スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米澤穂信「愚者のエンドロール」

「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか? その方法は? だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。

古典部シリーズ2。


アントニイ・バークリー「毒入りチョコレート事件」だということだけど、読み終えてみるとやっぱりアイザック・アシモフ「黒後家蜘蛛の会」のような気もする。

1作目、「氷菓」同様、やはり千反田が好きだ。ありきたりのキャラクターといえば全くその通りで、別に反論する気もないのだが、1作目という今回といい、そのキャラが作品の成り立ちに貢献しているのだ。今回は、伏線伏線がパチパチ嵌っていっていたけれど(パシパシというほどには鮮やかではない)、読み終えて思い出すのは、やはり千反田の最後の科白なのだから。そして、だから千反田はミステリーを読まなくなったのだなと自然に思える。主人公本人は、都筑道夫「物部太郎・片岡直次郎」シリーズの物部太郎の末裔の域をまだ出てはないけれど。

と、あちこちわざと本歌取りならぬリンク張りにして書いてみたりもしてみたのでした。

   
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。