新必殺仕置人第37話「生命無用」第38話「迷信無用」第39話「流行無用」

第37話「生命無用」
高峰圭二が恒例のような馬鹿青年を演じるが、珍しく(?)同時に被害者側も兼ねている。いかにも時代劇に相応しい父子人情ものにもなっているが、やはり新仕置人チームそれぞれが加害者・被害者側に絡んでいくドラマ進行がきっちりしていて楽しめる。
 また、「次の寅の日まで待てないので、おまえに頼む」として、死神を通じて虎から直接鉄に仕置の依頼が来るところが、どれほど虎が鉄チームへの信頼度を高めているかが判り、不思議なスリルを産む。ビジネスライクな「寅の会」がその鉄の掟を自ら崩していっていることになるからだ。。。

第38話「迷信無用」
何でも屋の加代こと鮎川いづみが被害者役で出演。迷信を利用した罠に落ちて翻弄され、滅びていく哀しい女という役柄だが、どうものちのちのちの加代の印象が強くて、哀れに見えない(^^;。
 話としてもあまり印象には残らない。丙午の女という言い方だけは記憶に残りそう。

第39話「流行無用」
これもどうも印象に残りにくい一本。インパクトがないというところか。新仕置人チームは頑張った芝居を続けてくれているのだが、ゲストが加害者も被害者も印象薄い感じ。しかし、この次の回が「愛情無用」で、そしてそのまま「解散無用」に雪崩れ込むのだから、このくらいの淡泊さが寧ろ救いとも言えたかもしれない。。。

 
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター