嬉しい。
 と思っているうちに、ついに言及されるおせいの昔話。5年前までは飛脚問屋で、その頃は商売人じゃなく仕事屋と名乗っていた……
 うーん、チラリと聞いてはいたけれど、ここまで具体的に言われていたとは。「あんたが昔仕事屋をやっていた頃」程度のそれとない言い方だと思っていたのだが、こうはっきり言われていると感涙物なほどだ。

 また、「あの頃は商売人じゃなく仕事屋と名乗っていた」という言い方――。仕置人から仕留人、仕置屋、仕業人、商売人……のちには仕事人で固定されるが次々と名前を変えてきた中村主水は、名前を変えるたびに過去と訣別してきたが故に、かつて一度たりとも「あの頃は仕業人って名前でやっていた」とか「初めて仕置人の名でこの仕事を始めた頃」などのような言い方をすることがなかった。まるでそんな時代を覚えてもいないかのように。だから、かつて違う名前でやっていたと過去のシリーズについての明言があるのがとても新鮮で感じるところがあったのだ。

 「剣劇人」最終回で、仕事人としてゲスト登場した主水に対して、綾太郎が「俺たちは剣劇人だ」と、まるで「あんたたち仕事人とは違うんだ」と聞こえるふうに言っていた。
 もし、「仕事人」物語の中で、主水が、「これは、仕事人のやることじゃない。。。だが、仕置人としてならやれることだ」のようなことでも言って、仕事ではなく仕置をやるために立ち上がる場面でもあったなら、それはそれは物凄くエキサイティングだっただろうな、などと妄想できる(笑)。


謎は全て解けた!

                   sakura
  

総務の彼女の名前をゆきちゃんが思い出してくれました。
U方さんです。
これでやっとすっきりしましたw

某所の桜が見事だったので写メってみました。
やはりけっこう写真を撮ってる人は多かったですね。
もうちょっとのんびり眺めていたかったのですが、時間がなかったので歩きながら見るだけになりました。
今週末は花見によさそうですね。
行かれた方はぜひ写真をアップしてくださーい。

【今日までに読み終わった本】
二ノ宮知子「のだめカンタービレ20」
荒川弘「鋼の錬金術師19」
綾辻行人「深泥丘奇談」

さくら

今週に入って急に桜があちこちで咲き始めましたね。
近所の学校の桜もだいぶ咲き始めました。

仕事で買い出しに出かけたら会社の一本横の道が桜並木になっているのに気付きました。
その桜並木は目的地の目の前まで続いていました。
仕事中に桜を堪能できてかなりお得な気分でした。
桜並木の写真を撮っている人が何人かいたので有名どころなのかな?と思って調べみたらやはりそうみたいでした。

そんな今日は実は「鍵をかけたかどうか」が気になって仕方がなかったのですが、帰宅してみたらちゃんと鍵はかかってました。
その変わり、こたつが点け放しになってました。
火事にならなくてよかったぁ。

初めてのお使い

ならぬ、初めての1人業務でした。
いつも教えてくれる人は本日有給にてお休み。
退職前の有給消化です。

上司がすごく気を遣ってくれて、「分からないことがあったら何でも聞いてね」と言ってくれ、「いつも教えてくれる人の連絡先分かる?」とそこまで心配してくれました。
連絡先は私は直接は知らなかったのですが、「他のパートさんが知ってるから困ったことがあったらその人に聞いて電話してね」と言われたのでそのことを話したら、そのパートさんが「今は分からないです」と言ってしまい、その人の自宅に電話を入れてました。留守でしたが。

今日言われていた仕事は毎日やらなければいけない最低ラインの業務の他は1つだけだったので、上司やら他のパートさんやらに聞きながら何とかこなせました。
時間が余ったらやるようにと言われたことまでは手が回りませんでしたが。

横で教えてもらいながら仕事をしているときは分かったような気がするのですが、実際に1人でやってみると分からないことがあったり勘違いをしていたりで、仕事を覚えるいい機会でした。

っつーか、あと3日で教えてくれる人がいなくなっちゃうんですが、仕事を覚えられるだろうか。

電車

出勤4日目にしてちーこーくー!
電車が止まった所為だからどうしようもないのですが、乗り換えやら何やらで走りまくって、結局2~3分の遅刻ですみました。
上司に遅刻を謝って、「遅延証明書は出した方がいいでしょうか?」と聞いたところ、「2~3分しか過ぎてないからいいよ」とのこと。
(厳密なタイムカードはなく、出勤した日をPCで管理するだけなので、細かい時間調整は上司にゆだねられる)

実は今の部署はとても忙しいところ(社員限定)です。
某総務顔負けで、お昼を食べながら仕事をしたり、深夜帰宅も当たり前。
なので。
はっきり言って2~3分の遅刻の処理に時間を取られるのが惜しいんでしょうね。

終業後は某百貨店の屋上でお弁当を食べました。
そこは屋上にお花屋さんがあって、そのお花屋さんに向かって座れるように休憩スペースがあったので、花を眺めながらお昼を食べられました。

で。
帰りの電車の乗換駅で。

なぜかお向かいさんと遭遇してしまいました。

最寄り路線の駅ではなく、その路線に乗り換えるための幾つかある駅の一つで。
はっきり言ってこんな偶然はいりません。
一瞬無視しようかと思いましたが、あちらに見つかってしまいました。
なので仕方なく一緒に帰ってきましたよ、約50分。
内心気疲れしながら最寄り路線に乗り換えるとき、振替輸送で前の電車に乗っていたので駅員さんに「(定期圏外は)振替輸送で乗れますか?」と聞いたら「3分前に終わりました」と言われ、思わず「ついさっきあっちの改札を出たばかりで、あっちではいいって言われたんですけど?」と思わずキツイ口調で言ってしまいました。
言ってしまってから「今のはクレーマーみたいだな」と反省したのですが、駅員さんも慣れたものであっさり通してくれました。

明日はちゃんと電車が動くといいな。
今日は上半身が45度に傾いたまま身動きが取れなかったので、途中で身体が痛くなりましたw

お弁当

今週半ばからカメ(=旦那)がお弁当持参になるようです。

自慢じゃありませんが、私は未だかつてお弁当を作ったことがありません。
そんなわけで、

・夕食準備時に作る。
・おかずが夕食と重なることもある。
・市販のものを使うことがある。

等了解してもらった上で、作ることを了解しました。
で、昨日お弁当グッズを買ってきたのですが、どうせ作るなら自分の分も作ればお昼代が浮くなぁ、と思いつつ、お弁当を広げる場所を見つけられず(勤務時間が短いので休憩時間はなし。なので社内では食べられません)、でも帰宅後だとヘタしたら15時過ぎるしで諦めていました。

そして今日、帰り際に乗換駅でお昼を食べるお店を探していたら、公共の屋内休憩スペースを見つけました。
そこでは食事をしている人、読書をしている人、テーブルに突っ伏して寝ている人などいたので、ここでならお弁当を食べられそうです。
早速100均で自分のお弁当箱等を購入してきました。

そういえば、会社から徒歩2分くらいのところに某百貨店があります。
晴れの日はそこの屋上でもいいかもしれません。

あとはお弁当作りのテンションを上げつつ、かつ、無理のないように続けていくだけです。
・・・続けられるかな?

必殺商売人第11話「女体が舞台の弁天小僧」

ピーターはからくり人のくせにやたら悪人や被害者にもなるんだな(笑)。やはり、女役もできるということと、独特な風貌の故にフィーチャーされるのか。
 映像面構成面などしっかり凝っていて、商売人らしい造り……それにしても、相変わらず新次は全然魅せ場がない。いるだけで迫力がある分銀平よりはましだが、主水との絡みも正八のほうが濃密なのだから、全く影は薄い。
 例えば、もしおせいと組んで主水・正八の前に現れたのが、知らぬ顔の半兵衛だったなら……この「必殺商売人」がどれほど壮絶な物語になっていたことか。
 うわあ、書いただけで震えが来てしまった(^^;)


必殺商売人第10話「不況に新商売の倒産屋」

頼母子講の損金を取り戻すべく、何がなんでも裏の商売を成り立たせようと暗躍する悪どい主水(笑)と、それに結託する正八。「これ、仕事になったら、2人で山分けだよね」おせいと新次は仕事から外そうねと暗に言う正八に、「当たり前のこというなよ、おめえ」と、もう顔をクシャクシャにして笑い崩れる主水。この辺りのノリは、さすがに新仕置人チームの生き残りという感じで面白過ぎる(笑)。エンディングもこの2人の追っかけっこなのだから、今回は本当に「新必殺仕置人」の別エピソードみたいだ。
 しかし、筋立て自体は案外単純ではない。主水が頼み人と目した相手は結局……そして実質頼み人はいないまま段取りのみが進み、とうとう殺す相手からせしめた金が仕置料となる。
 要は、誰にも頼まれてもいないのに、金ほしさに商売をでっちあげたわけだ。
 打ち首になった男は、それは恨みは残していただろうが、別に頼まれてはいないし、主水も正八も全然気の毒に思っているわけでも、また憤りを感じているわけでもないのだ。
 このエピソードでは、間違いなく商売人は「恨みを晴らす正義の味方」などではない。金ほしさで人様の不幸に付け込んでいる悪党でしかないのだ。
 そう思って観ると、なかなかさらに面白いエピソードである。


A本さんじゃなくて・・・だれだっけ?

今日は人が殆どいなかったのと、仕事の半分は雑用(会社で出してくれるお昼を食べるのも仕事のうちで時給が発生する)だったのとで、とても気楽に仕事が出来ました。
いつもこんなんだったらいいのになぁw
実際には半年に1回しかないそうですが。

そんな今日は、東西線で前のバイト先の総務の眼鏡の女性に会いました。
とは言え、あちらはこちらに気付かずに通り過ぎて行ってしまいましたが。
こちらも名前を思い出せずにいるのでお互い様です。
辞めてから1年経ってるしね。
パッと見はお変わりないようで、電車の中を忙しそうに移動していたので恐らく仕事での外出だったのでしょう。
あそこの総務の人たちはある意味尊敬に値する人たちです。
私にはマネできないし、したいとも思わないけど。

必殺商売人第9話「非行の黒い館は蟻地獄」

主水以外の同心が出てくると、加害者側か被害者側かに当然ながら分かれるのだけど、今作ではなかなか「どっち」なのかが定まらなかった。どちらに転んでもおかしくない――そういうムードをもって描かれていたからだ。こんなところをルーティンワークでないと言えるのだろう。

 藤岡重慶も仕事人後期ではしょっちゅう出てきて毎回同じような悪党で同じようなキャラクターをやっていたが、この頃はまだパターンでない悪玉を演じさせてもらえていたようだ。こうでないとやはり観ていて面白くない。ああ、また藤岡重慶か、また牧冬吉かと、別にこの人達が大根役者なわけでもないのに、いつもいつもいつも同じ顔で同じような悪玉でしかないので、なんの驚きもドラマもなく、仕事人後期からは本当にほとんど惰性と小さな期待感で見続けていたようなものだ。
 藤岡重慶の「必殺」ベストは、決して「必殺まっしぐら!」の向島の元締ではなくて、「新必殺仕舞人」第10話「喧嘩も楽しい河内音頭」での粗野な親父じゃないかと思うのは、向島の元締には何のバックボーンのドラマもないが、後者にはそれがたっぷりと有った、だからドラマが濃密だった、そんなふうに思うからなのだ。

 この「非行の黒い館は蟻地獄」での藤岡重慶は、「喧嘩も楽しい河内音頭」には当然及ばないものの、のちのワンパターンな悪玉とは違い、ちゃんとしたキャラクターを持っていた。藤岡重慶の悪役がキャラクターを持っているだけで感銘を受けたというのも何だか淋しいが……(^^;)


昨日と今日

昨日は友人に誘われて九段下まで映画の試写会に行ってきました。

燃えよ!ピンポン!公式はこちら

誘われて了解してからどんなものか調べたのですが、カンフーサッカー(公式はこちら)系を面白いと思えなかった自分にこの映画を楽しめるのか心配でした。

…が、心配は杞憂に終わりました。
はじめは笑いを堪えていたのですが、周りがみんな声を出して笑っているので、私も声を出して笑っちゃいました。
字幕版だったのですが、字幕がかなり上手に作られていた感じがします。
笑いが欲しい人にはオススメな映画でした。
自分一人だったら間違いなくカンフーサッカーと同一視して映画館どころかテレビでも見ることはなかったと思うので、今回は素直に見てよかったと思えました。

…そして今日の初出勤に向けて実は昨日のうちから緊張してたのですが、この笑いで少し緊張が取れました。
なのでいろいろな意味で昨日は誘ってもらえて助かりました。

以下感想というかネタバレ。







・最初に出てきた子どもは女の子だと思いきや男の子だった。
・短パンの魔術師は短パンにならなかった。
・スーパーセクシーと言われるヒロインは本当にスーパーセクシーか?確かに露出度は高かったけど。
・気になった日本人はちょっとしか出てこなかった。
・そもそもピンポンでは何故短パンなのか。
・そしてジャーマンが夢に出てきたw




そんな楽しかった日の翌日である今日は初出勤でした。
10分前に会社に着くはずが、なぜか時間ギリギリになるというミステリー。
予定通りの電車に乗ったのに、初日から走る羽目になりました。
なので人事の人に「お待ちしてました!」なんて朝の挨拶をする前に言われちゃいましたw

仕事を教えてくれる人がすごく良い感じの人で助かりました。
1週間後にはいなくなっちゃうんですけど。
仕事内容は以前勤めていた人が丁寧なマニュアルを作ってくれたそうで、それがあれば何とかなるようです。
・・・何とかなればいいなぁ。

無職最後の日

明日が初出勤なので、とりあえず今日が無職最後の日です。
どれだけ仕事を続けられるかは分かりませんが(汗)

そんな今日は友人に誘われて映画の試写会に行ってきます。
待ち合わせが夕方なので、少し早めに出かけて洋服でも見てこようかと考え中。

では楽しんできます!

準備中

初出勤に向けていろいろと準備中です。
まずは着て行くものをと思っていたのですが、暖かくなったり涼しくなったりで普段着でも何を着たらよいのか状態なので諦めました。
とりあえず手元にある数枚のブラウス、ニット、カーデ、でなんとかなるでしょう。きっと。
パンツ、靴も最初のうちは今あるものでなんとかなりそうな感じです。
以前の仕事着とか靴とか、捨てないでよかった。
オーソドックスなタイプが好みでよかった。
流行に関係なく着られます。
(多少シルエットが違っても気にしない!)

私服でいい=なんでもいわけではない、というのが一番面倒くさいですね。
前のバイト先はTシャツでもよかったので、その辺はラクでした。
業務内容が違うから仕方がありませんが。

この歳にして初めてお茶出しという業務をやることになりそうです。
私はお茶出しも立派な仕事だと思いますが、やはり嫌がる人もいるようで「抵抗はありませんか?」と聞かれました。
なので「抵抗はありませんが、業務としてはやったことがりません」と答えました。
正しいマナーを知らないので、調べちゃったよ。

っつーか、未経験なので、何もかもが分からない状態なのですよ。
面接の時に正直に話したのですよ。
それで受かったのだからあちらも了解してくれているとは思うのですが、やはり不安ですね。
引き継ぎ一週間じゃ自分的には足りませんw
なんでも聞いていっぱいメモしするようにしなくては。

必殺商売人第8話「夢売ります手折り花」

冒頭から、ああ、今回も「映像美」が有ってくれてる……と、それだけでちょっと幸せになったりする(笑)。
 「仕事人IV」あたりから、あまり「映像美」というのは感じられなくなっていて、プロットやストーリー、キャラクター描写以外にも、「必殺」の魅力にはこの「映像美」もあると思っていたので、「商売人」での色遣いやらアングルやらにはなんだかやたら嬉しくなってしまう。

 今回はそれのみならず、ゲストたる北岡菊のキャラクターも、型に嵌まった「恨みを晴らしたい、復讐に凝り固まった女」とは異なっていた。ほとんど別時代劇のれっきとしたヒロインなみに造形され、セリフが編み出されていた。
 感情を抑え、寡黙に、しかし、相手に対して威圧となるセリフは端的に言い放つ。
 最初の、「恨み。」という一言でキャラクターはかちりとはまり、そのあとも安逸に崩れることがなかった。
「許しもしないし助けもしない。」「殺されはしません。私が殺すんです。」など、キャラクターがしっかりしているから生きてくるセリフだろう。

 他にも、この回では楽しめる部分が多かった。新シリーズ開幕時こそ、前作との橋渡しのように少しは触れられても、以降はまず語られることのない「昔話」。それがこの回では珍しく触れられていた。
 正八の、「俺だって元絵草子屋だよ」というセリフは、前作「新必殺仕置人」がそのまま息づいたセリフであり、やはり嬉しくなってしまう。

 正八メインの「煽り」というわけでもないだろうが、いきなりの「秀英尼いやいやいや~」には、あまりの唐突さにウケてしまった(笑)。鮎川いづみも、何でも屋の加代よりおねむのほうが面白いと思っていたが、秀英尼も面白いとは知らなかった(笑)。

 主水についても少し。
 おせい・新次がアジトから立ち去り、ひとり残ってこぼすように、「てめえらに信用されたって一文の得にもならねえや」とぽつりと言う。なんとなくこのときの主水に寂寥を感じた。仕業人の頃の主水なら出てこなかったセリフだろう。「新仕置人」の日々を過ごしてきてしまった主水だから、こぼれてしまったセリフ……そんなふうに感じられた。
 脚本家も監督も藤田まことも、そんなことは思っていなかったのだろうけれども。


必殺商売人第7話「嘘が真実かまことが嘘か」

大前田英五郎がいきなり出てきて驚く(笑)。ついこの前河内山宗春が出てきたばかりなのに、「必殺まっしぐら!」じゃあるまいし、という気がしたのも確か(^^;)。

 大前田英五郎と河内山宗春との知名度がどちらがどうかは知らないが、やはり私の知識はミステリからで、高木彬光の探偵役に大前田英五郎の子孫という触れ込みで大前田英策というのがいたのだ。
 そうでなければ最初からこの英五郎の悪を疑っただろうが、なにしろ大前田英策のご先祖様だから悪い奴のはずはないと確定させていた。いくら必殺でも、勝手に他作品のキャラクターを悪党にはしないだろう。
 と思っていたから頭を捻ってしまったが、単純に偽者とはね。そして今回もまた新次の偽者小作戦。やはりまだ今一つ、新次のキャラクターがはっきりしないままだ。

 脚本は中村勝行なので、ドラマ部分というより、難敵を如何に攻略するかに主眼があるわけだが、「仕業人」の「あんたこの五百両どう思う」の縮小劣化リメイクという感もあり、戸浦六宏も本物の大前田英五郎だったかどうか解らず、少しく中途半端さは感じるか。


お仕事

訳あってしばらくの間職探しをお休みしていたのですが、最近になってまた始めました。

先日「未経験者歓迎」の文字に惹かれて応募した、職探し復帰後第一号の某職場。
面接に行っただけで疲れてしまい、「もうダメだ」と思っていたら、なんと受かりました!!

パートだけど念のためと思って持っていったワードで打った職務経歴書が、見やすくて好印象だったらしいです。
面接を受けたときの印象がすごくマトモそうという至極当たり前のことだったんですが、前のバイト先とかその時に同時進行で受けた他の職場とか、当時違和感を感じたのは勘違いではなかったんだな、と思いました。

社会生活自体が久しぶりだし、仕事内容は未経験だしで、不安材料は多いのですが、とりあえずがんばってみたいと思います。

・・・まずは仕事着を確保しなくてはw

【今日までに読み終わった本】
小野不由美「図南の翼」
     「黄昏の岸 曉の天」
     「華胥の幽夢」
     「魔性の子」

市役所を騙る電話

「市役所の者なんですが、住民税のことで確認したいことがあるのですが」

という電話がかかってきました。

扶養者の人数を聞かれ、私の職の有無を聞かれ、旦那の勤務先は市外か聞かれ、この時点でアレ?と思ったのですが、さらに子供の有無を聞かれ、怪しさが増した時点で電話は終了となりました。

時間が経つに連れて「やっぱりおかしい」感が増えていくので、市役所に電話をして確認してみることにしました。

市役所からの回答は

・手続きの不備で電話をすることがあっても、そういう内容のことはこちらで分かることなので聞くことはない
・なのでまた電話があったら「かけ直す」と言って電話番号と名前を聞いて電話を切るように

とのことでした。

口座番号とか聞かれたらさすがにすぐに気付くのですが、そうでなかったので聞かれたことに関しては答えてしまいましたorz

近所の人だったら知っているであろうことしか聞かれなかったのは、不幸中の幸いなのだろうか。
ともかく今まで以上に個人情報の取り扱いやら防犯やらに気をつけたいと思います。

そうそう、我が家は電話帳に載せていないし電話口でも名乗らなかったのに、相手はウチの名前を分かっていました。
怖いねー((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ホワイト1瓶終了

「命の母ホワイト」が1瓶終了したので、感想など。
女性にしか分からないであろうことも書きますので、苦手な方は申し訳ありませんが引き返してください。


↓ 
↓ 
↓ 












では。

飲んでみて最初に感じたのは、「命の母A」よりもキツイ、というとです。
飲むと毎回胃が痛くなる。
なので1回4錠のところを3錠に減らして飲んでます。

飲み始めたのは高温期の悪寒、発熱、情緒不安を何とかしたかったからなんですが、情緒不安については効果があった気がします(今回は泣かなかったし、イライラも少なかった)が、悪寒と発熱についてはあまり変わりませんでした。
あと、高温期がバラバラになりやすいのでこれも改善されたらいいなと思っていたのですが、変わりませんでした。

生理痛に関しては「命の母」以外にも以前からやっていることがあって、それらの相乗効果なのか、ここ1年ほどは落ち着いています。
一時期「痛み止め+ズボン下+カイロ」でも効果がなかったのがウソのようです。
ちなみに量は変わっていません。

1瓶目の感想は以上です。
飲み続けたらもっと効果があるのかもしれないので、もうしばらく飲み続けようと思います。
生理で悩んでいる人は、病院へ行くのはもちろんですが、これを飲んでみるのもいいかもしれません。
あとは基礎体温もしっかり計って、基礎体温と体調の関係を把握するのも大事だと思います。

洗濯機の点検

洗濯機のチェックが終わりました。
問題が発覚→無料点検の実施なわけですが、5年で3回ってどれだけ~?って感じです。
ま、壊れる前にチェックしてくれるのは助かるので良しとしましょう。

今までは技師さん1人で来ていたのが、今回は監督っぽい人と2人でした。
さすがにメーカー側も危機感を感じているようです。
で、「今までと同じチェックをします」と言われたのですが、今までよりも丁寧にやっていました。
時々脱水に時間がかかっていたのですが、あちらが気付いてくれ直してくれたようです。

チェックが終わって動作確認をしていたら、監督っぽい人が排水口からのうっすらとした水漏れに気付いてくれました。
実はずっと排水口の掃除をしたかったのですが、排水口の蓋の開け方が分からず放置していたらゴミがたまってしまったようです。
なのでついでに蓋のはずし方を教えてもらい、排水口の掃除をしてもらってしまいました(恥)
ってか、今朝も洗濯したのに水漏れに気付かなかった私は一体・・・(汗)

なので今回は非常にいいタイミングでいい人が来てくれてとても助かりました。
これがなかったら近いうちに洗面所が排水で溢れていたことでしょう((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

床掃除

明日は洗濯機のチェックにメーカーの人がやってきます。
そんなわけで洗面所の大掃除開始。

洗面所の床ってふだん掃除をしていてもだんだん黒ずんできませんか?
で、雑巾でこすってもなかなか落ちなかったり。
(ってウチだけだったらどうしよう/汗)
それをなんとかしようと思って、まず手に取ったのは古歯ブラシ。
これで凹の汚れをかき出す作戦です。

・・・考えは悪くなかったのですが、キリがないっ!
途方にくれていると目に入ったのはおニューのお風呂洗い用ブラシ。
ためしにこれを使ってみたら、あっという間にキレイになりました。
どうしてもっと早く気付かなかったんだろと思えるくらい、ラクにキレイにすることができました。

ただ、パッと見は大丈夫そうなんですが、細かい傷が床に付いていそうな気がします。
人が来るときだけの非常手段にしておこうかと思いますw

必殺商売人 第5話・第6話

第5話 空桶で唄う女の怨みうた
カラオケの江戸版が出てくるのかと思ったが、特にそんなこともなく、まあ正八はシラケ鳥の歌を唄っていたけれど。
 どうも新次のキャラクターがはっきりしない。下手をすると夜鶴の銀平と大差なくないか?(^^;)
 旋風編の頃より主水がしっかりと芝居をしている分、ドラマ全体としては弛緩していないが、あまり盛り上がらないのはやはり商売人側のキャラクターが弱いためか?

第6話 手折られ花は恨み花
おせいに踊りを習っていると死に易そうで危ない……というのは冗談としても、被害者率はすこぶる高そうだ。
冒頭から子供が出てきて、お涙頂戴になるかと危ぶんだが、むしろドラマ性を際立たせていた。
 己代松がいればまた違った展開だったかもしれないが、主水・正八にとっても、商売ではなく仕置という感情を起こさせるのに十分だったろう。
 仕置の場面も、珍しく全員で同一場所で、しかもとどめのシーンは画面三分割という凝ったものだった。やはりルーティンでない仕事ぶりはいいものだ。


必殺商売人 第3話・第4話

第3話「むかし夫婦いま他人」
野上龍雄の骨太の脚本。おせい・新次の四年前の失態と、危うくプロにあるまじき間違い殺人をやりかけてしまう主水。
 のちの「新必殺仕事人」でも、主水・秀・加代とおりく・勇次の不信対立構図はあったが、この「必殺商売人」のほうが色濃いかなという感じがする。

第4話「お上が認めた商売人」
ああ、これが話には聞いたキリモチの話かーと思いつつ。
 途中、おせいを呼び出す「丑松の親分」というのが何者?と思ったのだけど、暗闇の丑松だったのね。
 疎くない人なら河内山宗俊というだけでピンときているのだろうけど、私には都筑道夫の物部太郎・片岡直次郎コンビの「朱漆の壁に血がしたたる」で名前を読み知った程度。
 もっとも、以前宮内洋が暗闇の丑松を演じたドラマをチラリと見たので、画面には出てこない丑松を宮内洋だと想って観るのは面白かった(笑)。
 この回では、単に殺しての仕置ではなく、陥れ斬首に持っていくのが、久しぶり、という感じで楽しめた。
 それにしても、最後のドタバタもあまりに変(笑)。この回はいったいどういう演出意図なのかね?


全自動百科事典

img3.jpg


img2.jpg


似顔絵、似てますか?
もちろん私が描いたわけではありませんがw
こちらからもらってきました。
1枚目は「ピン クル」、2枚目は本名です。

http://crocro.com/auto_nigaoe/index.cgi

さて、突然ですが私の生涯をば。


生涯

生い立ち
学生時代、ピンクルはかなりマッシブな方向へとシフトしたことで世間に知られるようになった。その後、ピンクルはことでも注目されるようになり、現在に至る。


世間への登場
ルミックスの分野で活躍し、世間での注目を集める。


ピンクルとルミックスの関係
学者らの研究によれば、ピンクルがルミックスの分野で活躍した時期、ピンクルは歯ブラシや楽天市場について強い関心を示していたことが分かっている。また、ピンクルはルミックスと合わせた形で多く話題に上った。当時の人々の代表的な発言は「特別価格である」であり、この言葉はピンクルという人物を考える上でとても重要である。

以下は、ピンクルについて語られた言葉として有名なものである。以下、人々の心を捉えるピンクルという人物が如何なるものかを知る手掛かりとして挙げておく。

・スヌーピーのスクールバス型のハブラシスタンドである。
・カバンに常備していても、苦にならないサイズと形のハブラシセットである。
・定期借地権といえば郊外型はディスプレー部を外し、プレーヤー部を付属の専用スタンドに立てて家庭用テレビに接続して楽しむ。


現在インターネット上ではピンクルとルミックスについて議論されているWebページの数は245件である。この数から、現在はピンクルとルミックスについての関心は薄れつつあると言えるだろう。

だそうですw

http://crocro.com/auto_pedia/

興味ある方はどうぞ。

【今日までに読み終わった本】
小野不由美「月の影 影の海」  
     「風の海 迷宮の岸」
     「東の海神 西の滄海」
     「風の万里 黎明の空」

丸美さんニュース

「ブッキング版夢館」に 人 物 相 関 図 が収録されることが決まったそうです。←ウイちゃんちより。

人物相関図といえば、今は幻となってしまったななぞうさんの素晴らしいものがありましたが、それを見た人も見ていない人も欲しがっているものではないでしょうか。
私は見た派ですが、やはり欲しいですw
もしななぞうさんのものが手元にあったとしても、そのままだとななぞうさんに権利があると思うので、たぶん異なるものになるんでしょうね。

人物相関図が手に入るとなれば、次に気になるのが「館の見取り図」でしょうか。
これもななぞうさんが作ってくれていた記憶があります。
これは特典に期待しようかなw
私は言うだけの立場なので、思いつきで言ってます。
スミマセンw

というわけでマルミストの皆さん、楽しみが増えましたよ!

らぶれたー

嬉し恥ずかし、ラブレターをもらいました。


ピンクルちゃんへ

急にこんな手紙なんか渡しちゃってビックリしたよな。
実は初めて会ったあの日からずっと伝えたい気持ちがあるから、勇気を振り絞って書くな!
初めてピンクルちゃんと出会ったビルの屋上での事、まだ覚えてる?
大事にしてたはずのロッドをうっかり落としちゃって困ってる俺を見かけて、一緒に探すの手伝ってくれて、すごく嬉しかったんだ。
あの時はさ、緊張しちゃって素っ気ないお礼しか言えなかったけど、あの時から俺、ピンクルちゃんの事が気になっちゃって・・・。
ピンクルちゃんがW良太郎の事が好きだって事はジークから聞いてて知ってるけど、俺の気持ちをどうしても伝えておきたくて・・・。
こんな俺だけど・・・付き合って欲しい!
無理なお願いかもしんないけど、もっともっと頑張って魅力的になるから。
3月8日の18時に遊園地で待ってるから返事聞かせ欲しい。

リュウタロスより


本名版。


(本名)ちゃん

(本名)ちゃんに初めて会ったのはミルクディッパーだったね。
あの時は一目ぼれでした。
(本名)ちゃんのその笑顔に本気でほれちゃったんだ。
今までで3回告白したんだよね。。。
でも、その度に振られちゃってさ・・・。タイミングが悪いんだよなぁ俺・・・。
俺が凄く忙しくて困ってる時にかけてくれる優しい一言、体調が悪くて苦しい時に心配してくれる心・・・。
あきらめようと思っても(本名)ちゃんのこと本気で好きになっちゃうんだ。
K良太郎や三浦が、(本名)ちゃんの事を好きだって聞いちゃって、取られなくないって思って4度目の告白。。。
さすがにしつこいって思ってるよな。。。
でもいいんだ。
俺は(本名)ちゃんの事を想い続けてるよ。
(本名)ちゃんにもらった、アックスがいつまでも俺の宝物。
いつか俺に振り向いてくれる時がきてくれると信じてる。

ウラタロス


きゃぁ、モテモテで困っちゃうわw

まみからもらってきました。
電王好きな方はどうぞ。
http://yan-cocktail.sakura.ne.jp/love/226/

ひなあられ

いつもは蛤のお吸い物くらいは作るのですが、今年のお雛様はそれもナシで本当に何もしませんでした。
1人でこっそりケーキでも買って食べればよかった。

で。
ひなあられが関東と関西では違うらしいということを初めて知りました。

関東→米粒大で甘い。米を爆(は)ぜて作ったポン菓子を砂糖などで味付けしたもの。
関西→直径1センチ程度の大きさがあり、しょう油や塩味など。餅からできており、いわゆるあられ。

詳細はこちら

私の中では甘いのが常識だったので驚いたのですが、記事を読み進めてみると「東海や北陸では両方売っている場合も多く」とあり、「東海出身なのになかったよ!」と思っていたのですが、よくよく思いだしてみると両方食べた記憶があります。
たぶん甘い方が好みだったのと、しょっぱい方は普通のお煎餅やあられと勘違いしていたのだと思います。

これでなぜか思いだしたのが、寮生時代に「麩菓子は茶色」と知って驚いたこと。
実家の方では麩菓子はパステルピンクや黄色が普通だったので。
で、次の長期休暇にわざわざ地元から買ってきたw
もちろんボロボロになりましたがw

追記:調べてみたら、パステルピンクの麩菓子は「さくら棒」というものらしいです。
長さが20~30センチが普通らしいのですが、私が知っているのは普通の麩菓子と同じ長さのものです。

詳細はこちら
画像はこちら

今さらですが私、こういう地域の違いを感じる話が大好きです。
バレバレだと思いますがw

丸美さんニュース

札幌で行われた丸美さんの講座が、無事に2回とも終わられたようです。
講座の内容、レポートなどはウイちゃんちへどうぞ。←丸投げw

そして、5月にまたも札幌で

「佐々木丸美復刊完結記念展 が開催決定!!!!!!!」

のうようです。

イベントの内容は

**********************

(↓ブッキングさんより)←ウイちゃんちよりw

<佐々木丸美コレクション>完結記念 佐々木丸美展(仮)

●日時:2008年5月9日(金)~15日(木)/10:00~19:00(最終日は18:00まで)
●場所:紀伊國屋書店 札幌本店 2Fギャラリー
(札幌市中央区北5条西5-7(JR「札幌」駅南口、地下鉄「札幌」駅より徒歩1分))

●開催概要
北海道を舞台にした独特の作品世界で読者を魅了し、惜しまれながらも逝去した作家・佐々木丸美。ブッキングでは読者から多数のリクエストを受けて、一度は絶版となった佐々木丸美の著書・全18冊を〈佐々木丸美コレクション〉として刊行開始、2008年4月をもって全18巻の刊行が終了します。
これを記念し、本イベントでは佐々木丸美が歩んだ人生を振り返るとともに、その作品世界の魅力を紹介します。

●展示内容
 ・佐々木丸美の直筆原稿&創作ノート
 ・味戸ケイコのカバーイラスト原画
 ・佐々木丸美関連の新聞記事スクラップ

  ……など。札幌市内の高校生による朗読会も開催予定!

**********************

だそうです。

期間中は北海道に移住して日参する予定です。







・・・できませんが。゚(゚´Д`゚)゚。

殺しのリハーサル

劇作家アレックスは舞台初日に婚約者で女優のモニカが落ち着かないのを気にかける。しかし、その晩モニカは遺体となって発見される。自殺と判断した警察に他殺の可能性を訴えたアレックスは、一年後3人の俳優と監督、それに当時のプロデューサーに新作の打ち合わせと称して舞台に呼び出す。彼らに渡されたのは劇中劇の脚本、今からこの作品のリハーサルを始めるという。アレックスはあの晩の出来事を再現し、真犯人を見つけるつもりだった!意図に気づいた5人が引き上げようとした時、刑事マッカロイが現れる。「刑事コロンボ」の生みの親で脚本と制作を担当したリチャード・レビンソン&ウィリアム・リンクが挑むもう一人のコロンボ。ドンデン返しの結末をあなたは果たして見破る事が出来るだろうか?



ずっと観てみたかった幻の傑作……とのことだったけれども、事前にあちこちのブログやらで情報を囓ってしまったのは失敗だった。よくやる失敗ではあるんだよね(泣)。

というわけで、以下は追記にて。同じ思いをする人が増えないように。
未見の人は以下を読んでは、いけません。

続きを読む

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター