ハイ・クライムズ

監督: カール・フランクリン
原作: ジョセフ・ファインダー
出演: アシュレイ・ジャッド モーガン・フリーマン ジェームズ・カヴィーゼル アダム・スコット アマンダ・ピート

美しく優秀な女性弁護士クレアは、建設会社を経営する夫トムとともに幸せな毎日を送っていた。だが、ある日、二人の家に泥棒が侵入、事態は思わぬ方向へと進む。強盗事件を調べる過程で、採取した指紋からトムの本名がロナルド・チャップマンであることが判明。その結果、トムは海兵隊の特殊工作員時代の1988年にエル・サルバドルで一般市民9人を殺害した容疑でFBIに逮捕されてしまう。クレアは、無実を訴えるトムを信じて軍事法廷に立つことを決意。特殊な軍事裁判を熟知する弁護士チャーリーの助けも借りて、軍のスキャンダルを暴いていくクレアだったが……。


 観始めてすぐ、あらっ(?_?)と思ってしまった。。。
 これ、知ってる。。。

 もう何年前か忘れたけれど、原作を読んでたのだった。原作のタイトルは「バーニング・ツリー」。
 で、「ネタ」は見えてしまったので、あとは、原作と比べてどう面白くなっているか、それともダメダメかという(笑)。
 正直、原作そのものも、カバーだったか帯だったか忘れたけどキャッチコピーがダメもので最初からネタを割っていたため、面白く読み終わることはできなかった。だから、ネタ以外は実は印象がない(^^;)。そんな状態で映画を観ていった結果か、
 「なんだ、原作とおんなじだ」
 当たり前といえば当たり前だけど、いいんだか悪いんだか(笑)。

 たとえば、筒井康隆原作の「時をかける少女」とかは、「いい」と思うのね。原作は原作として、別の映画として面白くなっている。
 ジェフリー・ディーヴァー原作の「ボーン・コレクター」は涙が出る原作帳消し映画でした(TT)。

 おおむね、長編の映像化は失敗が多くて、短いものほど、原作から過不足なく移しこんだ上、プラスができるからよいものになっているような。長編だと、原作からの大幅カットがあるから、その時点で不利といえば不利か。
でもって、この映画は、何しろこちらが原作での「ネタ」しか憶えていないから、「ネタ」が同じだった以上、「原作とおんなじだ」であるわけで(笑)。

 正当な評価はできないけれど、まあ、普通かなー?(笑)

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター