スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」から 5

 第4部までにもこういったタイプの敵はずらずらいたのは確かですが、登場してくる敵の全員が「そう」(繰り返しますが、遠隔操作型は全く別になります)というのは、これはJoJoの新しい方向性を指し示していたと言ってもいいのではないでしょうか。
 これまでにも何度か――例えば第3部においてもすでに、9柱神の登場前と登場後とでは「本体」の描かれ方が変わり、「スタンドが戦う」というより「本体が(スタンドを使って)戦う」ことが多くなった、のように作者の試行錯誤がほの見えたことはありました。いよいよこの第5部においてははっきりと、「スタンドが戦う」よりも「人間が」戦うのだ、ということが打ち出されているということではないでしょうか。

 もともとJoJoのテーマは「石仮面の吸血鬼」=「人間を超えた超能力を持ったもの」に、「人間が」立ち向かう「人間讃歌」というものでした。「スタンド」の戦いは確かに魅力的ですが、行き過ぎると人間不在のただのアクションマンガに堕してしまう危険性のあることを、作者は敏感に感じ取っていたのではありますまいか。

 いや、もちろん、「スタンドとスタンドとが戦うアクションストーリー」だと割り切るなら、作者はその上で十分躍動感とインパクトを持つマンガを描ききる才を持った人のはずです。しかし、この「ジョジョの奇妙な冒険」の流れは、試行錯誤の連続でした。特に第3部以降は、どう描けば面白いかを、常に探し求めながら描いているように感じられました。その上で、現在のあり方をとりあえず今は選択している――それが第5部のGIOGIOだとすれば、「それが最も面白い道だ」との作者の選択眼が働いたと見るべきだという気もします。JoJoとは「こういうマンガ」だから、「こういうふうに描かなければならない」という制約・限界を作者は自らに課してはいないと思われます。それが時には、読者にとっては「えっ?」と思わせる方向へ進むことがあってもです。

 白状しましょう。長い連載期間の中で、僕がたった1度だけ、「もうJoJoもオシマイだな……」と思ったことがあります。それは第3部、バステト女神のマライアの登場しての4回目のときです。ジョセフとアブドゥルがバステト女神の磁力の餌食となり、追いつめられていくギャグタッチのエピソードで、第3部途中からギャグ場面コメディ場面が目立ち始めたJoJoの中でも、ジョセフ・ジョースターファンがが悲しみの涙をぽろぽろこぼすような場面の連続するエピソードでした(最終パートまでは!)。

 もっと緊迫感溢れるストーリーを僕はJoJoには求めたいんだけどな……ギャグをやりたくなったんなら、他の作品でやってくれないかな……などと思いながら、ジョジョとアブドゥルの珍騒動を読んでいったのですが、その回の最終シーンでは、アブドゥルの機転でマライアの攻撃をからくもかわした、というところで――とんでもない画面が待っていました。
 それまでは、リサリサ風の謎めいた美人の敵、という感じで描かれていたマライアが、ジョジョとアブドゥルの無事を知った瞬間、「このビチグゾがーっ!」とわめき、ギャグマンガそのままのタッチで鼻水まで垂らした形相のドアップで終わっていたのです。
 唖然としました。荒木飛呂彦が壊れた、と正直本気で思いました。とうとうJoJoにやる気をなくしたのかとかまで思いました。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。