スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・刑事コロンボ「恋におちたコロンボ」

刑事コロンボ新シリーズ。
ローレンは恋人ニックに利用されるのを不満に感じ別の恋人リサと共謀、ニックを射殺し、改めてニックの部屋を訪問し死体を発見したふりをする。コロンボはいくつかの証拠から物取りの犯行ではなく何者かが部屋に潜んでいたと考えるが…。アカデミー賞受賞の大スター、フェイ・ダナウェイをゲストに迎え、主演のピーター・フォーク自らが脚本を手がけた注目作。
[エミー賞助演女優賞受賞(フェイ・ダナウェイ)]

脚本:ピーター・フォーク
監督:ビンセント・マクビーティ   
ゲスト:フェイ・ダナウェイ(「俺たちに明日はない」)


「だまされたコロンボ」の時も思ったけれど。。。なぜ、新作のタイトルはこう。。。(^^;
 これだと、旧作の「ルーサン警部の犯罪」なんかも、「コロンボ警部対ルーサン警部」なんてのにされてるよー。。。(^^;

 内容。
 最初、「何だー、共犯ものかー」と思った。。。
 共犯ものは、たとえば旧作のパイロット版、「殺人処方箋」なんかもそうなんだけど、あまり好きでは。。。共犯者がもとで露見する、共犯者の口を封じるというパターンが多いので。。。(といっても、「殺人処方箋」のノベルス版で、コロンボが共犯者の女性に対して言う言葉、「ひとりで戦うんだ」は気に入ってたりする。。。関係ないけど(^^;)
 それが最後になって、あの共犯関係の秘密がわかったときは。。。うーむ、レ○だとばかり。。。(^^;
 やっぱり、別に「意外な犯人」でなくても、何かしら、こちらの意表をつくものがあってこそのミステリだと思うのですよね。。。
 横溝正史で言えば、「獄門島」の、「気違いじゃが仕方がない」の真相とか。

 今回のコロンボは、新作としては久しぶりに、随所の手がかりからコロンボが犯人に迫っていき、追いつめて行くところがはっきりしていて心地良かったー。と思ったら、これ、脚本が当のピーター・フォークなのね。なるほどー。

 コロンボが共犯者に言う言葉、「これが彼女の希望なんだ。。。」は、なんだかとても胸に迫った。。。

 「新必殺仕置人」の「約束無用」で、巳代松が仙三に最後に言う言葉、

 「これがおとよの願いなんだ。。。」

 を思わせたからかもしれないけれど。。。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。