必殺渡し人

リアルタイムでチラチラ見たくらいで、ビデオ化された最終回以外はちゃんと鑑賞したことがなかったかもしれない。どうしても、当時夕方から再放送中だった旧作の方に目を引かれて、あまり熱心に見ようという感じにもならなかったのだ。

 中村雅俊の持ち味を活かしていないなあというのは、今回きちんと見直してみてもあまり変わらない。だがそれよりもやはり、高峰三枝子が全く魅力的でない。捨三がそこそこ頑張っているのに(しかし、仕置の際の指のポーズなどは故意にかもしれないが念仏の鉄そのままで、独自の工夫がなく、その結果、ただの劣化コピーだと見える。大吉1号や鉄にあった迫力がないのだ。その点で、明らかなくらい鉄の縮小版だった壱にも負けてしまっている)、高峰三枝子は「裏」でいるときが「表」となんら変わるところがない。ダークな部分がなく、ただの勧善懲悪の存在と同じに見えてしまうのだ。

 結果として、この「渡し人」は、他のどのシリーズと比べても、最も一般時代劇と近くなった気がする。いや、「激突!」もかなりそんなだったが、これは時間帯もそうだし、ビデオ撮りということもあった。「渡し人」は、やはり異色の『時代劇必殺』だった――のか?
 演技陣はかなり頑張っているので、今一歩物語自体の深さが薄手だったのが残念。

 途中からスーパー1が出なくなって、演技力の問題かとずっと思っていたのだが、案外そうでもなかった。金銀の共演も見てみたかったな。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター