「必殺仕事人V激闘編」から、3本です

#9 せん、むこ殿をイビる
 基本的には不可のない脚本だと思うし、カメラワークというのかしら、それも案外面白かったんですよね。
 枠にはまったドラマでもなかったし。
 ただ、やっぱり何が足りないかって、レギュラーメンバー側のからみというかドラマというか。。。
 考えてみれば、今さらもう主水については語るべきドラマがなかったのかなあ。。。
 でも、それは「仕置人」当時からだって、そんなに時間使って描いてたわけじゃないし。。。ちょっとしたキャラクター同士のからみや会話、独り言や表情。。。そういったもので描いてきてたんじゃあ、ないのかなあ。。。
 ゲストにしても、「仕置人」1話での今出川西紀(依頼人)の唇片側かみしめ引きつり表情。あそこまで魅せろとは言わないけど。。。
 この1話が最終回でも惜しくはない、、、というほどの緊張感。それが昔はみなぎっていたかも。。。
 青臭いほどの緊張感。うん、それがなんだか今ひとつなのかなあ。。。

#10 主水雀の丸焼きを食べる
 なんちゅうタイトルじゃ(^^;と思って見たんだけど、ファースト仕事人後半くらいの密度はあった。。。
 今回については、ゲストの加害者役はなかなかよかった(^^;。
 今1歩、仕事人たちの内面がうかがえる演出があったらなあ。。。
 そして。やっぱり残念ながら主水が年をとっちゃったなあ、、、という気がした。
 そして。
 エンディングは「主水雀の丸焼きをかじる」というギャグで終わっていたんだけど、一体依頼人の母子はどうしたんだろう。そういった辺り、ギャグなんかしてないできっちり描いてくれないかなあ。。。
 というわけで、記憶の中で思っていたより激闘編は佳作があるのですが、ツメが甘いというか今ひとつやはり緊張感が描けているのでした、私的には。。。

#20 主水、健康診断にひっかかる
 しょっぱな、しばらく壱と参が出ずっぱりで、主水なんてずっと出なくて、なかなか面白かった(爆)。
 後もう1歩、踏み込みが深ければ、保存版だったかも。。。
 でも、いよいよ、主水の仕置がトリになってバラードになって来ちゃったよー(^^;。
 ところで、壱の仕置シーンはなかなか映像的にも凝ってるときが多くて、案外ビックリ。
 旧仕置人の鉄の仕置を彷彿とさせる演出の時すらあったよー。(旧仕置2話のワープ鉄(笑)、これ好きなんだー(笑))


スポンサーサイト

ワープ鉄

私はたぶん、仕事人シリーズも終わりかけなくらいになって、やっと最初の「仕置人」を見られたんだったと思うんですよ。リアルタイムには間に合わなかったし、再放送はちょうど「仕留人」から主水シリーズを順にやっているところからだったので、最初の「仕置人」の再放送を見ることができたのは、ずーーーーーっと後のことだったんです。
で、「仕事人IV」をやっているか、やり始めるかというところで、TVの特番で「これまでの必殺を振り返る」というバラエティの特集があって、その中で「仕置人」の映像がチラリと映って、そこで主水の初登場シーンを見たんですよ。「八丁堀だよ」と半次がおひろめしてて、そこにのっそりと現れる主水のシーン・・・
 「若ッ!!」
私にとっては「商売人」の主水が初期設定だったので、「仕留人」でも十分若かったんですけどね、この初登場主水をはじめて見たときの衝撃は大きかったです(笑)。

「ワープ鉄」と名付けて愛玩している(笑)シーンは、仕置人第2話「牢屋で残す血の願い」の仕置シーンで、悪党におんぶおばけさながら飛び乗る直前の鉄がフラッシュ効果でパッ、パッ、パッとなるシーンのことです←なんのことやら(笑)。

私が仕置人主水で一番「うわっ」と思ったのは、「罪を憎んで人憎む」のオープニングで、鉄やおきんと一緒になって米倉を襲撃しているのを目撃したときでした(笑)

「牢屋で残す血の願い」は、悲しみのテーマの使い方も素晴らしくて、仕事人の左門おでん屋編以降がなんでもないところでやたらバラード調の音楽を流したてるのが、どうしても馴染めないのでした。

一番好きな回というのは難しいのですが、録画して保存しておくことを決意するに至ったのは新仕置人の「愛情無用」を見終わった瞬間でした。それで次の回からは録画を始めたのですが・・・その、「次の回」というのはすでに新仕置人の最終回だったのです・・・
主水ファン必見(最終回を除く)も難しいですね(笑)。「仕置屋稼業」の第1話は、「仕留人」最終話からの連続編として見逃せないのは確かです。そしてもちろん、「新仕置人」の「裏切無用」。
仕事人以降からセレクトするなら、「新仕事人」の「主水娘と同居する」。
そして、劇場版の「裏か表か」。
パッと出てくるのは、こんなところでしょうかしらん?(^^)

やはり「必殺」の基本はTVシリーズだと思いますね。まあこれは、「必殺」に限らず、「スタートレック」なんかもそうなんですが。

TVスペシャルでは、個人的には第1作「恐怖の大仕事」と第2作「仕事人大集合」は見るべき所があります。前者は西郷輝彦演じた「幻の仕事人」矢島仙十郎のキャラクターが秀逸です。後者ではなにしろ棺桶の錠の再登場というのがありますからね。それ以降のスペシャルは、どんどんバラエティ色が・・・

映画は、やはり第3作「裏か表か」はダントツです。これは主水が主水らしい姿を見せた最後の場面だと思っています。
映画については、最初の「仕掛人」の頃に数本作られていましたが、「仕事人IV」の頃から続々と作られるようになりました。スペシャルも「仕事人」以降ですが、一度TVのレギュラー放送が終了してから毎年作られるようになったのですが、、、出来はファンが満足するものではなかったと思われます。
やはりとにかく、TVが原点だというのは間違いないですね(笑)。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター