スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤川次郎「マリオネットの罠」

「私はガラスの人形と呼ばれていた」森の館に幽閉された薄倖の美少女、都会の空白に起こる連続殺人の現場に残される謎のナイフ。人間の輻輳する欲望を鮮かに描いた異色の長篇推理。

 あちこちで評判を聞いたので、試しに読んでみることにした。凄い凄いと聞いたのだけど、赤川次郎のミステリだからそんなに凄くはないんじゃないかという偏見がどうしてもあって、なかなか手がでなかったというのが正直なところであって。
 読み始めてすぐ、なんだか文体が重くて、というか地の文がずいぶん細かくて、という感じを受けた。でも、こういう場合、えてして先入観やら何やらでの感覚の誤差だったりするので、あまり当てにはならない(笑)。とりあえず読み進める。
 凄いというんだから、意外な犯人だとか叙述トリックとかだろうと見当をつけながら読んでいくと、「犯人」の
【ここからネタバレ!】



女性がはっきり描かれていないので、ははあ、これはたぶん実は逃走した女性が犯人なんじゃなくて、この美奈子という失踪した主人公(?)の婚約者こそ犯人なのだろう、実は貫井徳郎「慟哭」のネタが使ってあるんだ、なるほどそれなら赤川次郎とは思えない見事な叙述トリックだ、へへーん、でも見抜いちゃったもんねー、と思っていたら、途中からそうじゃなかったとわかった(笑)。しかし、私のこの発想の方でも面白いんじゃないか?とかも思う(笑)。
 さて、実際には、スタート地点でいかにも主人公ぽかった修一くんが黒幕的犯人だったわけなのだけど、この修一くんのキャラクターの書き込みがどうも薄かったために、意外性とか驚きとか衝撃とかも薄かったように感じたのだけど、ちょっとパラパラと読み返してみて、それはこの作品の弱点というより、 叙述トリックを成立させるためにどうしても必要だった、泡坂妻夫の「花嫁のさけび」の内面描写と同様の必然的な文章だったのだと思い直した。
けれど、やはり動機としては今一つ弱いのではないかしら? また、「宴」での時間記述はちと唐突で、また、効果も感じられなかったような。。。
 いずれにせよ、一度再読してみたいとは思う作品ではありました。うーん、これが第1長編だったのね、赤川次郎。。。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。