スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事コロンボ「仮面の男」

刑事コロンボシリーズ。
CIAの西部地区責任者ネルソン・ブレナーは死んだと思っていたエージェント“ジェロニモ”が現れて驚く。ジェロニモはブレナーが2重スパイであることを理由にゆすりにきたのだ。ブレナーはジェロニモを罠にはめ殺害する。

脚本:ウィリアム・ドリスキル
監督:パトリック・マッグーハン(「プリズナーNo.6」)
ゲスト:パトリック・マッグーハン、レスリー・ニールセン(「裸の銃を持つ男」)


 これはまた新奇なネタを持ってきた作品で、つまりは刑事コロンボVSCIA。ここで犯人役が「プリズナーNo.6」の主役のパトリック・マクグーハン。コロンボVSプリズナーNo.6でもあるのだ。豪華だ。

 で、単に豪華なだけで、本格倒叙ミステリとしての部分がダメなら、これはもう目も当てられないのだが、個人的にこれは見事に嵌った詰め手になった。見直せば見直すほど、ああ、こんなところに伏線が、、、と毎回思ってしまう。思いきりあからさまに、しかも解決の直前寸前までそれが提示されて、しかも気付くことができないこの巧さ旨さ。
 犯人が賢くないと、このコロンボものはそもそも面白く感じられない。その点、この「仮面の男」の犯人は何しろNo.6だし、CIAのトップエージェントだけあって切れる切れる。文字通りコロンボとの知能の一騎打ちになるのだ。これが醍醐味というものである。

 瑕疵は1つ。どうしても、ラストシーンでの「笑い話」が全然笑い話でも何でもなく、意味不明である点なのだ。これは吹き替えのせいではなく、字幕でも同じなのだろうが。。。
 皮肉で笑える話だが結局中国はゲームに参加することにしたそうだ、というのが元々のシナリオ記述だったらしいけれど。。。

刑事コロンボ 完全版 Vol.17 ハッサン・サラーの反逆/仮面の男
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。