はみだしっ子番外編 拷問教室

「拷問教室」、最後にアンジーを「処刑」しようとするときのグレアムの表情は、正直あまりにも「はまりすぎ」(^^;で、悩むことを放棄してしまい、むしろ、──俺は加害者でいい──と自分を断罪してしまったあとのグレアム、という感じでした。
 とはいえ、「つれて行って」は、そうやって「僕は正義なんか知らない……」と抵抗し、「加害者」であろうと努めたグレアムが、とうとうそうあり続けることができずに「庇護者」「正義の女神」として生きようとしてしまった……物語のように思えたりもしたのですが。

 これは夢物語――番外編の……
 確かに。
 けれど、個人的には思ってしまう。冷酷な弾劾者としてアンジーを死地に向かわせる時の、「表情がない」という表情をしたグレアム。このグレアムこそ、実はグレアムがなりたかった自分そのものではないのか。
 本心、奥に在るものは別として、グレアムがそんなふうにいたいと、そんなふうにいられればどんなに、と。
誰のことも気にかけず、気遣わず、想わず、そういられたなら。
 けれどもやはり、アンジーを殺したあとでグレアムは、あの表情のまま、涙をこぼしていたと思うのだ。どうしても……
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター