スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人V風雲竜虎編

さて、必殺仕事人Vの第4弾・風雲竜虎編。
政・竜登場のファーストV(変な表現だ)が自分としては最も印象が薄いというのは前に書いたけれど、第2弾「激闘編」は政が花屋から鍛冶屋に転職したことよりも「助っ人仕事人」の参や壱の印象が強かった。第3弾「旋風編」は新加入の夜鶴の銀平のあまりの空気ぶりに政が目立つかと思いきや、それほどのこともなく、むしろ戻ってきた順之助の「せっかく殺し担当に復帰できたのに、それかい」という悲しみが胸にあふれた。
あっという間に「旋風編」が終わって(いきなり終わってタイトルが「風雲竜虎編」に変わっていて本当にびっくりした。このときの驚きばかりはaoiさんには味わってはいただけない(笑))、OP・ED・仕置のテーマまで含めてそのまんまの「風雲竜虎編」が始まった。唯一、銀平と順之助の代わりに三浦友和が加入するというマイナーチェンジで。

三浦友和かぁ・・・というのが正直な印象であり。だって、三浦友和というのはどうしても山口百恵の相手役という位置づけでしか記憶にもなくて。どんな俳優ということもピンとも来なかったのだ。
むしろ、OPで、「旋風編」では順之助と一緒にボーッと突っ立ってるだけという感じだった便利屋お玉が、今回は悲壮感を漂わせながら「ぶった斬り」を見せている。そっちの方が何となく「おや?」と思わせるくらいの・・・

そして始まった本編。
主水の政に対する「銀平のことはもう忘れろ」。(順之助のことは? という微かな疑問(笑))
ファーストVで竜と一緒に登場したときの生意気な若い新人仕事人という感じは、すでに政にはない。「激闘編」や「裏か表か」を通過して、いつの間にか寡黙さを身につけ、雰囲気も暗くなっている。「旋風編」第1話でもそういう登場の仕方ではあったが、これはスカイライダーからさほど間をおかないファーストVの時期とは演じる村上弘明の成長も当然あったことだろう。

そして、お玉が連れ帰った三浦友和演じる、かげろうの影太郎。まだ、この第1話ではそれほどの魅力は顕れてはいない。けれど、「私」という一人称、変に暗さや影をひけらかさないキャラクターは続く第2話で確かに「この仕事人は違うやつだ」と思わせてくれた。秀や勇次のコピーの時代がついに終わったのだ。

ファーストVの主役は新加入の政・竜ではなかった。では主水かといえば、そんな感じでもなく、IVのメンバーを秀から政、勇次から竜に変えただけのルーティンワークなストーリーが続いていた。「しっかりしろい」「このお金で、仕事人に」。
「激闘編」では参や壱というキャラクターに恵まれながら、彼らが「助っ人」という位置でしかなかったため、正選手たる政や竜より目立つわけにはいかず、けれど政や竜がやっぱりあまり目立たなかったためジレンマが発生した。(だから、正面から中村主水を主役に据えた映画「裏か表か」は凄まじいまでの充実感を持ち得た)
「旋風編」は、新人・夜鶴の銀平の空気ぶりと、復活・西順之助の相変わらずぶりと、じゃあ主水ががんばるのか、政が主役なのか、いや、それもない、という凄まじいまでの位置づけだった。
だが、「風雲竜虎編」は違う。確かに、かげろうの影太郎という男が主役になり得た。いくつかのエピソードにそれがはっきりと描かれている。これが、仕事人第1シーズンの左門おでん屋編以降、欠落しつつある貴重な部分だったのだ。そのシリーズに、人生を描ききるべき「主役」がいる、ということが。

残念ながら、この「風雲竜虎編」は「旋風編」のあまりの不出来さに途中からタイトル変更する形で突如出現したものだった。そのため、結局は回数的にも短命に終わってしまった。スタート時点に比べて、次第に脚本的にも単調になっていったのも否定できない。

けれど、もし、もう少し長く続け、次シリーズの継続登板といった色気を出さずに影太郎の人生を描ききっていれば。
「風雲竜虎編」は、最後に主水シリーズを輝ききらせることができたのかもしれない。

続く「剣劇人」でのゲスト主水の疲れた様子を見るとき、そんなことを思ったりするのだ・・・
スポンサーサイト

あはははは。。。。

タイトル変えるわ出演者の役割が破綻してるわ、厳しいですね、こんな終わり方をしなければならなかったのは。
かげろうの影太郎ですか…。
政と竜の必殺は観たことあります。
当時は悪い印象はなかったと思いました。

剣劇人での疲れた主水………うご…
み、観たくない(笑)
主水~~~~。。。

必殺シリーズは出演者だけじゃなくて作ってるスタッフも年取っちゃったんでしょうか。
作り手に必殺に対する愛が無いほうが、むしろいいものが出来たんだったりして。
それだけ客観性に欠けてる気がしませんか?後期の必殺作り。

多分リアルタイムで観てた人達は少しずつ衰退していくからショックも少なかったんだと思いますが、
私なんて全盛期から崩壊まで同時に見れてしまいますから、後期必殺は心臓に非常に悪いです。
旧仕置人の後に旋風編を観る自分なんて想像するだけで動悸、息切れ、眩暈がするんです。
そんなこと実際にやったら精神が病んでしまうと思います。

辛いことから目を背け、必殺の青春時代だけを甘受していきたいと考えてます………。

新仕事人以降、それまでの脚本家が書かなくなってるのも大きいとは思うんですよね。そして、最初期から担当していたカメラマンの人の方が、新参の監督よりも発言権が強かった。それもよくなかったんじゃないかと思います。
「剣劇人」でゲスト出演した主水が、剣劇人から「あんたは古い」と言われてるのが悲しかった・・・いや、言ってるカルタの綾太郎だって仕掛人ゲストから始まって新からくり人を演ってた近藤正臣なわけだから、有無を言わせない自信が仄見えるのですが・・・

おっぺさん

>あんたは古い

ムカ!
江戸時代の人間に古いとか言われたくないですね!
誰が必殺シリーズを支えてやったと思ってんだぁ。
でも近藤正臣なんですか(笑) うーん…。

そうなんですか、脚本家が降りちゃったんですね。
そりゃそうですよね~
まともなクリエイターだったらやるべきじゃないって思うはずです。

その中で必殺シリーズっていう権威だけが大きくなっちゃったんですねぇ。
ああ、辛い話だなぁ(ノ_・、)

あ、そうだ。
後期の主役といわれてる順之助っておっぺさん的にどうですか?
キャラとしてはお好きでしょうか?

それと必殺といえば秀さんが結構有名だと思うんですが
仕事人の葵の紋の回観たら、演技があまり達者ではない気がするんですが気のせいでしょうか…。

秀と順之助

「裏か表か」で完全燃焼してしまったかのように、「旋風編」「風雲竜虎編」ですっかり老いた姿しか見せてくれなかった主水なので、剣劇人・綾太郎の言葉に説得力を感じてしまったのが悲しいんですよぉ(TT)

仕事人シリーズ終盤で、安部徹郎とか保利吉紀とか、「仕留人」「新仕置人」で脚本を書いていた人が復帰してくれはしたんですが、演出はルーティンワークのままだったのでした・・・

順之助は、III初登場時には、存在意義も十分にありました。けれど、中盤にはすでにそれは失われた感があり、IV以降は・・・好きか嫌いかといえば、別に嫌いではないけれど? 程度にしかなり得ません(^^;

秀は、三田村邦彦さんがまだデビューした手だったと思いますから(笑)。
でも、あの拙さが仕事人第1シーズンにおいてはそのまま似合っていたと思います。というのは、第1話・第2話と観ていただくといいのですが、要するに秀は「新仕置人」で念仏の鉄と別れ、「商売人」を通過して最早あとは元締めにでもなるしかないんじゃないのかという段階に近づいた中村主水の、最初の「仕置人」を始めた頃の姿に等しいからなのです。
第2話の終盤、秀の心情吐露を聞いたときの主水の胸には、仕置人を始めたばかりの自分の姿が浮かんでいたのにちがいない・・・
そんな、熱い仕置人そのままを思い起こさせる秀には、達者な演技より不器用なくらいでちょうど良かったんだと思います。それこそ、III登場時に順之助に負わされる役目がそれと等しかったように。

おっぺさん!!

>秀の心情吐露を聞いたときの主水の胸には、仕置人を始めたばかりの自分の姿が

おっぺさんは切ないことおっしゃりますねいつも!!!!
私はおっぺさんの必殺記事を読むと胸が苦しく、せつなくなるんですよ~
 。°°・(;>_<;)・°°。

その切なさは必殺に触れる年月が培ったものなんでしょうか?
痛み入ります。

なるほど、秀は初々しさが良かったんですね。
順之助は特に嫌われるキャラでもないかな…。

必殺シリーズっていうと主水、政、秀、竜が知名度高いんでしょうかね。
再放送といえば仕事人ばかりだし今後もそうなのかな…。
昔の必殺は放送上問題あるシーンが多いのが再放送され難い理由なんでしょうかね?
仕事人以前をもっと放送してくれればいいのに。。。

必殺といえば「秀」と「勇次」で「仕事人」かと思います。テレビ埼玉は、仕掛人から始まって現在の仕事人左門おでん屋編までをほとんど全部順番にやってくれてます・・・なぜか、「うらごろし」だけ抜かされました。なぜだーー。夏向けだと思って、ちょうど夏の放送に当たるように先に「仕事人」をやってるんだったらいいなー。だったら、仕事人が終わったらうらごろしが始まるんだけど・・・
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。