スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新必殺仕置人第40話「愛情無用」

これ以前の「必殺シリーズ」の記事は、「Seesaa版万華鏡日記」にあります。

 何を隠そう、この「愛情無用」こそが、私をこの「必殺」へのめり込ませた元凶というものなのだ。

 これを見るまでは、たとえば「必殺商売人」は単にアダルトな時代劇として観ていただけだし、「翔べ!必殺うらごろし」や再放送の「暗闇仕留人」は面白いレベルの時代劇、「必殺仕置屋稼業」はかなり面白いレベルの時代劇……のように捉えていた。「新必殺仕置人」そのものにしても、相当に面白い時代劇、とは思っていたのだが、どこか一歩引いていた。録画してコレクションしておこうとまでは思っていなかった。というより、そういう気持ちを抑えていた。――だって、「時代劇」なんだから。
 所詮「時代劇」でしかないんだから、わざわざ録画してまで観たり、ましてや保存しておくなんて、格好悪い。そんなふうに大学生の私は思っていたようだ。

 だが、いつもように学校から帰って、その日の「新仕置人」を見始めた……
 死神が現れ、正八が現れ……
 これまでの話と少しく食い違う部分があるように見える。正八は死神の顔を知らなかったのか? だが、そんなことはどうでもいい。いつも冷徹で、殺人機械のようだった死神の見せる感情、その心弱さ、淋しさ、哀しさに、いつか気持ちが物語に引き入れられていた。歌う正八、死神の表情、そして舟のエピソード。荒波の中、ついに沈まなかった、死神を乗せた舟――。

 正八は個人行動を取り、仲間たちは仲間外れだ。死神は裏切り者として仕置の的になり、鉄が競り落としてしまう。
 そしてこの回の仕置シーンは、まるで第1話「問答無用」に戻ったような仕置人同士の殺し合いであり……
「逃げろ、死神!」
 仲間たちには解らない。なぜ正八が死神を助けたいのか。いったい、どういう関わりがあったのか。
 しかし、死神はすでに自ら死んでいて……

 鉄は死神の後追い心中に失笑し、己代松は自分のぬれぎぬが晴れたことにほっとし、主水は我関せずで……正八は叫ぶ。
「見て、この舟!絶対沈まなかった舟なんだぞ!」
 仲間たちは去って行くだけだ。
「半端じゃねえんだ!」
 そして正八は泣くことしかできない……。

 なんという感傷的な物語。ハードボイルドな、ドライな「必殺」を愛する人には愉快でない造りなのかもしれない。

 けれど、私にとっては「新必殺仕置人」は『感傷の必殺』なのだ。「問答無用」に始まり、「質草無用」「約束無用」「夢想無用」……など、ただただ『感傷』のボルテージに、その叫びに、その涙に、打たれてきてしまった……のだから。

 だから、この「愛情無用」は感傷必殺の頂点の一つであり、これの軍門に下って、以降は必殺ファンなるものになってしまっても、それは仕方のないことだったのだ。
 どうしようもなく……。

 そして「新必殺仕置人」はそのまま最終回「解散無用」へと雪崩込む――。

(おっぺ)


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。