鮎川哲也「死者を笞打て」

鮎川哲也の作品「死者を笞打て」に盗作の嫌疑がかかる。十年前に謎の女流作家が書いた作品そっくり、というのだ。世間は非難し、仕事は途絶える。身の潔白を証明するため鮎川は女流作家を探し出し、対決しようとする。さてその意外な結末は?実在推理作家の名が頻出する仕掛けも楽しい、軽妙推理長編。

 鮎川さんの本を読んでてつくづく思うのは、「ギャグ」とかじゃなくて、文章自体になんとはなしのユーモラスさがくるまれているってことですね☆
 笑いを取ろうとして無理やりとかあざとくとかでなくて、ごくごく自然に出てきてしまっているユーモラスさって感じです。それがほんとに自然になのか、それとも見事なまでに計算されてのことなのかわかりませんけれど、どちらにせよ感服するだけです(^^;。このユーモア感覚は、高木彬光にも横溝正史にもない、鮎川さん独特のものだと思うんですけど☆

 今、「死者を笞打て」という長編を読み返しているんですが、いや、面白い面白い\(^^)/。「鮎川哲也」本人が盗作の疑いをかけられて……という鮎川さんには(長編では)珍しい竹本健治「ウロボロスの偽書」的作品なんですが、この「不可思議なユーモア」が爆発しきってます(^^;。……とはいえ、鮎川哲也入門書としてふさわしいかというと、ちょっと外れてると思いますけど(^^;。
 鮎川さんのユーモアが「昔風」でないとは言いません(爆)が、「ギャグ」でなく、そこはかとなく存在している文体全体にユーモラスさが私は好きですね。

 でも、確かに女性に関しての「ユーモア」の部分は、非常にとってつけたような、なおかつ、なぜかいやにズロースだの(爆)(爆)、「落とす」(ストーン、と……(^^;)感じで「ユーモア」に持っていこうとしている感じで、……(^^;。

 昨日は「裸で転がる」を読み返していて、どこか天藤真を思い出しました。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター