スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サスペリア2

イギリスからローマにやってきた若いピアニストが次次とおこる異常な殺人事件に巻きこまれるという恐怖映画。製作はクラウディオ・アルジェント、監督はダリオ・アルジェント、脚本はダリオ・アルジェントとベルナルディーノ・ザッポーニ、撮影はルイジ・クヴェイレル、音楽はジョルジョ・ガスリーニ、特殊効果はカルロ・ランバルディとジェルマーノ・ナターリ、演奏はイタリアのロック・グループのゴブリンが各々担当。出演はデイヴィッド・ヘミングス、ダリア・ニコロディ、ガブリエレ・ラヴィア、マーシャ・メリル、エロス・パーニェ、グラウコ・マウリ、クララ・カラマイなど。

ホラー映画って、実は私は恐くて見られない(笑)。でも、同時に、案外ミステリ的なトリック(意外な犯人とかの叙述トリックだけど。さすがにアリバイ破りや密室はない(笑))があるので、ネタは知りたかったりする。
「13日の金曜日」PART1の殺人鬼の正体が実は××じゃなくて××だとか、「サイコ」の殺人鬼の正体が実は××じゃなくて××だとか←同じだっ。

この「サスペリア2」については、何かのミステリ映画の紹介本で見かけて気になっていたのでした。
『冒頭の殺人シーンのところで、実は主人公も、そして視聴者も犯人を目撃しているッッ。しかし、それに気づかないのだッッ』(ジョジョ調)みたいな。で、ちょこちょこネットで調べてみると、『あのトリックにはびっくりした』とか、『あれは気づかなかったー』とか。うーん、こういうの、実は書いてるだけでいささかネタバレなので、忸怩たるものもあるのだけど(^^;)。

で、やっぱり実物を見るのは恐い気がしたので、せっせと調べて、どうやら「実は××だと思ったのが××だった」というネタらしく、それはなかなか面白い。実物を見たい。それに、どうやら最近のスプラッターみたくショッキングではなさそうだし、、、ということで、意を決して(笑)、借りてきて、見てみました。

で、他の部分は斜め見して(笑)、肝心の「そのシーン」に注目。おお、なるほど~。
ビデオではなくて、DVDなので、簡単にまた「そのシーン」をラストの謎解きシーンと見比べて、なるほどなるほどー、と。
ネタを予め知っていないで見ていたら、なおのこと面白く意外で楽しめたんだとは思います。

映像ミステリだと、こういう一発ネタのほうが、サプライズエンディングとしても効果的だよね♪

ミステリムック「越境する本格ミステリ」によれば、

さて本作は、冒頭に「空前絶後の大映像トリック」が仕掛けられていることで著名だが、(中略)「主人公も含めた観客全員が、犯人をはっきりと目撃しているのに、何故か誰も気づかない」という大ネタ。

みたいに書いてあります。

ただし、ビデオソフトでは、なんと肝心のその部分をカットしてあるバージョンもあるそうなので、要注意(^^;

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。