貫井徳郎「夜想」

「慟哭」から十四年。<絶望と救済>を描く、新たな傑作の誕生

事故で妻と娘をなくした雪籐の運命は、美少女・遥と出会って大きく動き始める。新興宗教をテーマに魂の絶望と救いを描く傑作長篇。


これは、貫井徳郎版の「幻魔大戦」なんだな、と思う。ミステリ版の、とは言えない。おそらく、ミステリ版の「幻魔大戦」があるとすれば、それは“教祖”の正体を解明する形を取るのが本道だろうと思うからだ。
意外な犯罪と一つの哀しい錯誤、これらミステリ的な興趣の部分は、この小説の読ませ処と連携してはいない。これらの仕掛けがなくとも、この小説は存在し得ただろうし、その点で、貫井徳郎版「必殺仕置人」であると同時にミステリ版のそれでもあり得た「殺人症候群」とは異なる。
その意味では、これは決して貫井徳郎のベスト作品の一つとは言えないだろう……でも、私には、面白かった。
貫井徳郎にとって「幻魔大戦」がどんな意味を持っていたのか、それは解らない。けれど、こうした形で“自分の幻魔大戦”を書いてみたのかな、くらいに思う。
そして……私も自分の幻魔大戦を抱えているのだ。書いてみることなど、もはやないとしても。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター