アガサ・クリスティ「五匹の子豚」

母は無実だったのです―娘の頼みにポアロの心は動いた。事件が起きたのは16年前。若い恋人に走った高名な画家を妻が毒殺、裁判の末に獄中死したのだ。殺人犯を母に持った娘の依頼で再調査に乗り出したポアロは、過去へと時間を遡り、当時の状況を再現してゆく。関係者の錯綜した証言から紡ぎ出された真相とは。

 学生時代に読んだときは、あまりミステリとして感心したわけでもなかったので、それ以降特に再読もしなかった。。。のに、今回再読してみて、意外なほどあちこちのセリフにおぼえがあるのに驚いた。
 この頃のクリスティの作品を読み返すと佐々木丸美さんがクリスティをトリックのみと言い、クイーンを是としたのがどうにも納得しがたい。あるいは丸美さん、クイーンの「後期」を読み、逆にクリスティの「前期」を読んで比較対照しているのではないかと思ってしまうくらい。
 或る1人の人物が、そしてその行為が、行動が、視点を変えれば、はたしてどう違って見えることか。
 ミステリとしての出来について言えば、1つのパターンとして存在しており、すでに今の読者からすると、ネタは透けて見える。
 けれど。。。「こうあって欲しい」に近いかたちに着地したのは、案外心地いいものだ。。。
 この作品について言えば、意外性がまさって後味が悪くなってしまうのはつらかっただろうから。。。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター