スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台恐怖症 ※ぼかしてはあるけどネタバレあり※

1950年製作 米 英
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演者:マレーネ・ディートリッヒ ジェーン・ワイマン リチャード・トッド

演劇女優志望のイヴは級友のジョナサンにスター、シャーロットの夫殺しの疑いがかかっていたところを助けてやる。イヴは事件の謎を解こうと単身、シャーロットのもとにメイドとして入り込むが…。



ムックの紹介記事に「映画空間内の演技者が演技するという二重構造を叙述トリックに用いた、反則スレスレのフーダニット作品である。詳細は観てのお楽しみということで触れないことにするが、まさかヒッチコックがこんなことを……、と驚かされること必定。」
 とまで書かれていたので、それはそれはと興味を持って観始めた。
 字幕なのでしばらく注視していて、ふと、少し粗筋を知っておこう、、、とか思って、ネットで検索して、最初にヒットしたページを開いてみた。ネタバレしそうなところは気をつけて見ないようにしよう、と思いながら。。。。。。。。。
 いきなり、そのページ、1行目がネタバレでやんの(TT)

 あ、でも、それでサプライズは無くされてしまったけれど、でもでも、この叙述トリックは、見事。もし、ネタバレしないで観られていたら幸福だった←根に持ってる。が、自分が悪いのである。
 これが途中に挿入された回想シーンなら、まだ疑いもできただろうが、まず「のっけ」の、つまりは物語の前提条件のようにして出てきたシーンだったので、当然の「真実」として受け取ってしまった。見事なミスディレクション!
 ヒロインの情愛の部分がなんとなく胸を打つ、ラブストーリーとしての側面もあるのかしらん。もっとも、これも一種のレッドへリング。
 ただ、真犯人がなぜこういうことをしたのかといえば。。。小説でもよくあることだけど、読者を騙すため以外には、あまり思いつけないというのが、弱点か。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。