大誘拐 RAINBOW_KIDS

製作年:1991
監督: 岡本喜八
原作: 天藤真
脚本: 岡本喜八

キャスト(役名)
北林谷栄 (柳川とし子刀自)
緒形拳  (井狩大五郎)
風間トオル (戸並健次(雷))
内田勝康  (秋葉正義(風))
西川弘志  (三宅平太(雨))
樹木希林  (中村くら)
嶋田久作  (『東京』)
神山繁  (柳川国二郎)
水野久美 (柳川可奈子)
岸部一徳 (柳川大作)

大金持ちの老女誘拐を実行した三人組の若者とそれに関わる人々を逆に手玉にとる老女の姿をユーモラスに描くブラックコメディ。天藤真原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「ジャズ大名」の岡本喜八。撮影は「YAWARA!」の岸本正広がそれぞれ担当。



うーん、前半はまあまあ面白かった。あの長い原作を一生懸命消化しようとしていた感じで、なんとかクリアできていたかなあと。
ただ、やはりおばあちゃんのキャラクターは北林谷栄でも足りなかった気がする。これは、原作から入ったからには仕方ないかも。

 誘拐犯三人組については、私は戸波健次はもう少しリーダーシップの取れる男を思い描いていたので(そうでなければ、正義と平太がどうして健次に従ったのか、わからない。映画では、「誘拐なんか」と言っていたくせに、金に目がくらんで前言をくるりと翻したように見えてしまう)、ちょっと弱すぎたかも。映画を観終わっても、刀自一人が際立っていて誘拐犯三人組は「ただいただけ」になってしまった。
 井狩本部長も、緒形拳は嫌いな役者ではないし、頑張っていたのだが、キュートで可愛くなりすぎてしまっている。やはり本部長はもっと強面でないと(笑)。どうしても原作が勝ってしまう。

なんといっても、後半、いよいよ身代金受け渡しの部分、で緊迫感はないのに長々と描くしかない形になって、だれてしまった。原作ではますます面白い部分だったのが、映画になるとダメだった。難しいものだねえ。

私にとっては、この映画は要するに原作のダイジェスト、宣伝フィルムでありました。2時間のコマーシャル。どうしても長編作品の映画化はこうなりがち。

 
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター