健康診断は大事・子宮頸がん検診の場合

自分メモも含めて。
長文です。
露骨な表現があるかもしれないので苦手な人は気をつけて。


ここ数年毎年健康診断を受けていましたが、今年は子宮頸がん検診の精密検査を受けた方がいいという結果が出ました。

 「ASC-US」 

そりゃもうググりまくりですよ。
で、ググった結果、ASC-USとは意義はわからないが形の少し変わった細胞がいるよ、ということ、そして子宮頸がんはそんなに心配する病気ではないこと(勿論放置はダメ)が分かりました。

普段のかかりつけの病院に行ったらそこでは検査は自費になってしまうと言うので他の病院に問い合わせたら「検査はもう一杯だから大きい病院に行った方が良い」と言われ、大きい病院といえばお世話になったことあるじゃん、ということでバセドウの時にお世話になっていた病院に電話。
そしたら「それは婦人科ですかねぇ?紹介状の封筒にはなんて書いてあるんですか?」と何度も言われ紹介状の封筒に書いてあることを読み上げても「えー?それって婦人科ですかねぇ?」の繰り返し。
勿論子宮頸がん検診の精密検査だとは伝えてあるのにこれ以上私にどうしろと。
結局病院側から私の市の保健所へ電話し、保健所から私に電話が来て「個人情報なので病院にこちらから言えないんですが」と言われ「いえ、自分でちゃんと伝えたんですけどあちらが何が分からないのか分からなくて」と答えたら「あ、ご自分で伝えられたならこちらからも話すことができるのでもう一度話してみます」と言ってくれてしばらくした後ようやく予約が取れました。
その時点でもまだ「婦人科でいいんですかねぇ?」と言っていましたが。

精密検査は

・HPV検査(子宮頸がんを誘発するHPVウイルスの感染の有無を調べる検査)←やらなかった。やるやらないは医師次第と思われる。

・コルポ診(拡大鏡で子宮頸部を観察する検査) 酢酸溶液をかけるので少ししみる。器具でめいっぱい膣を広げるので少し痛い。

・組織診(病変と思われるところを中心に数か所を採取) 激痛を伴う人もいるらしいが私は少し違和感がある程度だった。

で、組織診後はタンポンという名のガーゼを詰めこまれ当日はシャワーのみで出血は2~3日で止まるけど生理2日目くらいの量が出たら病院へ、と言われました。
このタンポンという名のガーゼ、入れられる時も痛かったけど抜く時も痛かった。
市販のタンポン(昔の記憶しかないけど)の素晴らしさを実感しましたw
量自体は少なかったので問題ないかと思っていたらある日量が増えたので驚いたのだけど下腹部痛を感じたので排卵出血と重なったんだと判断して放置したらまた量が減った。
6日目くらいに一気に量が増えて病院!と思ったけどトイレで観察してみたらどうやらかさぶたが取れた様子。
その後さらに量が減って結局一週間出血が続いた。
検査が終わって帰宅してみたらお腹が妙にパンパンだし気持ち悪いしで、これはなんだろうと思ったけど一週間くらいで治ったのでお腹の中を少しとは言え切ったのだから仕方がないと思うことにしました。
仕方がないのだけどゴムとかの締め付けがダメではけるものがなくて困りました。(ここでマタニティパンツ(産前産後用)ならいいんじゃね?と思いつくが買わずじまい)

さて結果です。
だいたい一週間くらいで出るようです。

組織診 NILM(陰性)

病理診 CIN-1(過性感染の可能性が高い)

このCIN-1というのは

正常→軽度異形成(CIN1)→中等度異形成(CIN2)→高度異形成(CIN3)→上皮内癌(これもCIN3)→微小浸潤癌→浸潤癌

ということで限りなく正常に近いけどでも正常じゃないと言うことらしいです。
これは自然に治ることも多いみたいなので経過観察で済むようです。
次は三か月後にまたコルポ達をやるそうです。
お金もかかるしお腹は不快だけど仕方がありません。
1年くらいで自然に治ってくれるといいなぁ。

というわけでみんな健康診断に行ってくださいね!
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター