新必殺仕置人第15話「密告無用」

この話自体はありふれたもので、悪い男が女を食い物にする、事情を知った巳代松が憤って恨みを晴らす。巳代松ものの王道パターンである(笑)。
 この話で語り草となるのが、おでん屋で一杯やりながら、念仏の鉄が巳代松に話す心情だ(ちなみに、おでん屋のおやじは鉄に殴り倒されて悶絶中。ことほど左様に仕置人は「正義の味方」なんぞではないのである)。

 自分のドジに愛想が尽きた。最低だ。足を洗うことにする……そう述懐した巳代松に、鉄が言う。

 「なぁ、松……俺が殺しをやってるのはよぉ……。銭のためとか。人情のためとか。悪い野郎を裁くとか。そんなお前、安物の絵双紙に出てくるようなことじゃないんだよ。そんなことで人間が殺せるかい、ばかばかしい。殺しは殺しだい……この癖はなかなかやめられねえぞ、なぁ、松」

 そして、うれしそうにニタリと笑うのだ。

 のちの「仕事人」なら、「おまんま食うため」「銭のため」と偽悪的に嘯くところだ。あるいは、「正義の味方、神様だみたいに思い上がってしまわないための重し」。この言い方は、これで結構「正義の味方」になってしまっている気がする。果ては、三味線屋勇次のセリフ、「銭を貰わなけりゃ、ただの人殺しだぜ」になってくる。はっきり言って、銭を貰ったってただの人殺しです。

 偽善も偽悪もない、けれど下劣でも外道でもない、そんな仕置人たちの物語が、この「新必殺仕置人」なのだ。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター