赤川次郎「招かれた女」

売春をしていたらしい女子中学生の死体が発見された。捜査一課のベテラン刑事宮本と若手刑事谷内は、有力容疑者三島を逮捕しようとするが、谷内は三島に射殺され、三島も車に轢かれて死亡した。その責任を問われ宮本は退職し、事件は解決したかにみえた。だが、第二、第三の殺人が・・。有力画商・中路とその愛人で美貌の画家昭子、谷内の婚約者爽子と友人淳子。中年男性宮本を取り巻く華やかな女性達。果たして真犯人は誰か?昭子が描いた一枚の肖像画が事件解明の鍵に!

 赤川次郎の作品というのは、初期の頃はしばらく読んでいたのだけれど、もう15年くらいちゃんとは読まなくなっている。三毛猫ホームズの最初の5、6冊くらいまでは割りと面白く読んでいたのだが。。。
 それが、今回これを読んでみたのは、どんでん返しがすばらしいという評判を伝え聞いたからで、初期の作品となれば、三毛猫ホームズ第一作の密室についても私は面白いと思ったクチなので、とりあえず読んでみようかと、ブックオフで50円で買ってきた(笑)。

 まず、カバーにある「あらすじ」を読んだとき、思ったのは、『ははあ、さてはこのベテラン刑事が犯人という意外性のどんでん返しだろう』ということ。先にどんでん返しだの意外な犯人だのと聞いてしまうと、最初からこういうことを思いながら読むからいけない(笑)。

 が、読み始めてみると、あれっと思ったのは、さながら叙述トリックというか折原一というか、場面場面の時間軸が登場人物の視点も含めて少しずつ錯綜しているのに気付いたとき。今まで読んだ赤川次郎作品では、基本的に時間軸に沿って話が進んでいたような。。。というのは、やっぱり赤川次郎は小説書きというより映画的シナリオ的な作家だろうと思うし、となると、時間が錯綜するタイプの筋の展開はあまりないように思っていたからなのだが。
 これは叙述物クサイから、いよいよ眉につばを付けよう。。。と読み続け、と、こちらとしてはジェフリー・ディーヴァー以来、あらゆる登場人物を疑う癖がついている(笑)ので、コイツも(;?_?) ぁ ゃι ぃ、そいつも(;?_?) ぁ ゃι ぃ、とか思いながら読んでいくと、なんだかそいつらが次々死んでいく(笑)。
 結果、「犯人」自体は、今さら「おおっ!」と驚くような人物でもなくなったのだけど。。。
 この結末、これはなるほど、確かに意外というかどんでん返しというか、意表をつかれるものだった。こう来たか、という。。。

 赤川次郎作品はユーモアミステリだ、というのはあまり信じていないのだけど、このブラックさは、やはりついうっかり忘れていたこのライターの特質だった。
 でも、やっぱり文体のせいで、どうしても重々しくはならないんだけど(^^;)。またそれもブラックさを深めていると言えば言えなくもない。

 もう一つ。前にも一、二度感じたことがあるのだけれど、案外赤川次郎作品はエロチックだ。特別ポルノ小説としての描写が為されているわけでもないのだけれど、不思議と性的に感じられる。なぜだろう?

招かれた女
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター