スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕業人最終話「あんたこの結果をどう思う」

仕業人の結末は、他の最終編のどれと比べても最も陰惨だ。

剣之介が死ぬ。お歌も死ぬ。しかし、彼らの死は、全く何の意味もない犬死にでしかない。仕業を遂行中の「殉死」でもなければ、誰かを助けるための「自己犠牲」でもない。
又右衛門の失策から仕業人に目がつけられ、本来は又右衛門を捕縛に来た捕り方達に、又右衛門の家に来ていた剣之介が捕らえられ、拷問され、お歌と共に逃げ出したものの追いつかれ、そして、どぶ川の中で共にずたずたに切り裂かれ死んでいったのだ。

それは物語の途上のことであり、彼らの死は主水に衝撃を与えはしたがストーリーに結末や結論を与えるものでもない。
いわば、剣之介とお歌は普段の物語中での「被害者」役を果たしただけなのだ。中村主水が行動するための「頼み人」役になったにすぎない。

この「頼み人」に仕業料を払うことはできない。だから、又右衛門は動くつもりはない。
「江戸もそろそろやばくなってきたし」と、特に仇討ちなども考えることもなく、上方に逃げだそうとしているだけだ。
又右衛門は、自分の失策から火の手が上がったのだとは気づいていない。だからなおのことクールなのだが、もともと仕業人グループは、これまでのチームと比べても特別に仲間同士の関係はドライだったのだ。仕置屋稼業にしても、市松こそ一歩離れた感じだったが、主水・捨三・印玄の関係は仕留人・仕置人時代に準じたものだったし、最終編でのおこう・市松も含めた交情の拡大は明確だった。

だが、仕業人においては、初回から最終編までの中で、ほとんどこうした交情が育つことはなかったのだ。
主水は剣之介に対しては、同じ武士としての何らかの感情はあったに違いない。一度は酒を共に飲もうと誘ったりもしていた(ちなみに、甘党で酒は一滴もダメだった主水が、この仕業人時代から飲酒癖を持ち始めている)。
剣之介達の死を知り、主水は呆然と内心でつぶやく。
(死んだか……死んだのか……剣之介も、お歌も……)

だが、仕置人という楽しい日々を過ごし、仲間との交情をつい求めがちな主水にとっても、やいとや又右衛門という男は剣之介より先に仲間になっていても、最後まで踏みこんだ部分がないままだったようだ。
それは、やいとやに対する呼びかけ方が示している。

可哀想なやいとや(泣)
主水は、たとえば鉄のことは「念仏」と呼んだり「鉄」と呼んだり。
秀のことは「かんざし屋」とか呼ばない。一貫して「秀」。
では「屋号」でしか呼ばない奴はいたっけ、というと、勇次のことは「三味線屋」とは呼んでも「勇次」と呼んだことがあったかどうか、記憶は定かではない。
山田朝右衛門のことも、「朝右衛門」とか呼んだことはないんじゃないか。
まあ、総じて仕事人以降はつきあいがかなりドライだから。。。と思ってもいいのだけれど(勝手にいいことにするのだ)、それ以前、仕業人の時、やいとやだけはとうとう最後まで「やいとや」1本で、「又右衛門」とか親しく呼んでもらえたことってないのよね。
結局、そういうことだったのかー。。。とか思う。。。。

そして、主水は剣之介達の死が又右衛門の失策から来たものであることを知り、彼と決別する。
主水が剣之介の仇を討つために対峙する相手は、仕業人達が仕置きした男の娘婿だ。彼は決して悪人などではない。仕置きされた男の娘が、父の死によって彼の悪行を知ってしまい、絶望のうちに死んでいった。そのことを憾みに思って仕業人達を挑んできたのだ。
糸井貢がかつて主水に言っていたことだ。「俺たちに殺された奴にだって、家族や好きな奴がいたかもしれん!」。それが、はっきりと目の前に立ち現れてきたのだ。

だから、この剣之介の仇討ちは、仕置や仕業などではない。ただの恨み晴らし合戦でしかない。

主水は、仕業人としてではなく、中村主水個人として相手に対峙する。「中村主水だ……」。

そして、一刀のもとに切り捨てる。

仕置でも、仕業でもない、ただの恨み晴らし合戦……。

「恐ろしい男だ……」と、ただ傍観するのみの又右衛門が慄然と口にする。
その又右衛門と捨三を一顧だにせず、言葉を交わすこともなく、主水は歩き去っていく。
又右衛門も、捨三も、そんな主水にかける言葉はない。追うこともできない。

二度と再び、又右衛門は、そして捨三さえも、主水の前に姿を現すことはなかった。

これが、仕業人の「結果」だった。

仕置人チームの楽しい日々、それを取り戻そうとした仕留人時代と壊れていく夢想、ただ義務感からのように再開した仕置屋とそこから生まれた交情、それをやり続けようとして惨めに終わっていくしかなかった仕業人グループ。

中村主水は……

何を思いながら歩き去っていったのか……

スポンサーサイト

こんばんは

おっぺさん、仕業人の最終回観ました!
貢の台詞思い出しましたね。
こんな家族が殺す相手にいることをいつも忘れないようにしましょう、仕置屋のみなさん。

う、うぅぅぅぅぅ~~~~~~~~~ん・・・・・・・・・

最終回、ちょ、ちょっと不満です。
思ってたのと違ったかも………v-12

踏み込まなかったですよね~お互い。
最後までみんな他人のままで終わってしまいました。

剣之介…葛藤してるようだったけど、してないようにも見え…。
主水の前をただ通り過ぎただけの人に思えてしまうんです…。
やいとやの方がズルイ人間として筋が一本通ってたような。
死ぬのが他人のためじゃないなら、自分のために何かやってほしかったなぁ剣之介。
あっといわせるような敗者復活劇が見たかった…。

そして剣之介の敵討ち(自分のためでもあるけど)をする主水がどうも信じられないんです。
主水って必要じゃないことは絶対にやらない主義というか、すごーく腰の重い人じゃないですか。
果たし状を受ける主水なんてちょっと、えええええ????
かっこいいけども、仕置屋稼業のラストで自分の名簿燃やしてる背中の方が素敵だと思ったな。。。

あっ、名前を名乗るところは良かったですね。
ああいうところ好きです。かっこいい(笑)

でもなぁ。
銀二か捨三が死んで、そのために敵討ちする主水の方がまだ納得いきました。
この二人は主水と心の繋がりがあったと思うので。
剣之介は…いや、剣之介は剣之介であのボケキャラがかなり好きでしたけども。
やいとやが掟破りについて主水と話すシーンはかなり味わい深くて、あんなふうなやりとりが剣之介で見たかったなぁ。

仕留人と仕置屋稼業の最終回があまりにも良かったんで、仕業人の最終回がそれに匹敵したものじゃなかったのがちっとショックです。
いつも新シリーズが始まると何かしら物語が始まって終わったのに、今回は現状維持って感じで。
それと必殺って後半がちょっとだれ気味になりますが、シリーズ半ばから右肩上がりで怒涛の盛り上がりを見せてくれた仕留人の評価が自分の中で最近上がり気味です。(石坂さんのせいもありますが…^^;)

ああ。剣之介、死に方がしょぼすぎたよ~~~v-409

はい、まさしく私が「仕業人」は一枚足りない……と感じていたその通りです(笑)。
仕留人、仕置屋とも、貢の死や印玄・おこうの死は、物語の結論そのものと密接に繋がっていたと思います。けれど、剣之介・お歌の死は本文で書いたとおり、「頼み人役」になったにすぎない……だから、結局剣之介は仕業人という物語の「環境」でしかなく、テーマではなかった、なれなかった、そういうことだと思います。

とはいえ、aoiさんが何度となく「剣之介って頭悪いし」とか書いてらっしゃるのを読むたび、「そうか、そうなんだよな、ついつい主役としての存在意義を求めていたけど、それは無い物ねだりで、単純に『こいつ頭悪い』と思って観てればおもしろいんじゃないだろか」と蒙を啓かれた思いではありました(笑)。

多分、主水が果たし合いを受けたのは、敵討ちというよりは、裏稼業への訣別なんだと思います。金をもらわないのに殺しをする。それはつまり、仕置でも仕業でもなんでもない。それをすることで、裏稼業と訣別する、そんな気持ちがあったのではないかと……

やはり、剣之介より、やいとや私には印象強くて、彼をこそ主水と対峙するキャラとして作った方が面白かったとは思います。ただし、その場合、仕業人はからーが全く異なるものになっていたと思いますけどね。剣之介が主役だったからこそ、仕業人はこのカラーの物語だったのは確かでしょう。

続く新仕置人で主水が鉄に剣之介のことを話すのは、単に生命を落とした仲間の中で直近だったからと言えるとは思うんですが、そのあと「商売人」を挟んだ「仕事人」の始まりでも「どぶ川の中で女房もろともズタズタに斬られて死んでったやつ」と剣之介のことを言ってますから、主水にとっての意味は大きかったんだとは想像しますが……それでもやっぱり、犬死にですよね、これ(^^;

犬死ですよ~~~!!!!
たまたまやいとやの家にいたら捕まっちゃいました、みたいな…。
剣を封じてるのは最終回への壮大なる前フリだと思ってたのに~~!!!←とてつもなくカッコイイ死に様を想像してましたv-12

裏稼業の決別…そんな思いつめた雰囲気もありましたね。
鬱蒼と茂る木々の中へ消えていく姿は主水の最後って雰囲気でした。
世の中の底辺で最強の殺し屋になって消える主水。渋いですよね。
あそこで終わってたらカッコよかったでしょう。
次に始まる主水シリーズが新必殺仕置人なのでまだ続くことに文句は言えませんが。。。

うーん、繰り返しになっちゃいますが剣之介の死には主水に裏稼業をやめたいと思わせるほどの影響力があったとは思えなくて。
そう、おバカキャラとして観る分には最高に楽しかったです!
でも果し合いのきっかけになるような男だったとはやっぱり思えないんです。
確かに貧乏で不器用な侍崩れのヒモ男が仕業人のテーマそのものではありましたが。

仕業人の主水、やさぐれててかっこいいんですけど…おっぺさんはこのシリーズの主水、好きですか?
確かにあれが一番カッコイイ主水と言われればそうなのかもしれないですが…。
私としては、おこうのために仕置をやってるんだけどそうじゃないフリをして敵討ちするような奥ゆかしさが彼のカッコよさのような気がして。
自分のケジメのために剣は取らない人だと思ってたんだけどなぁ。

仕業人は色々と考えさせられますねー(;^_^A

たぶん、「剣之介の死」という単品ではなくって、「またチームが崩壊するのか」という絶望感が主水を「今度こそ」という訣別へ向かわせたのではないかと……

私が一番「カッコイイ」と思っている主水は仕置屋稼業のエンディングの主水なので(笑)、仕業人の主水はとりあえずその続きで始まってくれてはいるわけですよね。少なくとも仕事人ナンバーシリーズ以降の主水よりは圧倒的に印象は良いです。でも、「カッコ悪いけどカッコイイ」主水としては、「裏切無用」や「裏か表か」の主水のほうが上を行ってるとは思います。うーん、やっぱり仕業人は一枚足りないんだわ。

仕置屋稼業の最終回の主水は最高にかっこよかったですねー
うん、一番カッコいいかも!
わたし的には仕置稼業のラストまでが私の好きな主水かなぁ。。。
「裏切無用」もあるし、長く続けて悪いことばかりじゃなかったですけどね。
しかし「今度こそ」の多い男だ(笑)

主水が名実ともに、テーマ的に、「主人公」だったのは、「仕置屋稼業」が嚆矢だったんじゃないのかなあ、と思います。「新仕置人」になると、鉄や己代松のほうが主役めいてますし。
「商売人」以降は安定期というのかな、時代劇の主人公「役」として確立してしまってのかもしれません。

「剣之介・お歌が被害者役」という発想はなかったのですが、なるほど・・・と、思いました。
又さんとのすれちがいぶりが過去編などで多少の歩み寄りがあったもののラストで爆発した感じですね。足抜け発言のシーンでの、とことん失望したような主水の表情がなんともいえなかったです。
ツンデレドラマともいえる必殺ですが、ここまでデレを仲間に見せなかったのは又さんだけでしょうねえ。剣さん助けにいったことも喋ってないんだろうし・・・でも決闘はキチンと見届けるとw

主水の死を匂わせるような最終回予告からも、この作品が遅すぎた青春への決別となったのでしょうなあ。しかし、主水はあらゆるジャンルの中で一番カコイイ。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。