スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌野晶午「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」

舞田歳三は浜倉中央署の刑事だ。仕事帰りに兄・理一の家によって、小学五年生になる姪のひとみの相手をし、ビールを飲むのを楽しみにしている。難事件の捜査の合間を縫ってひとみをかわいがる歳三だが、彼女のふとした言動が事件解決のヒントになったりもして…。多彩な作風で知られる歌野晶午が、ちょっと生意気でかわいらしい少女と、本格ミステリらしい難事件を巧みに描く。刑事×難事件×おしゃまな11歳=歌野晶午流「ゆるミス」。軽やかに登場。

【目次】
黒こげおばあさん、殺したのはだあれ?/金、銀、ダイヤモンド、ザックザク/いいおじさん、わるいおじさん/いいおじさん?わるいおじさん?/トカゲは見ていた知っていた/そのひとみに映るもの


 タイトルには偽りあり。決して、舞田ひとみ、11歳が、名探偵役なわけではない。
 探偵役は、彼女の叔父の刑事である。この刑事には、特段の個性付けは見られない。また、連作の1つ1つの事件にも、それほどの不可解性等はない(尤も、「なぜ?」興味は割りとそそられるところはある)。

 ミステリとして決して不出来ではなく、よい出来なのだが、小説としては探偵役に魅力がなく云々……と言いたくなり、もしこれがシリーズものなら次は読まないかもというところ……のはずなのだが、意外に面白いのは、探偵役でもなく、第1話はともかくサジェスチョンを与える役回りとも必ずしも言えない「舞田ひとみ、11歳」なのだ。その意味では、このタイトルは後半はともかく、かなり「かくあるべき」タイトルだったかもしれない。

 そして、やはりその舞田ひとみに係る全体を通しての1つの伏線には、せっせと前のページを読み返すことになった。
 面白いミステリを読んだなあと、感慨をもって読み終えることができたのだ。
 やはり歌野晶午の1冊ものはヒット率が高い。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。