スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」から ザ・ワールドの謎3

 もう一度、考え直してみよう。

 ディオの手にある磁石の磁力で、「止まっているはず」の磁石が動く。

 ディオが、あるいはザ・ワールドが触れると、「止まっているはず」の波紋が流れる。(時の止まった世界であるにも関わらずディオは、波紋入りのハーミット・パープルを体に巻きつけたジョジョに触れるのは避けた)

 ディオが投げたナイフがほぼ直後に近く空中で停止する。

 切断されたハイエロファントの「結界」は、「もし」完全に「時が止まって」いるのなら「切れた位置のまま固定されているはず」なのに、絵で見る限り、いったん「勢い」で移動した後に停止している。 もっとはっきりと、花京院がワールドの手で腹に風穴をあけられたとき、彼の血が背中から吹き出して、のち、停止している。それどころか、ディオに突き飛ばされた男が後ろの椅子などにぶつかったときに「ドン!と音がしている」!

 ここまでに共通するのは、やはりディオという存在、あるいはザ・ワールドという存在が「触れた」ものはその間、そして少しの間は「時間が生きて」いるということでしょう。

 しかし、さらによくよく読んでみると、

 ディオによって破裂させられた「猫の破片」がジュースの中に落ちている。

 ディオの「突き飛ばし」によって或る男の持っていたフォークが女性の頬に突き刺さり、「血がほとばしっている」。

 など、直接ディオが接触していなくても「時が正常に流れているときと同様の現象」が生じています。これから考えれば、むしろ磁石がその機能を発揮していたのは当然のことになってしまいます。これは、「時が止まった」というより、「全てのものがその動きを停止した」と言った方が近いのじゃないかと思えます。人間・その他の生物、機械類・その他の物体などが、一斉に「カット!」という感じで動きを止めたような。

 でも、光や音が「ある」以上、そういったものは「止まっていない」。よって、「磁力」も「働いている」。

 重力については、重力だけが働いていないというより、重力はちゃんと働いているのだが、それに惹かれて動いたり落ちたりする「物体の方が」「止まってしまうことになる」のではないでしょうか。

 ああっ、どんどん難しくなっていくっ。いったん休み。(つづく。と思うけれど未定)

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。