刑事コロンボ「秒読みの殺人」

刑事コロンボシリーズ。テレビ局のチーフ・アシスタント、ケイと上司のマークとの悲劇をコロンボが解決する。

テレビ会社の支社長が、深夜のオフィスで射殺された。コロンボは、内部の犯行だとにらみ、支社長代理となった野心家女性プロデューサーのケイに的をしぼる。ケイはどうやら支社長マークと同棲していたらしい。

脚本:ロバート・ブリーズ
監督:ジェームス・フローリー 
ゲスト:トリッシュ・バン・デバー



 この作品は、「パイルD-3の壁」とは別の形で印象がよくない。悪いとまでは言わないけれど。犯人が可哀相なのだ。。。「忘れられたスター」みたいな、あるいは別の意味で「別れのワイン」みたいなことではなくて、エレベーターのシーンなど、ほとんど超人コロンボが力弱い女性犯人をいじめているような気すらしてしまう。コロンボの出る幕ではない、、、そんなところなのだ。(ラストカットのキューパンチなど、遊び心は楽しいんだけどね)

 コロンボの面白さは、超人犯人、天才犯人、エリート犯人、、、が、ダサダサ刑事コロンボを軽侮しながら、次第に圧倒されて、そして、とどめを刺される。そんなところに醍醐味の1つはあったと思う。あるいは好敵手として認め合うなど。
 ところが、この作品では、コロンボの方が常に犯人より上手にいるのだ。犯人はただの「女子社員」だし、彼女からすればどんなにダサダサの恰好をしていても刑事は――しかも警部だ――脅威に違いない。

 この話は、犯人であるヒロインの哀しい話として作られるだけでよく、コロンボなど出てくるべきではなかった。そんなふうにしか思えないのだ。。。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター