新必殺仕置人第4話「暴徒無用」

これは、「新仕置人」としては非常に異色な感じのするエピソード。まるで、最初期の「仕掛人」とか、或いは「仕留人」「仕置屋」あるいは「仕業人」ならなんとか、というダークな背景設定のある重苦しいプロットなのだ。

 表面上の「悪役」はベタでオーソドックス、旅物でもあるので、「仕置屋」の「一筆啓上手練が見えた」を思わせる部分もある。

 それが、仕置も終わり、ただ……聞いておきたいことがあるのだ、と主水が最後の最後に問うところで暗転が起きる。
 いったい、「加害者」と言える者は誰だったのか、と。

 索漠としたラストシーンは、仕掛人往時の映画本編のような陰鬱さなのだ。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター