アガサ・クリスティ「パーカー・パインの事件簿」

頭のはげた品のよい英国紳士の私立探偵、パーカー・パインが開いている身の上相談所を訪れた人たちの物語。巧みな話術で読者の興味を終始そらさない推理小説。

久しぶりに再読してみて、連作の2つめで、いきなり都筑道夫の片岡直次郎シリーズを思い出した。今まで考えもしなかったけれど、直次郎のファースト・エイド・エージェンシーって、あれ、パーカー・パインだったんだあ(笑)。
 ポアロものは、長編がよいけど、このパーカー・パインの短編シリーズは意外に飽きない。

 ただ、再読してみて思ったのは、前半の「悩み事解決業」のときのほうが面白いこと(笑)。極端に言えば、「スパイ大作戦」みたいなもので、何か仕組んでいるのは確かだけれど、どういうふうに展開されるのか、と素直に楽しい。
 これが、後半の「犯罪解決もの」になると、それなら別にパーカー・パインでなくて、ポアロでもミス・マープルでもいいじゃない? となってしまう。
 せめて、「統計」で解決するという手口なら、他の探偵たちとの差別化も際立ったんだけど。。。
 なお、ハヤカワ文庫版には収録されていないらしい最後のエピソードは、これは高木彬光の「妖婦の宿」ですね。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター