スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人第46話「怨技非情竹光刺し」

第46話「怨技非情竹光刺し」は久しぶりのハードな物語。
また、これまた久しぶりというか珍しくというか、タイトルと内容が一応リンクしている(^^;
この「仕事人」左門おでん屋編では、各回のタイトルが無理やりすぎて、全然内容とリンクしない憾みがある。それはまあ、「仕留人」や「新仕置人」でも無理無理回はあったと思うが、いくらなんでもちょっと、ねえ、という感じだ(笑)。

怨技非情竹光刺し。まさしくこのタイトルだけで、内容がまざまざと思い出せる。

オープニングから仕事のシーンだ。やり遂げたあと、しかし、奉行所の追っ手がかかり、主水の韜晦も完全には功を奏さず、秀が追いつめられていく。
そんな秀が選択したのは、武家屋敷へ逃げ込むという道だった。

発見され、観念した秀が自ら命を絶とうとしたとき、屋敷の当主がそれを咎め立てる。「若い者が無駄に命を落とすな!」

秀は見逃され、難を逃れる・・・

だが後日、この当主は、非道・悪行を重ねる主君に意見をし、「見事に腹かっさばいてみせれば、あらためよう」という言葉に従う覚悟を決める。
事後を息子に託し、白装束を身につけ、切腹の準備をして城に赴き、主君から与えられた白刃を鞘から抜く……と、それは白刃でもなんでもなかった。先が尖ってこそいるが、ただの竹光だったのだ。さすがに唖然とし、動きが止まってしまう
「どうした、臆したか?」
素知らぬ顔で言う主君。周囲の家臣たちも知らぬ顔だ。
「命を賭して意見すると言ったのは戯れ言か」と罵られ、再度覚悟を決めるよりない。
「殿……きっと、約束しましたぞ」
そして彼は……竹光を自らの腹部に深々と突き立て、えぐるのだ。
苦痛に喘ぎ、しかし、鋭利な刃物でないために、致命傷にはならない。
「か、介錯を……介錯を……」
そばに控えている介錯役に頼むが、内心はともかくやはり素知らぬ顔なのだ。
見かねた息子が飛びだし、その瞬間、無礼者ということで斬り倒される。この無礼により、切腹による意見具申も取りあげられることはなくなった。

非情な竹光刺しは、ただ、怨みを残す……

秀は主水はもちろん、仕事人としては後進に当たる左門からしても、精神的に未熟でしかない。自分の気持ちのままに行動しようとして、他の仕事人たちを危険にさらす。
「なぜ八丁堀の言うことを聞かなかった。俺たちがどうなってもいいのか!」と左門から殴り倒されるのだ。

怨みを残す「被害人」と、若い秀の有り様と、そんないかにも「仕事人」第1シリーズらしい物語が、ここには久しぶりにあるのだ。

スポンサーサイト

秀さん

秀さん、仕事人第一話ではいい感じの登場の仕方ですねー!
こういう役だったんだ、って改めて認識しました。
いい役割してますね。

ぜひ、第2話も引き続き見て下さい。むしろ、秀の物語はこの第2話にあります。そして、主水にとっての秀がどういう存在だったのかも。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。